お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

  • 1230人登録
  • 4.20評価
    • (93)
    • (56)
    • (33)
    • (5)
    • (4)
  • 86レビュー
著者 : 佐藤航陽
  • 幻冬舎 (2017年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032156

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金融や経済の仕組みを解説する内容かと思い手に取ったが、いい意味で期待を裏切られた。お金を稼ぐことに対し抱いていた違和感が見事に解消され、経済の既成概念を見事に打ち砕かれた。様々な事象から構造を抽出してアナロジーを見いだすという思考法も、様々な場所で言われていることではあるが、ここまで納得のいく例示や解説に出会ったのは初めて。久しぶりに、心から買って良かったと思える本に出会えた。

  • 概ね自分の考えとずれていないことが収穫。ゲーミフィケーションの話が結構重なる部分が多かった気がする。これからの時代はいかに自分の価値を高められるか。

  • 前半よかったです。

  • 評価経済に興味を持った。

  • 単純に儲けの話かと思ったら、仮想通貨がどのように世界を変えるか、どういったことがこれから重要になるか、まで踏み込んであってワクワクさせる内容だった。

  • 佐藤航陽さんが12年の経営者経験の中で考え続けた、お金というものの本質と資本主義の未来予想がたいへん読みやすい文章でまとめられています。文章の読みやすさにもかかわらず書かれている内容には重厚感があり、すぐに咀嚼することは難しそうです。

  • 最近流行っている仮想通貨について、面白い捉え方をしているとtwitter上で話題になっていたので購入。

    SNSでのフォロワー数などについて、自分が最近なんとなく考えていたことを、「価値主義」という言葉を用いて言語化してスッキリ納得させてくれた。
    資本主義の問題とこれからの進歩の方向についても触れていて、ワクワクさせてくれる内容だった。

  • 前半における、これまでのシステム・経済と新たなアプローチ、テクノロジーがもたらす新たな経済との対比が秀逸であった。また後半の価値主義のアプローチとその意義については、既に形成された市場、また佐藤氏自身が仮設を立て実践した結果として記されており、現実社会をありのまま容易に受け入れさせてくれる。また最後のお金との付き合い方や、これからの生き方に対する提言は、元気をもらえる内容であり、自身何に熱中できるのか振り返る良い機会となった。「お金2.0」という題目からしてもう少しフィンテックの具体的仕組みよる展開かと思ったが、いい意味で期待を裏切られた。自身は本書を「自分エコシステム創造の教科書」として大切にしたい。

  • 怪しいと思ってたけど面白かった。
    お金の価値が相対的に小さくなって、やりたいことを持ってる人とかに価値が出てくると。グーグルとかFacebookとか知らないとこですごい考えで動かしてんだなって。
    不変なものを疑って、好奇心と探求心を忘れず過ごしていきたいね。

  • 資本主義はもう限界。

    自分の価値を高めるために仕事しよ。

全86件中 61 - 70件を表示

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)のその他の作品

佐藤航陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 世彰
フィル・ナイト
リンダ グラット...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする