多動力 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.66
  • (112)
  • (225)
  • (192)
  • (45)
  • (9)
本棚登録 : 2006
レビュー : 271
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実業家として活躍する堀江貴文氏が自身の多彩な活動について書いた一冊。

    氏の著書は何冊か読んでいるので、本書でも言及されているように内容が重複している部分はありましたが、出所後の精力的な活動をする氏の考えを知ることができ刺激を受けました。

    自分以外の誰かにできることは任せ、自分にできることをすることや自分の興味あることはとりあえずやってみるなど刺激的な内容が多くあるなかで「時間感覚」に対しての話については大変参考になりました。
    あと「原液」をつくる話についてと刑務所からメルマガを発信していた話は氏の精力的な活動の裏側を知れるエピソードで面白いなと感じました。


    本書を読んでストレスなくいろいろなことに没頭しながら、自分の時間を生きてよく寝てよく遊ぶそんな人生を歩んでいけたらと思った一冊でした。

  • 夫が新聞広告で見つけて図書館で予約していたので、ついでに私も読んでみました。

    ホリエモンの著書は初めて読んだのですが、もう若くもないのにいつまでもとんがっててびっくり。幼い印象を持ちました。
    謙虚さがなければ最終的についてきてくれる人はいなくなるよ、と言ってあげたい(笑)。聞く耳持たないでしょうけど。

    とはいえ、極論を言っているだけで方向性は共感出来ることもけっこうありました。
    この時代に多動力が大事なのはわかるし、人間は加齢ではなく新しいものに興味が無くなった瞬間に老いが始まる、なんていうのもそうそう!と思ったし。

    でも、ホリエモン節は疲れるので、他の本は読まない、かな。

  • 要約:
    自分にしか出来ない仕事をやろう
    人に任せられるものはどんどん任せる
    完璧主義者ではなく、完了主義者になること
    メンヘラに付き合っても時間の無駄
    会議
     解決したい問題を明確にする
     必要な情報を集める
     感情論を廃しロジカルに判断する
    COMEHOME
     家事代行サービス2500/1H

    行動:
    自分のタスクを書きだす
     自分にしか出来ないこと以外は誰かに任せる

  • ==引用ここから==
    この『多動力』は渾身の力で書いた。
    「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。
    ==引用ここまで==

    堀江貴文氏(ホリエモン)ほど『多動力』をもっている人はいないから、その真髄を教えて欲しい、という編集者からの依頼によりこの本を書くことになったとのこと。

    他の著書でも取り扱われたものも多いですが、本著でも「ベストセラーはコピペ本」の項に記されている通り、何度となくメディアで取材を受け、講演会でしゃべっている内容は一貫しているのだから、それもそのはず。なので、目新しい内容はなかったかなという印象です。

    インターネットにあらゆるものがつながり、すべての産業が「水平分業型モデル」となることで、従来型の仕事のやり方が変わりつつあります。ホリエモンは以下の章立てで、今後の社会を生き延びるために何をしたら良いのかを助言します。

    一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
    バカ真面目の洗脳を解け
    サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
    「自分の時間」を取り戻そう
    自分の分身に働かせる裏技
    世界最速仕事術
    最強メンタルの育て方
    人生に目的なんていらない

    1日24時間をどれだけ効率的に使うのか。これを追求する必要があるとホリエモンは説きます。無駄な時間(通勤時間とか)、無駄な準備(結局お蔵入りしちゃうとか)、本来自分じゃなくてもできるようなこと(掃除・洗濯・経費精算とか)、もっと見直すことができそうですね。

    繰り返しますが、目新しいことは書いてはありません。しかし実行に移せるかどうかは別問題。

    各章末にチェックリストが用意されているので、まずは自分の立ち位置を確認しつつ、動けるところはとっとと動いてしまうのが良さそうです。

  • 色んなことを目まぐるしくやるには、
    どういった考え方が大切かをまとめた本。

    読んでいて思ったけど、
     とにかくやってみる
     無駄なものは無駄なものと切り捨てる
     話すときの前提をしっかり持って会話する
     恥ずかしいと思う感情を捨て去る
    が欠けていると動くのが鈍ると思った。

    特に3, 4番目が出来ていない人はすごく多い。

    あと1つ目も多いかな。
    全部そろわないと動けないのか?すごくのんびり
    仕事している人がいるけど、全部そろうなんて無いし、
    ざっくりこういうことが出来ればってのを出して、
    足りない部分をディスカッションしてブラッシュアップ
    すればよいと割り切ってしまえば、そんなに時間は
    かからないのではないかと思う。

    ディスカッションしてフィードバックが無いのなら、
    そもそもそのディスカッション自体やらなければよい。
    聞いても無駄なんだから、聞く人を変えるしかない。

    ズバズバ言ってるけど、
    的を射てるからスラスラ読めた。

    【勉強になったこと】
    ・「嫌だと思ったらやめればよい」という姿勢で
     何事にも挑戦していくこと。
     ⇒やめても他にやることは必ず見つかる。

    ・無駄な会議を止める3原則
     ①解決したい問題を明確にする
     ②必要な情報を集める
     ③感情論を排しロジカルに判断する

    ・多動力を身につける一番大切なことは、
    「自分の時間を取り戻す」こと。

  • ホリエモンの本なんて、地方在中子育て主婦の私には、まったく心に響かないことわかってるのに、なぜかうっかり読んでしまう不思議。

    月イチペースで似たような内容の新刊出してくるのに、本屋では平積みでしょっちゅうベストセラーにランクインしちゃってるからついつい手に取ってしまう始末。

    ただ、あの市井の人々を堂々と見下ろす感じ、好感度とか一切気にしない様は、腹ただしくもあり、すがすがしくもあり。

    過去の実績や服役の経験などの背景を思えばそれも氏の魅力だとも思えてくるけど、平凡につつがなく暮らしていきたい一般人にとって、氏のお言葉はちょっと何言ってっかわかんないのひと言で片付けられちゃうよなあ。

    とにかく、ホリエモンのホテルに住まいでムダなつきあいや家事など一切やらない、会うべき人にだけ会ってばりばり仕事して楽しく生きていくって暮らしぶりは、うらやましすぎる。
    なによその境遇、やっぱり持ってる人って、みーんな持ってんだなあー、とため息しか出ない。

    ロケット飛ばすのもいいけれど、とりあえず介護と子守りと家事の負担を軽減してくれる家庭用ロボットの開発にもたずさわって。その多動力で。そうしたら勝手に好感度もついてくるはず。

  • 堀江さん自身も仰っている通り、過去の書籍やメルマガとかぶる部分は多く、目新しいものは少なめ。
    ほとんど同意見なのであえて違う部分も探すとするならさすがに大事な会議の最中にスマホいじることは相手への尊敬が足らないと思う。
    まあ、堀江さんはそれすらも超越してキャラクターに昇華しているということなのだけれど。

  • 多動力とは色々な分野で80点をとれるレベルの知識や経験を身につけることである。
    ・人生は短いので、時間を無駄にしないようにする。
    ・電話をしてくる人とは仕事をしないこと。
    ・睡眠は1日6時間以上は確保すること。
    ・基礎的な教養は必要。
    ・メールやLINEは即レスすること。
    ・質問力を上げて明確に簡潔に聞きたいことだけ聞く。


    時間を作るために毎日外食、家政婦を雇うなど、ある程度収入がないと実践できないことなど、ホリエモンだからこそできる内容も多い。
    要約すると、人生はみじかいから好きなことを全力でやることが大事。ビジネス書を何冊か読んたことがある人にはそれほど珍しい内容でもなかった。

  • 切り口は素晴らしいと思う。
    けどすぐにはできない...
    と思っちゃうと怒られるんだろうなぁ。

  • 世間を騒がせていた「多動力」をやっと読むことができた。内容としては、いつも堀江氏が主張していることをエディットした印象。

    慣習的に企業などの組織で行われている非効率な仕事ではなく、自分で何がやりたいのか、どうすれば効率化することができるのか、ということを個々人が自分に問い、行動することを求めている。

    内容は概ね賛同できるものであった。どうすれば本から得られた考え方を実践することができるのか、その方法はとにかく動くことかもしれない。

プロフィール

1972年、福岡県生まれ。実業家。SNSmedia&consulting株式会社ファウンダー。元株式会社ライブドア代表取締役CEO。現在は、ロケットエンジン開発を中心にスマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなどさまざまなジャンルで活躍。会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」のメンバーは2千人を超える。おもな著書に『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『多動力』(幻冬舎)、『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)ほか多数。

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 (NewsPicks Book) Kindle版 多動力 (NewsPicks Book) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
メンタリストDa...
瀧本 哲史
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする