キラキラ共和国

著者 :
  • 幻冬舎
4.07
  • (109)
  • (145)
  • (76)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :1319
  • レビュー :150
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つばき文具店の続き。

  • ツバキ文具店の続きです。
    前作はとても面白かったのですが、
    今作は、主題である代書の部分が自身の方に向けられているのが多く、
    「代書屋」としては物足りなく感じました。
    幸せになっていく過程は見ていてとっても楽しくなりますが、
    正直、男性としてポッポちゃんのこの性格はちょっと苦手だな、と思っちゃいました。

  • 前作「ツバキ文具店」では友人やお世話になった方への手紙がメインでしたが、本作では家族の絆が描かれます。
    夫婦でも親子でも、もともと別の人間が一緒に暮らすのだからうまくいく時もあればいかない時もある。
    気持ちがすれ違った時、伝えたい思いがある時、手紙が登場します。
    他人と共に生きるということは悩むことも傷つくこともあるけれど、それ以上に楽しいことも幸せなこともある。
    そんな決意とやさしさにあふれた作品です。

  • 娘を捨てた母と、育て方が厳しすぎた祖母が悪いんだけど、鳩子が元ヤンってのがなぁ。
    いくら今は更生してても、今までにいろんな人を傷つけたんじゃ?
    調子いいよなぁ。人生に不満があっても、不良にならない人もいるのに。

    いちいち泣くとこもいい子ぶりっ子してんじゃねーよ、って気分。
    亡くなってる元奥さんと「友達になれたと思う」とか、どんだけ痛いんだよ。

    代書の内容も、「お金返して」とか言いにくい事を代筆してほしい、ってのはわかるけど、感謝の手紙とかも代筆って、それでいいの?それって心こもってるの?
    とか思っちゃうなぁ〜

    ぶりっ子鳩子には反吐がでるし、ストーリーも普通に感じるのに、最後まで読んでしまったし、
    鳩子をここまで「嫌だ」と思うってことは、キャラが立ってるんだろうな。「こういう人いるよな」っていう。

    鳩子みたいに昔は不良だったけど今は更生してます!って人にはすごく刺さるかも。
    不良に嫌な思い出があると「調子いいな〜」って思うかも?w

    文房具好きだから、文房具の描写は好き。
    うん、この小説が嫌い じゃあなくて、鳩子が嫌いなんだなw

  • 物語のような完璧な幸せは訪れない。
    招かれざる客は来るし、大切な人の死はすぐそこに来ている。
    それでも前を向いて生きていこう、とは私は思えないなあ。つらい。

  • レディ・ババ…
    本当にお母さんなんですか⁉︎

  • 幸せに思えることが、たくさんあってよかったね(^^;
    物語は、つづく感じですね
    読み終えた感があんまりしないなぁ

  • 鎌倉住まいも素敵と思ったが、ムカデのこと思うと却下!

  • 多果比古くんがお母さんに宛てた手紙が一番ジンときた。お金をかけなくても手が込んでいれば素敵な贈り物になる。
    読んでいる最中に、手紙をよくくれたからという理由で万年筆をプレゼントしてもらった。とてもタイムリーな出来事。誰かに手紙を書こうかなという気持ちになった。

  • ツバキ文具店の続編ということで楽しみにしていたのだけど、ちょっと期待はずれ。
    今回は鳩子の身辺のことが中心で、代書業の方は添え物という感じで全く深みがなかった。
    まぁ、鳩子さんたちは幸せに暮らしているようで何よりだけど。

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする