キラキラ共和国

  • 933人登録
  • 4.15評価
    • (65)
    • (98)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 小川糸
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

キラキラ共和国の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りたもの。

    ポッポちゃんは、QPちゃんの父・ミツローさんと結婚し、新生・モリカゲ家の誕生!
    男爵とパンティーにも赤ちゃんができた。
    今回はモリカゲ家がだんだん家族になっていく様子がメインだったな。

    鎌倉の描写が素敵で、ツバキ文具店もミツローさんのカフェも実際にあるかのよう。
    鎌倉に行ってベルグフェルドのパンももう一度食べたいな。

    ポッポちゃんが義〇〇の皆と別れるのが辛いっていう気持ちが全く分からずw
    私の性根が悪いからなんだけど~

    また続編がありそうだね。
    男爵やレディ・ババのその後が気になる~

  • 『ツバキ文具店』の続編ですかね。登場人物のその後が、緩やかに語られています。最後まで読みましたが、これはまだ続くのかなって感じです。亡くなった方への思い、ぽっぽさんの心、よく表現されてました。ただ、『ツバキ〜』の方で終わらせてもよかったのでは。『キラキラ〜』は最初が特に鎌倉案内のような感じがしたし(『ツバキ』がどうだったかもう忘れたけど)、小川さん独特の空気感がうまく出せてなかったのよね、私が感じなくなっただけかもしれないけど。ただ、目をつぶってキラキラっていうのは、真似したくなるね。

  • 続編が読めるなんて嬉しい!
    前作に続き、鎌倉の実在するお店が多数出てきてとても良い。
    鳩子とQPちゃんの距離感がとても心地よく、ほのぼのする。
    ただレディ・ババの登場は必要だったのかと少しだけ疑問。

  • まさか「ツバキ文具店」の続編とは知らずに読んだ。
    「ツバキ文具店」はめちゃくちゃ良かったんだけど、TVの「ミツロー」が好きでなく、読んでても顔が浮かんで「も一つ」でした。
    しかし、続編の設定が順当と言うかめちゃくちゃすぎると言うか、これから続編だけをTVで見るような人が出てきたらびっくりするだろうな・・・

  • 『ツバキ文具店』の続編。
    生きていく中で避けては通れない別れのつらさ、自分の人生に誰かがいてくれることのありがたさ、年を重ねて立場が変わったことで見えてくること……。
    そんなことを改めて考えさせられた。
    名声もないし高給取りでもない私の人生はほんとうにちっぽけだけど、もし私の存在で誰かの心を満たすことができているのならそれでいいじゃないか。

    男爵の今後が心配なので次を読みたい気もするけれど、でも、続編はいらなかった気もする。デジタル化した世の中で、丁寧に筆記具と紙を選びながらあえて直筆で手紙をしたためることの良さを感じさせてくれた前作でおしまいにしてよかったような?

  • 前作より角がとれてほんわかした作品に。ぽっぽちゃんを通して鎌倉での生活の楽しみ方を描いている。誰しも悩みや隠し事はあるものだが、そんな悩みもちょっとの勇気でキラキラ生活に変えられる。

  • 小川糸さんの描く世界観がなんだか好き。ある一定のコミュニティの中で、ゆっくり成長していく主人公。
    前作同様、先代の常軌を逸したエピソードにはあまりいい思いはしないし、いつまでもその影を背負わされている鳩子もなんだかかわいそうだし…
    本屋大賞ノミネートの理由はわからないけれど、前作の続きという意味でなら楽しめた。

  • 鳩子さんの、守景家の温かさが読む人を優しく包んでくれます。フンワリと幸せにしてくれます。でも、その分前作より「代書」に思いが伝えられなくなったような…。恐らくや、新しい家族が増えるであろう、第3作に期待します。

  • 誰か大切な人にに手紙を書きたくなる。

  • えっ!いきなり入籍!!(゜゜;)でも、ポッポちゃんもミツローさんも仕事はそれぞれ頑張るのね(^^;)そしてQPちゃんも小学生に♪前回は先代とのわだかまりがとけ、今回は家族と幸せになっていくポッポちゃん(*^^*)次回があるといいな~♪レディ・ババとか男爵の事とかも気になるし…(--;)

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする