お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
4.06
  • (154)
  • (149)
  • (84)
  • (14)
  • (6)
  • 本棚登録 :1890
  • レビュー :192
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金は世の中にあるあらゆる価値の一つを表したものに過ぎない。
    お金自体、人間の空想力から作り出したものなので、それだけにとらわれる必要はない。
    これから、トークンネイティブの世代が増えてきたらお金にとらわれることなく、自分にとって価値のあることを大切にできる環境が増えていくのだろう。

  • 一度読んだだけじゃ、あまりぱっとこなかった。難しい内容もある。
    ただ、お金はハサミや紙と同じく道具であり、感情と切り離すことが大事というのは、すごく心に残りました。

  • これからのお金に関して知りたいなら読んでみる価値あり。

  • そもそもお金とは、価値を交換するためのツールだった。
    それが資本主義社会の中で、価値よりも資本を増やすことが目的となってしまった。
    価値経済。
    3つの価値の定義のうち、これまでは有用性の価値のみが、資本と交換可能だったが、これからは、資本とみなされてこなかった、社会的な価値や、内面的な価値が、価値を生む。
    価値は資本をせずに、価値そのものが、テクノロジーによって交換可能となり、新たな経済圏をつくる。

  • 「お金」というものの実態は何なのかという定義づけから始まり、その支払という手段が別のものに変わっていっている現実を説明。そこから、すでに始まっている未来の形まで、一つの流れとして分かりやすく書かれています。お金中心主義の時代に生きてきて人間からすると抵抗感のある未来図でもありますが、その変化はやはり感じていて、今までの価値観を変える必要があることは痛感します。ただ訳のわからない世の中の急激な変化について行くことは自分を滅ぼす可能性があるのですが、本書はその世の中でどのように自分を変えれば良いのかについての指南書になるとも思います。
    「お金」の稼ぎ方は、今の時代に生きているほとんどの人間は知っていると思います。これからはそうでない別の「価値」を稼ぐ必要が出てきます。それはどうやったら良いのだろうと、将来に対しての不安に対してはあくまで一例をあげているにすぎません。自分で勉強しなさいということだと思います。その動機付けに本書を読まれたらと思います。

  •  これは、お金ではなく、将来経済の新しい在り方を予測した本だ。

     資本主義では、もちろんお金は重要だ。
     だけど、お金では買えない価値があるということも言われてきている。
     そこで、将来は人間としての「価値」が資産になると考え「価値主義」を提唱している。

     さて、ここで以前に読んだ坂口恭平の本で「態度主義」という言葉を思い出した。
     私はこれができます。あなたはこれができます。
     そのスキルを交換しましょう。
     
     ポスト資本主義は個人の能力=価値をもとにしている考えが大きい。
     その価値をお金に換算してしまえば、それは資本主義なのだが、ビットコインの登場でお金ではなくトークンへの変換が可能になってきた。
     ビットコインはお金じゃない、情報そのものに価値があり、それは資本主義に組み込まれない使い方ができる。

     テクノロジーの進化、そして社会の新しい価値観が融合して、新しい経済のルールができる。
     今後、社会がその方向に進んでいったときに、いや俺はそんな社会は認めない、なんて頭を固くせず、時代に乗っていける柔軟な考えでありたい。

  • 発想が面白い、説得力があって理想ドリブンのような形、また数年後に読みたい。
    価値が変わってきているのが、なるほどと思った。

  • 現代を狭い視野で見ていると、今ある資本主義の経済、お金の現実にしか目が行かないが、歴史の1つの通過点として視点を変えると、新たな可能性が見えてくる。その示唆に富んでいる。エストニアしかり。人生の目標の考え方も時代によって変わる。

    経済システムにある共通性
    ①インセンティブ→報酬②リアルタイム→常に変化する③不確実性→運と実力の併用④ヒエラルキー秩序の可視化⑤コミュニュケーション→一見意味のない時間を一緒に過ごした人程、その後に深い関係を築きやすい。

    世の中に影響を及ぼす3つの事
    ①お金②感情③テクノロジー

    現代社会の3大欲求
    ①本能的欲求②金銭要求③承認欲求

    経済とは欲望のネットワーク

    金銭的な対価を一切求めずに経済システムを作ろうとするとゲームに近づいていく。目に見えるリターンがなくても、仕組みによって脳の報酬系が刺激されて快楽物質を分泌させ、特定の行為に熱中させる。

    資本主義から価値主義へ
    モノを扱わない企業にとって重要なのは「人」と「データ」。「複数の経済」から自分に適した経済が選べる。

    ベーシックインカム普及後、お金に対する考え方は変わる。ないと困るものではなくなるから。「好きなことをして生きていく」

    ダグラス・アダムス→人間は生まれた時にすでに存在したテクノロジーを自然な世界の一部と感じる。15〜35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる。

    お金から解放される生き方。自分なりの独自の枠組みを作れるかどうかの競争。クリエイターであれば、自分の作品ができるだけ多く人の目に触れる様に情報発信をして、興味関心好意を持ってくれる人との繋がりを増やしていき、その上で自分の独自性とは何なのかを見極め、更に磨きをかけていく事が必要。

  • 歴史的考察から今後のお金や経済について分かり易く具体的。ブロックチェーンやトークンエコノミーが平易に理解できます。ビジネスマン必読の一冊。

  • 「テクノロジーによって経済は作る対象に変わった」

    経済を作るのは国の専売特許だった。造幣局を作って金銀銅から硬貨を製造し、偽造が難しい技術を織り込んだ紙幣を大量に発行して、中央銀行が供給量をコントロールしている時代から、ビットコインなどの仮想通貨をはじめするトークン型社会が形成され、万人が経済を自らの手で作れるようになる「経済そのものの民主化」が自律分散的に進んでいく事を本書では示唆している。

    資本主義から価値主義へというのは以前からあった考え方だったと思うが、万人がインターネットに接続できる今日、発達したテクノロジーによって価値主義が補強され、資本主義からシフトする事を真剣に感じさせる本。

全192件中 31 - 40件を表示

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)のその他の作品

佐藤航陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
伊賀 泰代
村上 世彰
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする