キラキラ共和国

著者 : 小川糸
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.12
  • (102)
  • (127)
  • (60)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :1228
  • レビュー :131
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

作品紹介・あらすじ

ツバキ文具店は、今日も大繁盛です。夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店』待望の続編。

キラキラ共和国の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続編でると思わなかった。
    はじめふわふわしてて、なんだかなと思いながら読んでたけど途中からすごく面白くなった。
    富士額さんの話で目から鱗の気分。
    振り返って過去の暗さに目眩がする、というような表現があって、わたしは真逆だなと思った。
    うしろには美しい思い出があるけど、前方には奈落しか見えない。
    最近書いた手紙のことを思い、また悲しくなった。

  • 温かさや感謝、いっぱいの愛情などたくさんの気持ちに包まれながら読み終えた。前回のツバキ文具店も良かったけど、ポッポちゃんに家族が出来たこちらも本当に良かった。いろんな人の気持ちを汲み取り手紙を書くお仕事は素敵だけどとても大変だと思う。ポッポちゃんみたいな心が綺麗で芯が強い人だから寄り添った手紙が書けるんだろうな。厳しかったけどたくさんの愛情をこめて育ててくれたであろう先代をたくさん感じる。相手に思いを込め自分の文字で言葉を伝えられる手紙って素敵。ポッポちゃんの本を読んだ後は大切な人へ手紙を書きたくなる。

  • 想像していたのと違った。リアルになっちゃった。ぽっぽちゃん、もっと個性的なキャラだと思ってたから。

  • 前に読んだ「ツバキ文具店」の続編と言う当作品、前作の内容が曖昧になっていたけど読み進めるうちに思い出されてきた。語り手のポッポこと鳩子の 前作以降の暮らしがほのぼのと温かくホンワカと推移していくけど実は劇的な出来事が随所に散りばめられていて途中停車がしにくかった 笑。そして作品自体もまだまだ途中停車するのがムリそうな内容の終わり方なので続々編も期待しても良さそうですね♪

  • 前作の「ツバキ文具店」は読む前に
    NHKのドラマで観てしまったのだが
    実にいいドラマだった。
    鳩子=ポッポちゃん役の多部未華子がとてもよかった。

    というわけで
    今作はキャストの俳優さんをイメージしながら
    楽しく読んだ。

    ポッポちゃんはミツローさんと結婚し
    QPちゃんのおかあさんになった。
    パンティーさんと男爵の年の差カップルにも
    子供が生まれる。
    幸せな日々の中で
    代書することでさまざまな人々の人生に触れる鳩子。 

    だが
    謎の若作り老婆「レディーババ」が突然やって来たり
    ミツローさんの前妻 美雪さんのことで
    夫婦喧嘩したりする。

    でもそれが人として生きていくこと。
    今は亡き先代が教えてくれたことを
    一つ一つかみしめながら
    鳩子は暮らしの中に「小さな幸せ」
    「本当の幸せ」を見つけていく。

    NHKでのドラマ化を楽しみにしている。


    ところで。。。
    先月、鎌倉の七福神めぐりをしたのは
    先に今作を読んでいた友人の
    「鎌倉に行きたくなった」の一言が
    きっかけです(^^)

  • 糸さんの本は、読み始めはなぜか気恥ずかしい。
    「キラキラ共和国」という名前から、ポッポちゃん、バーバラ夫人、パンティ、男爵、QPちゃん・・・
    なのに、読みすすめるうちにどっぷりとはまりこみ、物語の中に私まで迷い込んだ気分になってしまう。
    気づけば頭の中は、鎌倉でいっぱい。
    はっきりした世界観を持っている人は、強いなあ。

    目が見えない少年「多果比古」くん、亡くなった夫を許せないままの「葉子さん」、離婚希望の「Jクレオパトラ」と別れたくない夫「半リチャードギア」、半ひきこもりの「ヤドカリ」さん、友人に貸したお金のことを言い出せない「マダムカルピス」、生後八日で亡くなった赤ちゃんの喪中葉書を頼みに来た夫婦、川端康成を愛する富士額さん、癌が見つかった男爵からの申し出、・・・
    代書屋としての話はどれもこれも心に響く。
    そしてミツロウさんの両親や姉その子供の雷音(らいおん)くんたちと関わりのあたたかさ。
    最後にミツロウさんの亡くなった妻、美雪さんへの手紙に綴られる鳩子の思いがせつない。

    ちなみに、糸さんの本以外に、私が恥ずかしくなるのは、森高千里の歌と太宰治。恥ずかしいのに惹かれる。

  • あったか~い気持ちに何度も何度もなった。
    こういう感じの本は自分の性に合うね。

  • 鎌倉住まいも素敵と思ったが、ムカデのこと思うと却下!

  • 多果比古くんがお母さんに宛てた手紙が一番ジンときた。お金をかけなくても手が込んでいれば素敵な贈り物になる。
    読んでいる最中に、手紙をよくくれたからという理由で万年筆をプレゼントしてもらった。とてもタイムリーな出来事。誰かに手紙を書こうかなという気持ちになった。

  • 913

全131件中 1 - 10件を表示

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キラキラ共和国を本棚に登録しているひと

ツイートする