キラキラ共和国

著者 :
  • 幻冬舎
4.07
  • (109)
  • (145)
  • (76)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :1319
  • レビュー :150
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツバキ文具店の続編です。
    ポッポちゃんとミツローさんが結婚して、QPちゃんがいて。ステキな家族になりました。本当にステキな家族。そして、ステキなお友達。私もお友達になりたい!
    所々で涙が出そうになりました。小川さんのあたたかい文章が好きです。

  • ミツロウさんと、その子供QPちゃんと家族になった鳩子。
    結婚した、というより家族になった、というのがふさわしい気がします。先代との関係しか知らなかった鳩子は、ミツロウの家族と出会って、自分とは違う家族の形を知ることになります。ミツロウの先妻、美雪さんのこと、鳩子の母親?のこと・・・。代筆を頼みにくる人たちも、それぞれ家族の形があって、気持ちの伝え方もいろいろで。
    全体が「家族」というテーマでつながっていたように思える今回のツバキ文具店のお話。
    それにしても、代筆屋としての手紙がどれも素晴らしくて、毎回唸ってしまいました。とんでもない商売ですよ。
    最後に美雪さんに宛てた手紙は特に素晴らしくて、鳩子がたどり着いた家族のあり方も含め、感動しました。

  • 目下図書館で予約中。
    やっと「ツバキ文具店」の順番が回ってきて読んだらおもしろかったんで、続編であるこの本も楽しみ。

    このシリーズ、Kindle版期待してるんやけど・・・
    出してほしいなあ(-_-;)
    そしたら借りたりせずにすぐにでも買うのに。

  • 鳩子がミツローさんと結ばれてQPちゃんのお母さんになった。のんびりと、ゆったりとした時間がうらやましい。茶摘みをして新茶を作ったり、くるみ入りの蕗の薹味噌も美味しそう。
    QPちゃんにいもおとかおとおとができるといいな〜とほっこりした。また続きがありそう。

  • ツバキ文具店の続編。生きるのって楽しいことばかりではないということが根底に流れながらも、幸せな時間が過ぎていく。
    鎌倉が舞台で、出てくるお店も実在するものがほとんどなので現実味が増します。鎌倉に旅行に行きたくなる一冊。

  • 『ツバキ文具店』の続編。前作を読んで登場人物などを把握しておくとなお楽しめる。ただし「代書」は前作ほど出て来ないのでちょっと残念。

  • 前作同様、心温まる物語です。
    前作と比べ、少しファンタジーに寄った印象で、リアリティとのバランスが崩れた気がしました。

  • レディ・ババ…
    本当にお母さんなんですか⁉︎

  • 幸せに思えることが、たくさんあってよかったね(^^;
    物語は、つづく感じですね
    読み終えた感があんまりしないなぁ

  • 「ツバキ文具店」の続編だったのですね
    今更ですが
    すみません
    手紙の大切さ、紙の質やペン文字の色、切手にまでこだわって相手に届ける
    そんな手紙を書きたいです
    ぽっぽちゃんを軸として、周りの人たちが織りなす物語
    どんどん素敵になります
    小川糸さん やはり大好き
    ≪ 美しい 光が包む キラキラと ≫

全150件中 41 - 50件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする