多動力 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.67
  • (167)
  • (347)
  • (299)
  • (64)
  • (12)
本棚登録 : 3145
レビュー : 423
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくある〇〇力の王道を行くような本
    こういう本は本人の力、この本だと堀江貴文力を言い直したのがタイトルとなる

    だから本人のいろんな能力が紹介されていくのだけど、実際にどれがあったから成功したかというのは難しい。
    この本の要素がかなり合わさらないと成功は難しいだろう。
    だから要素ごとにちゃんと分析されているかというのが大事だけどこの本はそれをしていないのが気になる点。

    そこがないから「気合い入れて動こうぜ!」と言っているだけになる。それが難しいからこそ今この本を読んでいるのに。

  • 十分程度で読み終える内容。「多動力」に対して人が集まるのではなく、カネの臭いに集まっているだけでは。

  • 今までの本とそんなに大きく変わらない。めんどくさい相手にはキレて直させるみたいなくだりとか、いつまでも変わらないので逆に心配になった。
    彼の本を読んだことない人には良いかもしれません。
    あと人材として1/100かける1/100っていうのは、ロジックとしてわかるけど日本だと分母の重複が大きいから変に自らのポートフォリオを誤認する人が増えないことを祈ります

  • 至極真っ当な考え方とイカれた考え方が半々という印象
    皆がホリエモンのようには生きられないし、皆がホリエモンでは社会は成立しない
    価値を創造するには効率も大事だが、泥臭さや人間臭さも大事にすべきだと思う

  • すぐ読めるし、内容も難しくないから、ホリエモンに興味ある人にオススメ。

  • この人はいつも極端だよな、と思う。
    まぁ、真似できない生き方だよね。
    こんな人もいるんだなー、くらいの参考に。
    世の中こんな人ばっかりになってしまったら、
    どーなんの!
    ただ、電話のくだりは、共感できる。
    あんなもん仕事の邪魔にしかならん。

    2018.9.13

  • 本の中身は、既に堀江さんがWebやTV等で主張されている内容かな?

  • ★★☆☆☆

  • 「寿司屋の修行なんて意味がない」
    IOTによりあらゆるものがインターネットにつながる時代のスキルの身につけ方について堀江貴文の独自の視点で解説。いくつもの異なることを同時にこなす力「多動力」として、自身の経験から仕事の進め方、生き方についてのハウツー本。

  • 共感できる点もあるけれど、・・・
    やはり、この人は変わっている。
    自慢話も多く(本人はそんな気はないのだろうけれど)、
    読んでいて、不愉快になる点も多々ある。
    日本中、こんな人ばかりだと困ったことになると思う。
    「多動力」そのものを否定するのではなく、
    この人の考え方に心からは賛同できないだけ。

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 Audible版 多動力 堀江貴文
多動力 (幻冬舎文庫) Kindle版 多動力 (幻冬舎文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

ツイートする