キラキラ共和国

著者 : 小川糸
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.14
  • (66)
  • (99)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :945
  • レビュー :85
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

キラキラ共和国の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作より角がとれてほんわかした作品に。ぽっぽちゃんを通して鎌倉での生活の楽しみ方を描いている。誰しも悩みや隠し事はあるものだが、そんな悩みもちょっとの勇気でキラキラ生活に変えられる。

  • 小川糸さんの描く世界観がなんだか好き。ある一定のコミュニティの中で、ゆっくり成長していく主人公。
    前作同様、先代の常軌を逸したエピソードにはあまりいい思いはしないし、いつまでもその影を背負わされている鳩子もなんだかかわいそうだし…
    本屋大賞ノミネートの理由はわからないけれど、前作の続きという意味でなら楽しめた。

  • 鳩子さんの、守景家の温かさが読む人を優しく包んでくれます。フンワリと幸せにしてくれます。でも、その分前作より「代書」に思いが伝えられなくなったような…。恐らくや、新しい家族が増えるであろう、第3作に期待します。

  • 誰か大切な人にに手紙を書きたくなる。

  • 癒された。鳩子さんのまっすぐで、あたたかい手紙にほっこりする。登場人物、それぞれ個性があって素敵だ。まだ続きそうなので次回も楽しみ!

  • ツバキ文具店からグッと話が進んでる。

    相変わらず、鳩子の書く手紙は美しい。
    こんな風に、飾らず、心のままに、
    そして失礼がなく、
    手紙が書けたら…

    家族を強く感じる。

  • 安定の癒し空間。確かに良い人ばかり。だけど、理想郷を願うのは人の常ということで。

  • えっ!いきなり入籍!!(゜゜;)でも、ポッポちゃんもミツローさんも仕事はそれぞれ頑張るのね(^^;)そしてQPちゃんも小学生に♪前回は先代とのわだかまりがとけ、今回は家族と幸せになっていくポッポちゃん(*^^*)次回があるといいな~♪レディ・ババとか男爵の事とかも気になるし…(--;)

  • 多部未華子ちゃん主演でドラマにもなったツバキ文具店の続きのお話。
    その後のお話って事で、それぞれの生活も変わってるんやけど、ポッポちゃんたちのお話はニヤニヤしながら読んでましたw
    今回は代書の依頼は少なくて残念やたけど、ポッポちゃんが悩んで向き合って成長していく過程を読めたのが良かったかな。

    今回もホッコリあったかーいお話でした♡

全85件中 21 - 30件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする