たゆたえども沈まず

著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.15
  • (84)
  • (109)
  • (39)
  • (2)
  • (2)
  • 1296人登録
  • 106レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとまえに「北斎とジャポニズム展」を見に行ったとき、日本の浮世絵がパリでブームになったことがあるという浅い知識はもっていたが、まさかここまで当時の印象派に影響を与えたとは思っておらずひどく驚いた。

    その流れもあり、いいタイミングでこの小説。
    ゴッホと浮世絵か、面白そうなテーマだなと手に取ることになった。

    結論から言ってしまうと、ちょっと中途半端かな??
    主人公が架空の人物加納重吉だとしても印象が弱い。
    ジャポニズムブームをけん引したとされる林忠正の生きざまを描くだけでも十分読み応えがあっただろうし、いわんやゴッホもしかり。おまけにゴッホを生涯支えた弟のテオもここでは主要登場人物の一人である。
    マハさんが一番描きたかったのは誰だったのか、なんだったのか焦点がぼけてしまっているのが残念。

    それを抜きにしたとしても、さすがのマハさんなので最後まで面白く読めた。
    ゴッホの有名な絵が小説の至るところにちりばめられていて、その描かれた背景を読むのも楽しかったし、ゴーギャンとの交流も興味深い。
    なによりの収穫は浮世絵うんぬんより、弟の存在かな。
    この弟なくしてはゴッホは画家として大成しなかったんだと思うと感慨深いものがある。良い弟を持って良かったね、ゴッホにいちゃん(笑)

    あと、これは私の問題なんですが、ついマハさんのアート小説を読むとき伝記を読んでる気になってしまうのが悪い癖。
    あくまでもフィクションですよって、わかっちゃいるんですけどね・・・。自分の知識が乏しく、マハさんの緻密な下調べと相まって勘違いしそうになっちゃうんですよ。鵜呑みにしてしまわないように気をつけます。

  • 原田マハのアートを題材にした物語を読む時、スマホが手放せない。作中に出てくる絵画を検索するからだ。
    今回はゴッホ。生きている頃には認められず死後爆発的に認められたこと、自らの耳を切り取ったこと、そして自ら命を絶ったこと。わずかばかりの知識で読み始めたゴッホとその弟テオ、何より近しい場所にいた2人の日本人の存在に引き込まれていた。

    『印象派』と名付けられた理由が現在のプラスな認識とは真逆だったのか。『浮世絵』が絵画の歴史に多大な影響を与えたとは聞いていたが天地がひっくり返るほどの衝撃だったのか。こちらの観る意識がまたひとつ変わった。

    相手への尊敬が強すぎるからこそ生まれた信頼と、同じぐらいの比重で狂おしく憎んでしまう。寄り添いながら相手の顔を直視出来ず、彼のひとが逸らした瞬間に横顔を見つめるしかないようなもどかしさが美しく、残酷に感じた。

  • ☆4、5
    誰も知らない、ゴッホの真実。

    天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。
    二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

    1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。
    彼の名は林忠正。

    その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。
    兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。


    以上、そんな内容の、ゴッホの半生と芸術家の生き様を描いた作品!
    まずは実際に日本画大好きだったゴッホと、当時パリに実在した日本人画商をフィクションとして結び付けた点が素晴らしく、
    ゴッホの弟と、林忠正の後輩=主人公の友情によって、
    読者はゴッホを身近に感じつつ日本画の素晴らしさを誇らしく思えるように感じる手法が巧みでした!

    また、様々な苦悩の中で作品を産み出す『創作の産みの苦しみ』がリアルに描かれており、
    僕自身も昔、素人ながらに詞や小説を書いた時や、敬愛する芸術的な音楽家のドキュメント本やインタビュー雑誌から感じた『産みの苦しみ』に通じる部分を身近に思い、
    丁度、そういった『苦悩の産みの苦しみ』を経て過去最高の名盤と化した大好きな音楽のニューアルバムを聴きながら今作品を読んでいたので、芸術の真髄を堪能しながら作品を深く楽しめました!

    こういう『産みの苦しみ』があるからこそ、あらゆる芸術作品はより輝きを増し、人々の魂を魅了していきます。
    そんな過程を感じて、より芸術を堪能したい時にオススメな名作であり、
    去年読んだ『かがみの弧城』『AX』に続いて、ようやく本屋大賞ノミネートに相応しい素晴らしい作品を読む事が出来ました(^-^*)/

  • まだ無名の若き画家ヴァン・ゴッホ、というか生きている間はほぼ売れなかったけど、と彼を支え続けた弟テオの物語。
    というと「さよならソルシエ」がすっごく面白かったので、すっごくそのイメージでした。
    あれはあれで大胆というか斬新な脚色もあったけど、一気にテオドルスに惚れてしまう、まさにソルシエ(魔法使い)でしたな。
    だからすっごく「さよならソルシエ」が読みたくなった。

    ゴッホに関しては、結構絵を見てて、MoMAの「星月夜」とかアムスのゴッホミュージアムもいったし、パリはもちろんアルルにも行ったことがある。まぁでもアルルでゴッホが絵に描いた橋とか見にいこうと思ったら遠い上に治安に不安があって行かなかったんだよね。まぁそれも思い出!

    この話はパリで奮闘する日本人美術商の目を通して描かれていて、ジャポニズムだとか浮世絵だとか最近すごい北斎ブームだしちょうどこないだまでゴッホ展やってたし今北斎とジャポニズム展やってるしで、とても興味深く読みました。
    彼らが日本人であることに誇りを持ってるってのがかっこいい。

  • パリで画廊をする日本人二人とゴッホ兄弟のお話。ゴッホの絵は好きだけれど、こういった背景があるのは知らなかったな。兄弟愛、日本への思い、支える愛。苦しいねえ。読んだ後にゴッホ展を始め、作品を見たら、印象がだいぶ違ってくるのではないか。たゆたえども沈まずで描いた「星月夜」。原田さんはしっかりと書き上げました。

  • 日本でもとても人気のあるゴッホ。そのワケは、もしかすると、彼の絵のどこかに日本人として無意識に受け継いできた美意識や伝統を見いだせるからなのかもしれない。

    国賊とまで言われながらも本当の日本美術を欧州に紹介し続けた林忠正についても、とても感銘を受けた。彼のように、苦しいことがあってもしなやかに、あきらめずにチャンスを待つ強さを、私も持ちたい。

    しかし!ゴッホ兄弟があの世に召されたら「はい、物語はおしまい」なの……??
    どういういきさつでゴッホの作品がパリで日の目を見たのかということ。そして、林忠正は確か印象派を日本に持ち帰っているはずで、そのあたりのエピソードをもうちょっと知りたかったので★4つにします。
    続きを期待します。

  • 史実を基にしたフィクションとあるが、ゴッホとテオの部分に関してはほぼこんな感じだったのではないかと想像する。
    途中まで淡々と読み進めてきたが…後半、いつのまにか号泣しながら読んでいた。
    この二人は本当に、お互いになくてはならない存在…半身だったのだ。これほど辛く苦しい思いをしてなお、報われない悲劇を見て涙が止まらなくなった。
    ゴッホの絵が彼が生きているうちに認められていたなら、もっと違った結果になっただろうか…。

  • やっぱり、原田マハの美術史を扱った作品は美しい。
    今では世界でも知らない人がいないゴッホの知られざる真実。弟・テオの援助を受けながらも、全体に流れるゴッホの孤独がとても切ない。
    現世に残されてる作品からは、全く想像出来ないゴッホの生涯。現在、東京都美術館ではゴッホ展を開催中。足を運びたくなってしまった。

  • いつもながら原田マハの作品のまるでそこで見ていたかのようないきいきとした描写はすごい。ゴッホ展に行きたくなってきた。

  • 原田さんお馴染みになった絵画もの。今回はゴッホ。この画家さんの一生、弟さんのことなど、何となく知ってはいたけれど、浮世絵との接点や日本人の友人のことなど知らなかったこともあり、興味を持って読めた。冒頭の章、え、甥っ子じゃない!とまず引き込まれた。そういう引っ張り方、改めて原田さんって上手だなぁとしみじみ。
    本屋大賞ノミネート作ということで手にとってみた。

たゆたえども沈まずのその他の作品

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする