たゆたえども沈まず

著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2017年10月25日発売)
4.15
  • (84)
  • (109)
  • (39)
  • (2)
  • (2)
  • 1296人登録
  • 106レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031944

たゆたえども沈まずの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • フィンセントファンゴッホ。ぞっとするほど、すごい画家だ。
    史実と想像が交じる原田作品の醍醐味は健在。とても面白かった。
    「たゆたう」という言葉が好き。意味もいいけど、響きが好き。

    パリで日本美術の為に戦った男、林忠正。どれだけの悲しみ、苦しみ、悔しさをセーヌ川に捨ててきたんだろう。本当の厳しさを知っているから、本当の優しさがわかるのだと思う。ここぞという時の林の優しさに救われる。
    最終章を読んですぐ、最初の章を読み返す。ゴッホ研究家の答えが最初に読んだ時よりずっとずっと寂しく感じた。

    テオという人物にはずっと興味があった。変わり者のゴッホをあそこまで支えたテオとはどんな人物か。ふたりが画家と画商の関係でもあるとは知らなかった(〃∀〃)ゞ
    テオとゴッホは光と闇と思っていた。だけど、闇と闇だったのかも…。闇と闇が支え合いぶつかり合って、真っ暗闇に。
    ふたりにとって絵が僅かな光だった。そして、輝いた「星月夜」!それなのに…。誰よりも深い絆で結ばれた兄弟だった。

    ゴッホと林忠正に交流があったという記録はないらしいけど、同じパリであれだけ浮世絵を愛したふたりが出会わないはずがないと思う。林忠正はパリでゴッホの最高の1枚をずっと待っていたに違いない。

  • 著者のアート小説は、登場人物たちの作品が表紙を飾り、どれも素敵な装丁で、つい手に取り上げてしまう。そして購入(笑)
    この作品も、表に<星月夜>、裏表紙に北斎の<大はしあたけの夕立>が。それぞれ、小説の中で重要な位置を占めてもいる。
    ゴッホ兄弟は勿論、林忠正も実在の人物であるが、彼らが出会った史実は確かではない。
    しかし著者は、彼らに架空の人物加納重吉という人物を絡ませ、史実とフィクションの見事な融合を果たした「アート小説の最高峰」に仕立ててしまった。
    世紀末のパリを舞台に、ゴッホ兄弟と日本人二人との交流が綴られ、名作<星月夜>の誕生となる。
    孤高の画家ゴッホと、彼を信じ献身的に支える弟のテオ。そんな弟のために、ゴッホがしてやれることは自分がこの世からいなくなることと、思い込んでしまうゴッホ。何という哀しい結論だろうか。
    最終頁を読み終えたあと、巻頭の「1962年」の部分を読み返すと、また一段とこの作品の魅力が増した。

  • いかなる苦境に追い込まれようと、たゆたえども決して沈まず、やがて立ち上がる…世の中から孤立し「芸術」という名の魔物と闘い、それでも自分の絵をひたすら描き続けるゴッホ。
    そんなゴッホを子供の頃から慕い支え続ける弟のテオ。
    この二人の兄弟と、当時世界の中心とされたパリで運命的に出逢った二人の日本人画商・林忠正と加納重吉。
    これら異邦人4人の奮闘から日本と西洋美術との繋がりが理解できた。
    ゴッホと日本の結び付きを鮮やかに描ききった原田マハさんにお礼を言いたい位、この作品に夢中になれた。

    常に孤独の匂いが染み付き世間から拒絶され不幸な事件を起こしたゴッホ。
    けれど彼が晩年に描いた「星月夜」は清澄で明るく希望に満ち、観る者の心を掴まずにはいられない。
    NY近代美術館にある実物の「星月夜」が観られたら、私も本望である。

  • 今年の本屋大賞ノミネート作品はどれも面白い本が揃っている感じです。前作「ゲルニカ」のサスペンス性と言うかミステリー性がなくなりましたが、それがタイトルにぴったしの雰囲気の作品になっています。「たゆたえども沈まず」はパリ市の紋章に書かれている「Fluctuat nec mergitur」ってラテン語らしいのですけど、NECに反応してしまうのも自分でも何だかな(笑)。作品はゴッホ兄弟と忠正・重吉の2人の日本人という実在した人物で、その巡りあわせをフィクション化したものです。ゴッホの作品を見る前に読むことをお勧めしますし、読んでいてもゴッホの作品の絵を見ながら読むと楽しさが一層増しますね。

  • 2017.1.2読了
    ゴッホ兄弟の、哀しくも愛に溢れた作品。ゴッホが画商の林忠正と交流があったという記録はないが、原田マハの筆致により、実際にあったのではないかと錯覚させる。
    ゴッホが苦悩の中で仕上げた数々の作品。この本で背景を知れたことで、実際に目にしたときの感想がまた異なってくる。
    原田マハさんの作品は初めてだったが、すんなりと懐に入ってくる、とても好きな文体。絵画が好きな人には特にだが、そこまで興味のない人にもオススメしたい作品。

  • ゴッホ展に行く前に読んでおけばよかった。。
    ゴッホの日本への憧れや、当時の印象派の位置づけなど、ゴッホ展でも説明はあったけれど、見え方が変わっただろうな。

    「たゆたえども沈まず」は、もともと水運の中心地だったパリで、水上商人組合の船乗りの言葉だった。「どんなに強い風が吹いても、揺れるだけで沈みはしない」という意味合いは、戦乱、革命など歴史の荒波を生き抜いてきたパリの標語になっている。

    パリに憧れ、パリで日本美術を広めることに奮闘した林忠正を見習い、日本人としての誇りを持って努力していきたい。
    きっとゴッホはこの本に出てくるぐらい繊細だったと思われる。弟のテオも。
    原田マハのアート小説は本当に魅力的。

  • 頭の中からフィンセント・ファン・ゴッホと
    弟のテオが消えずに、忘れられずに
    他の本を読む気になれない
    ずっとずっと余韻が続いている
    どのように死んでしまったのか
    有名な話だったので、知っていただけに
    読み続けるのも苦しかったけど
    忘れられない小説となった

  • ゴッホ激動の半生とそのゴッホを最後まで支え続けた弟テオと、ヨーロッパにジャポニズム旋風を巻き起こした林忠正の関係を書いた話。
    ゴッホだけでなく前衛派と言われる画家達の絵が日本の浮世絵に影響を受けていたなんて全く知らなかった。
    林さんの働きがなければゴッホ達の素晴らしい絵は無かったかも知れないと思うとなんとも言えない。
    そして今で言えばゴッホと名前を出すだけであの画家ねーとすぐ分かる有名ぶりなのに、ゴッホの生きた時代は彼を全くもって認めなかった世の皮肉。
    浮世絵も日本人からすればただの落書き程度が、ヨーロッパで認められた途端に高い価値があると言い出して、日本美術の素晴らしさを広めた林さんを逆賊扱いする皮肉。
    時代の波と言うのは本当に人の力ではどうにもならない動きをするものだなとしみじみ思った。
    この話を読んでからゴッホを見たら、きっとただ絵を見に行くよりもっともっと深く心に響く鑑賞になると思う。

  • とてもよかった。
    美術のうんちく?はよくわからないけど、絵を見るのは結構すきで、なかでもゴッホはすきな画家のひとりです。今までにみた作品を思い出しながら読んで、なんかこう、芸術家って、苦しいなぁと、改めて思いました。そして、これ!と思った芸術家になんとか陽の目を当てようという人たちのおかげで、没後100年以上が経った今でも、素晴らしい絵とご対面できるんだな、と思うと頭が下がる思いです。
    去年開催されてたゴッホ展の前に読んでおきたかったなー。そして、もう一度パリに行きたいなー。

  • 読んだ後、カバーに使われたゴッホの絵をじっくり見てしみじみした後さらに、
    カバーを外すと、現れた山高帽とシルクハットのコンビにすごく感激しました。
    ブックデザインめっちゃいいです。

    ゴッホが憧れたのは本当の日本ではなく、浮世絵を見て夢想した桃源郷だったんですね。彼が亡くなってしまったところ、悲しくてなりません。テオの息子を可愛がって、一緒に生きて欲しかった。
    テオと奥様も素敵でした。
    ヨーロッパでのジャポニスムの熱狂的な流行も読んでて面白かったし、とても引き込まれたストーリーでした。

    ゴッホ大好きになりました。

たゆたえども沈まずのその他の作品

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする