キラキラ共和国

著者 :
  • 幻冬舎
4.06
  • (109)
  • (146)
  • (79)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :1324
  • レビュー :152
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回も心が温かくなるような内容でした。
    ポッポちゃんこと鳩子がミツローさんと結婚し、QPちゃんとのほんわかした日常がメインでした。

    代書っていう仕事もなかなか難しいものですね。
    離婚したいだの、したくないだの、そんな自分には関係ない人生に代書というかたちで関わらないといけないし。

    でもいいなって思ったのは、川端康成からの手紙を貰いたいって話。
    あっ、そういうの私もしてもらいたいかもって思っちゃった。

    ポッポちゃんから美雪さんへの手紙、キラキラしてて素敵です。

  • 前に読んだ「ツバキ文具店」の続編と言う当作品、前作の内容が曖昧になっていたけど読み進めるうちに思い出されてきた。語り手のポッポこと鳩子の 前作以降の暮らしがほのぼのと温かくホンワカと推移していくけど実は劇的な出来事が随所に散りばめられていて途中停車がしにくかった 笑。そして作品自体もまだまだ途中停車するのがムリそうな内容の終わり方なので続々編も期待しても良さそうですね♪

  • 図書館で借りたもの。

    ポッポちゃんは、QPちゃんの父・ミツローさんと結婚し、新生・モリカゲ家の誕生!
    男爵とパンティーにも赤ちゃんができた。
    今回はモリカゲ家がだんだん家族になっていく様子がメインだったな。

    鎌倉の描写が素敵で、ツバキ文具店もミツローさんのカフェも実際にあるかのよう。
    鎌倉に行ってベルグフェルドのパンももう一度食べたいな。

    ポッポちゃんが義〇〇の皆と別れるのが辛いっていう気持ちが全く分からずw
    私の性根が悪いからなんだけど~

    また続編がありそうだね。
    男爵やレディ・ババのその後が気になる~

  • 『ツバキ文具店』の続編ですかね。登場人物のその後が、緩やかに語られています。最後まで読みましたが、これはまだ続くのかなって感じです。亡くなった方への思い、ぽっぽさんの心、よく表現されてました。ただ、『ツバキ〜』の方で終わらせてもよかったのでは。『キラキラ〜』は最初が特に鎌倉案内のような感じがしたし(『ツバキ』がどうだったかもう忘れたけど)、小川さん独特の空気感がうまく出せてなかったのよね、私が感じなくなっただけかもしれないけど。ただ、目をつぶってキラキラっていうのは、真似したくなるね。

  • 続編でると思わなかった。
    はじめふわふわしてて、なんだかなと思いながら読んでたけど途中からすごく面白くなった。
    富士額さんの話で目から鱗の気分。
    振り返って過去の暗さに目眩がする、というような表現があって、わたしは真逆だなと思った。
    うしろには美しい思い出があるけど、前方には奈落しか見えない。
    最近書いた手紙のことを思い、また悲しくなった。

  • 『ツバキ文具店』の続編。
    生きていく中で避けては通れない別れのつらさ、自分の人生に誰かがいてくれることのありがたさ、年を重ねて立場が変わったことで見えてくること……。
    そんなことを改めて考えさせられた。
    名声もないし高給取りでもない私の人生はほんとうにちっぽけだけど、もし私の存在で誰かの心を満たすことができているのならそれでいいじゃないか。

    男爵の今後が心配なので次を読みたい気もするけれど、でも、続編はいらなかった気もする。デジタル化した世の中で、丁寧に筆記具と紙を選びながらあえて直筆で手紙をしたためることの良さを感じさせてくれた前作でおしまいにしてよかったような?

  • 前作同様癒された〜
    結婚に対する考え方がいいな〜と思った。
    自然と心からこういう風に考えられる主人公の鳩子ちゃんは幸せだろうし、周りのみんなも幸せになれるんだろうな。
    続編読みたい!
    QPちゃんがどんな女性に成長するかも見たい!

  • 続編が読めるなんて嬉しい!
    前作に続き、鎌倉の実在するお店が多数出てきてとても良い。
    鳩子とQPちゃんの距離感がとても心地よく、ほのぼのする。
    ただレディ・ババの登場は必要だったのかと少しだけ疑問。

  • 目をとじてキラキラを感じながら生きていく。
    私も日々の生活の中で、しんどい時やいっぱいいっぱいの時こそ、そっと目をとじてキラキラの世界を感じようと思った。とても素敵な本です。

  • 小川糸さんが書かれた 「キラキラ共和国」は、鎌倉にある文具店兼代書屋が舞台の物語だ。2016年4月に出版された「ツバキ文具店」の続編で、今回もまた素敵な物語が綴られている。

    鎌倉の小高い山のふもとにあるツバキ文具店は、古い一軒家に店舗と住宅がひとつになったお店だ。店主は20代の雨宮鳩子。 幼い頃から「ポッポちゃん」と呼ばれている彼女は、文具屋と代筆屋を兼ねるお店の主人だ。母親から幼くして離された鳩子は、文具屋の先代である祖母に厳しく育てられた。
    このお店は文房具を売るだけではなく、手紙の代書も行っている“代書屋”でもある。代書屋として舞い込んでくる依頼は様々。亡くなったご主人からの詫び状や大好きだった作家からのハガキ、病気で入院した友への催促状など思いもよらない依頼が舞い込んでくる。
    幼い女の子QPちゃんを育てながら喫茶店を営むミツローさんと結婚し、今まで感じなかった幸せな気持ちに包まれる鳩子は、一方で厳しかった祖母の自分に対する気持ちも感じられるようになってきた。そんな鳩子の元には、代書の依頼だけではなく様々な人がやってくる。

    前作の「ツバキ文具店」は、亡くなった祖母に厳しく育てられた主人公の鳩子が、店を継いで近隣の人々と触れ合うことで徐々に気持ちが変化してく様子が描かれていた。そして、続編の「キラキラ共和国」ではミツローさんと結婚し家族として再出発した鳩子が、家族を通じて見えてくるものや自身の成長が描かれている。
    物語の前半ではそういった鳩子を取り巻く様子が描かれていて、代書屋としてのエピソードは中盤以降に描かれている。それでも、登場する文房具類は前作同様に素敵なものばかりで、文房具好きなら思わずメモしてネットで検索してしまうだろう。
    テレビドラマでも人気となった前作だが、今回は主人公の鳩子にとって非常にキーとなる人物も登場しているので、さらにシリーズ物として今後も続編が出ることが期待される。
    小川糸さんの文章は、読んでいて心地良くなる言葉で綴られているから大好きだ。そんな作品がこれからもシリーズで読めることを、文房具好き、本好きとしてはとても楽しみに感じる。

小川糸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする