血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄

  • 36人登録
  • 4.10評価
    • (4)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鈴木満
  • 幻冬舎 (2017年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031265

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金満クラブでもない鹿島が常に強いのは、ジーコイズムが浸透したフロントの賜物。その強化部長がノウハウを語る。勝利にこだわる姿勢は勝利至上主義ではあるが、そこに家族主義を併せ持っているところが特色。チームの哲学と戦術が固まっているから人材を入れ替えてもブレないし、その人材を活かすにあたっては、獲得から育成、セカンドキャリアまで目を配る。厳しさに温かさが伴うクラブ文化が正しい道だった事は、Jリーグ随一の実績が証明していると言って良い。残念かつ不思議で仕方ないのは、他のJクラブでこの鹿島から学ぼうとする姿勢が殆ど見られない点。無論一朝一夕にはいかないにしても、25年を超える歴史の中で、いまだに企業時代のあり方や発想から抜け出せないクラブのいかに多いことか。本書末尾には、リーグ全体で積極的にGMを育てていく事こそ今後の役割、といった豊富が述べられるが、大いに賛成で、啓蒙がどれほど広まり、Jリーグ自体を変えていくかは注目したい。もっとも良き生徒は、サッカー界でなく他のスポーツ界か生まれる、事もあるかもしれないが。

  • 鹿島アントラーズでは事務方のパートの人達ですら自分が今年どれだけ勝ち点に貢献できたかという話をするという。
    鹿島が強いのは勝つという理念がぶれずに長年かけて醸成されているからだと思います。
    レアルと善戦したクラブW杯決勝。
    あそこで名前に臆さずに戦い、尚且つ負けて悔しがることの出来るクラブが世界にいくつあるでしょうか。
    鹿島が強い理由がよくわかる一冊でした。

  • ジュビロかつてのライバル(今はそう言うのがおこがましいので・・・)


    鹿島の強さ。なぜ毎年ここまで安定した力を発揮してタイトルを取り続けられるのか

    Jリーグで一番長く強化部長の地位にいる人、鈴木満アントラーズ強化部長が

    その真相を語っています。

    今までグランパスの久米さんや千葉の祖母井さんの本も読みましたが

    その中でも一番分かりやすく、しかも地に足がついた感じ。

    よく照らし合わせると、今のジュビロもこんな感じに近くなっているように思います。

    OBも含めてファミリーだという考えは、名波監督の考えにも近いです。

    小林選手や山田選手がオフにジュビロの練習に参加する姿も

    鹿島が大迫選手や内田選手を受け入れるのに似ています。



    あと有望な若い選手が選んでくれるようになったこと

    ユースから育成に力を入れ始めたのも

    鹿島と磐田、通じるものがあります。

    後追い感がありますが、それでも今進んでいる道が間違ってないように思い

    うれしくなりました。

    ジュビロも名波監督ー服部強化部長ラインで、長期のチーム作りをしていってもらいたい。

全3件中 1 - 3件を表示

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄のその他の作品

鈴木満の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
村田 沙耶香
落合博満
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする