お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

著者 : 佐藤航陽
  • 幻冬舎 (2017年11月30日発売)
4.17
  • (102)
  • (67)
  • (42)
  • (5)
  • (4)
  • 本棚登録 :1282
  • レビュー :101
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032156

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • お金の価値は昔と変わって来ていて、現在は物よりも価値主義に変わって来ている。
    経済の発展を考えるときにはテクノロジーも切って切り離せない。発展する経済システムはインセンティブ、リアルタイム、不確実性、ヒエラルキー、コミュニケーションズが備わっている。
    我々はミレニアル世代と言われ、物には満ち足りて生きていた。これから大事になのは生きている価値、充足感を何から満たすかだ。

    アウトプット
    熱中できる何かを探し、突き進む
    新しい物を毛嫌いせず、先見の明を持って本質を掴む。

  • ビットコイン、ブロックチェーンなどポスト資本主義についてよくわかった。また、ビジネスモデルを経済システムとして捉えた発想は勉強になりました。

  • 図書館で貸出から読了。
    お金から始まる経済のお話をそもそも貨幣とは?から資本主義まで、そして仮想通貨とブロックチェーン技術、AI/AR/VR/BMI(ブレインマシンインターフェース)などの未来へ繋がるテクノロジーについてまで、とにかく幅広い。

    読んでいてワクワクするところと、いつの時代も古い価値観が破壊されてきて、人類が進化してきた過程があり、お金というより、人間という生き物の歴史が俯瞰して分かる部分があった。

    まさしく、私たちが生きる現代は本当に時代の転換期真っ只中なのだな、と思える1冊。

    他の方々のレビューを読んでいるだけでも面白い部分もあって、これも本書で言う価値主義ゆえの感想かもしれない。

    今回は運良く図書館の貸出で読めたが、時間が経過してから再読したら、新たな発見がある気がする。

  • “お金”の現況を手っ取り早く概観できる良書。

  • お金と言う切り口から、
    新しい時代、新しい技術と人々の考え方を学ぶことができました。
    柔軟に対応していける人間でありたいです。

  • 『お金2.0』というタイトルはシンプルかつインパクトがありキャッチーではあるが、“新しいお金のあり方”についてというよりは、副題である『新しい経済のルールと生き方』の方が本のテーマとしては中心。著者が実体験を通して学んだ経済システムの本質をまとめ、テクノロジーにより変化するこれからの仕組みを予想した内容である。そして、著者なりのこれからの新しい時代の生き方を提案している。
    キーワードとしては、「分散化(自律分散)」と「価値主義(評価経済)」「時間通貨」あたり。

    経済と脳や自然が同じようなシステムであるという視点は面白い。「経済にはもっと公益性が、政治にはもっと持続性が必要であり、そうなると経済と政治の境界線がなくなってくる」という部分は自分もずっと感じていた。
    限界費用ゼロの時代に、自分が情熱を捧げられる(やりたい)ことに時間と力を注ぎ、「お金」のためではなく「価値」を上げるために働く人生を送りたい。

  • 1.この本を選んだ理由
    はじめにの部分が気に入り、購入しました。
    2.概要
    現在の経済の解説とその歩き方を説明した本です。
    3.ポイント
    (1)現実の経済は3つのベクトル(お金、感情、テクノロジー)が併存し、それが揃っていないと機能しない。
    (2)今問題になっている格差は、どんな制度でも発生する。
    解決するには、お金と感情を切り離し、お金をツールとして使いこなすことである。
    (3)価値には①有用性としての価値②内面的な価値③社会的な価値がある。現在お金1.0では①しか評価していない。お金2.0では②③も評価する。

  • Fintechを既に存在している金融の概念を崩さずにITを用いて効率する1.0と近代に形成された金融の枠組みを無視してゼロベースから構築する2.0に分けて解説、そして中央銀行の成り立ちなど近代に形成されたお金1.0を振り返り、本書のタイトルとなっている「お金2.0」で書き換わるこれからの資本主義を展望します。
    ツイッターが盛り上がっていたころ(2010年)、タラ・ハントの「ツイッターノミクス」で信頼や評判を反映した「ウッフィー」という、今思えば仮想通貨的な概念が登場しました。
    本書ではこの概念にその後のテクノロジーの進化を加味してより発展させた形でウェブだけじゃないリアルを含めた新しい経済を論じています。

  • タイムバンクの社長が書いた本。

    最古のお金は、紀元前1600年頃の貝殻と言われている。
    中央銀行が本格的に普及したのは最近100年程度。ブロックチェーンが新しい仕組みとして100年後には当たり前になっていてもおかしくない。

    ビットコインは、ナカモトサトシという人が2009年に作った。
    儲けたい、モテたい、認められたい、の3つの欲が強く、これを満たすシステムは広がりやすい。
    最初から完璧なシステムを作ろうとはせず、寿命があることを意識して作る。次のシステムにユーザーが移っていけるように、何段階も作る。
    一見意味のない時間を一緒に過ごした人ほど、その後に深い関係を築きやすい。
    ゲーム性は、脳内の報酬系を激しく刺激する。
    お金にはなりにくい価値のあるものは何か?
    ネットの普及により、価値をお金以外のもので持つことが出来るようになった。
    デジタルネイティブ→トークンネイティブへ。自分が生まれてすぐの出来たテクノロジーは自然の一部と感じ、15歳~35歳で発明されたテクノロジーは新しくてエキサイティングと感じ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる。
    モンテッソーリ教育。子供の興味をとことん伸ばしていく教育法。Google、Amazon、Facebookの創業者はいずれもこの教育を受けていたらしい。
    お金は単なる道具である。

  • 資本主義から価値主義へ。お金の価値が相対的にさがり、お金のために働く時代は終わるだろう。
    高度経済成長期、日本では貧困から抜け出すために仕事に精を出した。つまり目的はお金を稼ぐためであった。
    しかし、その生活を手に入れたミレニアル世代はお金や出世みたいなものにモチベーションを感じにくくなった。
    現在では、人生の中で目的を持てる世界を創り出すことが重要である。
    この新しい経済を乗りこなし自分のやりたいことを実現していきたいと強く思う。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)のその他の作品

佐藤航陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
村上 世彰
ジェームス W....
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする