“人疲れ"が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかた

著者 : 梶本修身
  • 幻冬舎 (2017年9月7日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 11人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031708

“人疲れ"が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人間関係による疲れ」と「他人との物理的な距離による疲れ」、いずれも脳の疲労であり、体に悪影響を及ぼす。これらを解消するための方法を本書では平易な分で説明している。ワーキングメモリを強化することで人疲れしにくくなるとの主張は新鮮であり、かつなるほど、と思わせられた。

  • 脳疲労って言葉は知らなかったけど、最近ずっと感じてたものが脳疲労なんだと実感してる。

    睡眠をちゃんと取ること。
    一人の時間を作ること。
    目を休めること。

    できそうで、できてない。

    具体的にどうすればできるのか、あんまりわからなかったけど、意識することで変わるかもしれない。

  • 脳の疲れの原因、疲れないコミュニケーションの取り方について説明されてる本。

全3件中 1 - 3件を表示

“人疲れ"が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかたのその他の作品

梶本修身の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

“人疲れ"が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかたはこんな本です

“人疲れ"が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかたを本棚に登録しているひと

ツイートする