多動力 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.69
  • (108)
  • (210)
  • (169)
  • (43)
  • (6)
本棚登録 : 1864
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数多ある積ん読を追い抜いて読了。
    堀江さんの著作は鮮度が命で、今回もそれを痛感。

    すぐ前に読んだちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」で提唱されていた「超高生産性社会」にも通じる考えもあった。

    そして、何よりも、また背中を押されてしまった。
    私は、堀江さんがこの本で言う「小利口」の気があって、しかも役立たずの小利口だからもっとダメだ。

    バカになって、サルになって手を挙げよう。もう、いい加減。

  • ホリエモンの本3冊目。
    言ってることの大筋は変わらないが、いつも心に刺さる

  • 多動力とはその名の通り、一度にたくさんの物事を動かす力。それが現代社会に必要である。
    もっとできるようになりたい、と思ったときに、考えるのではその時間がどんどん無駄に過ぎてしまう。そんなときにすぐに行動に起こせば良いことが詰まっている一冊。
    ・見切り発車でも始める。
    ・物事を簡潔にまとめる力、手短に話す力を身に付ける。
    ・問題解決に当たっては、解決したい問題点を明確にし、情報を集め論理的に判断する。
    ・リーダーはバカになってやりたいことにひたすら進み、周りにフォローしてもらう。
    ・新しいことに興味を持ち、子どものような成長を続ける。
    あたりがとても心に残り実践していきたいと感じた。

  • 東京→仙台の新幹線で読了。
    いちいちもっとも。感化された。

  • 好き嫌いはあるかもしれませんが、個人的には働くということについて色々な気づき/指摘があってよかったです。

  • とにかくモチベーションが上がる本。何回も読み直してます。「とにかく始めてしまえばおのずと知識や技術は身につく」「意外とみんなあなたには興味がない」「ただ楽しいから面白いから行動する」「1つのことにサルのようにハマれ」など、ホリエモン節が全開で、まっすぐ心に届いて、動き出したくなる本です。

  • 面白かった!の一言です。
    時代は確実に変わってきている。
    今までの価値観では物事は進まない。
    それを改めて感じさせてくれた本です。

  • おもしろい!
    まず日本の教育に関する記述は100%同意

    特に印象に残っているのは
    「自分の分身を作る」というところ
    堀江さんの場合は、本やTwitterが、自分の言いたいことを発信してくれる分身となっていて、代わりに仕事をしてくれている
    →自分自身はもっとクリエイティブなことに時間とエネルギーを使える!

  • 胡散臭く思ってたけど思ってたよりはるかに面白かった

  • 『シングル・タスク』の対極にある提言がたくさん。

    ホリエモンは主張が一貫しているので、「また同じこと言っている」感があるものの、小気味よい活を入れられて、心地よい刺激を受けます。モチベーションが上がります。

    共感できない提言もありますが。
    でもズバッと斬りつけるところが、すがすがしささえ感じてしまう不思議。

    響いた部分は
    「メッシは試合の大半はサボっている。ここぞという時に一瞬の隙をついて得点を奪う」
    というところ。

    そうありたいものです。

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 (NewsPicks Book) Kindle版 多動力 (NewsPicks Book) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
ジャレド・ダイア...
メンタリストDa...
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする