キラキラ共和国

著者 : 小川糸
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.15
  • (67)
  • (99)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :956
  • レビュー :86
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

キラキラ共和国の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 盲目の紳士な少年が母の日にお母さんにお手紙書きたいと代筆屋にやってきたのだけど、自分でかくことを勧める鳩子の話は涙腺崩壊。ずるい笑。。。すごく上手で、消しゴムで消した感じもリアルで、一生懸命で、、本当に泣けた。
    再婚した鳩子が再婚相手の亡き妻へあてた手紙も良かった。
    続きそうですね、レディババとの絡みもあるだろうし

  • 「ツバキ文具店」の続編。
    なんでこんなタイトルにしたんだ~という気持ちはまだあるけど、内容はやはりぽかぽか「お日様」を感じる。
    こんなに再婚+新婚感を出してくるとは思ってなかったから、描いてもらってよかったと思う。いきなり完全に仲良くなられてても「嘘だろ」って思うし、鳩子のモヤモヤと代書の依頼がリンクして面白かった。
    離婚したい妻・したくない夫の二人は、もうホントに好きにして・・・・喧嘩してもいいから自宅でなんとかして。

  • ツバキ文具店の続き

    みんなにまた会えて嬉しかった。
    ほっこりしたり うるっとしたり...。
    通勤電車の中では
    泣いちゃうから 読めなかったよw


    いつだって美しい光に包まれている。
    だから、きっと大丈夫だ。

  • ツバキ文具店の続編。今回も素敵だった。前作よりもドラマチックで色鮮やかな物語が並んでいるような気がした。これ、またきっと続き読めるよね…?

  • 私達は思いがけずに素敵なプレゼントを貰う事がある。

    先日の私の誕生日に六歳の息子から「ままおたんじょうびおめでとうだいすきだよ」というメッセージが書かれたハート形の折り紙を貰った。おたじょうびの「び」の点々が間違えているのも愛おしい。

    ぽっぽちゃんは「QPちゃんのおとうさん」と「モリカゲさん」という固有名詞になり、「ミツローさん」と呼ぶようになった。

    QPちゃんが小学校に入学するとともに、ミツローさんと入籍した。
    結婚のお知らせも黄色い紙に手作りの活版印刷で文字を打ち、QPちゃんと紙飛行機を作り、流れ作業家族で署名をし、家族の船出をお知らせするのにもってこいの東海道五十三次シリーズの百三十円切手をQPちゃんに貼ってもらい、宛名と住所を書き、郵便局の窓口に出しに行く。そうすれば、相手先の郵便受けに紙飛行機が飛んでゆく。

    昔は、郵便料金は受け取る側が払わなくてはならなかった。けれど、その料金が高額で、貧しい人たちは郵便物が届いても受け取らずそのまま返していた。
    しかし、この問題に立ち上がったのがローランド・ヒルだった。彼こそが郵便料金の前納という仕組みを考えた。そして、イギリスに留学中の前島密という人が、日本に戻ってから同じ仕組みを確立をした。日本で近代郵便制度が始まったのは明治四年からである。

    レディ・ババの登場や男爵とパンティーの妊娠や今までのツバキ文具店の面々のドラマがありながら、鳩子は今日も代筆業をする。

    ある日、タカヒコ君という代筆の依頼者がやってくる。タカヒコ君は視力を失っている。
    それで、母の日にカーネーションとともに手紙をおくりたいと言う。
    鳩子(ぽっぽちゃん)は話を聞き、自分が手伝うから、タカヒコ君が自分で手紙を書くことをすすめる。
    タカヒコ君は承諾し、後日ツバキ文具店にやってきて、お母さんの好きな山登りにあった便箋を選び、お風呂の中でおとうさんが背中に書いてくれた文字を反芻しながら手紙を書き上げた。

    おかあさんへ
    いつも、おいしいお弁当を作ってくれて
    どうもありがとう。
    おかあさんが僕のおかあさんで
    よかったです。
    おかあさん、これからはたくさん
    山に登ってください。
    あと、ひとつだけお願いがあります。
    僕は、来年、中学生です。
    ほっぺのチューは卒業したいです。
    多果比古より

    タカヒコ君は「おいくらですか?」というが、こんな仕事に値段なんかつけられるはずがない。逆に鳩子の方が、タカヒコ君に感謝の気持ちとしてお礼を渡したいくらいなのでレターセット代に五十円いただく。

    穴にリボンを通してメダルにしてほしいくらいの、名誉ある仕事だった。

    鳩子は昔、先代に一回だけカーネーションを贈ったことがあるが、突き返され、それ以来母の日が苦手だった。
    しかし、先代はカーネーションを貰えるなんて思っていなかった。ついいらないなんて口走ってしまったけど、本当は嬉しかった。その嬉しさを誤魔化すために、恥ずかしさを隠すために、思わず言ってしまったのだと、異国の文通相手の静子さんに明かしている。

    本当はすてきな日なのだということを、タカヒコ君が教えてくれたのだ。

    翌朝、郵便受けを見るとQPちゃんからの手作りのカードが入っていた。

    「ぽっぽちゃんあいしてます」

    鳩子の事を「母親」というジャンルに含めてくれていることが、嬉しかった。
    ほんのちょっとのおかずでご飯がたくさん食べられるように、
    このカードは私の人生最強のおかずなのだと。

    一話目から、感涙が止まらない。

    ぽっぽちゃん(鳩子)のミツローさんとQPちゃんと食と家族の話が続く。
    楽しいだけではない苦しい事もあるのだ。
    しかし、家族とともに食べること、家族であるということが読む人の心に沁みわたり、優しい気持ちに包み込まれる作品でした。

    ちなみに息子からもらった折り紙は私のおかずとして手帳に挟んでいつも眺めている。

  • 好きにならなくていいけど感謝はできる。

    俺にはできません笑

  • 請求記号:913.6/Oga
    資料ID:50088849
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ツバキ文具店のポッポちゃんたちのその後。
    ミツロウさんと結婚しQPちゃんの母になったポッポちゃん。
    家庭を築くうれしさ、とまどい、輝かしさが詰まった日々が綴られる。

  • なんとなくにおわせていたけど突然結婚しててびっくりしました。結婚生活についてだったり、QPちゃんとの関係、前の奥さんとの関係が詳しく書かれていてじーんときました。前の奥さんに対する引け目もあると思うけど、奥さんがいなければQPちゃんも生まれていなかったし今がなかったとおもうと人の巡り合わせは奇跡に近いんだなあとおもいます。
    みんなで七福神めぐりをするシーンや、集まっておいしいごはんを食べるシーンはほっこりしたし、何気ない毎日をたいせつにしていきたいなあと思います。

  • こういう、恋愛以外の要素がメインで話が進んでいく物語って、結婚することになったところで話が終わったり、もしくは思い出した頃にすっかり夫婦として慣れた感で登場したりするから、結婚してすぐとか、いろいろすれ違ったりとかのエピソード読めてうれしかったな。
    誰かに手紙を書きたくなる。手紙の文章が添えられていて、インクや便箋や切手の描写があるのがとてもいいよね。

全86件中 61 - 70件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする