日本再興戦略 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.91
  • (161)
  • (255)
  • (139)
  • (28)
  • (7)
本棚登録 : 2576
レビュー : 271
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いま話題の人 落合陽一。
    YouTubeを見る中で、見つけた若い人である。
    現代の『魔法つかい』ともいわれる。
    そのあらゆる面においてのコミットメントする姿勢は、素晴らしい。
    イマドキの若いものはなんて言ってられない。
    こういう若者が、現れるのは、たのもしいことである。
    筑波大学の教員であり、学長補佐。ベンチャー企業の経営者。
    アーティストとして、芸術作品を生み出し、
    テクノロジーとアートとプロダクトつくり。
    実に、マルティプレイヤー。教育、研究、経営、アートに関わっている。
    これからの『働き方』を予感させる その仕事の多様性。

    『価値』が重要なキイワードであるが、「価値」の定義が不明である。
    少なくとも、価値にも ダイバシティがあると思われる。
    バリューダイバシティの時代。
    落合陽一の3つの再興戦略
    ①経営者として、今までとは違うスタイルのイノベーション開発。
    ②メディアアーチストとしてクールジャパンの素地の正体をつかみ、
    クリエイティブにする。
    ③大学はどうあるべきかを考えてグランドデザインをつくる。
    ふーむ。戦略ではないよな。戦術方針みたいなものだと思うよ。

    『賢い上にひらめきがある天才が必要だ』と自分の登場をほめている。
    こういう押しの強さが必要なのだね。
    東洋思想と言いながら、実にアメリカナイズされているのはおもしろい。
    さすがに、落合信彦の息子だけある。

    『変わりつづけることを変えず、作りつづけることをやめない。
    東洋の自然観はデジタル時代に新たな自然を構築する。
    バックグランドとビジョンを拡張し、世界に貢献する。』
    と落合陽一は 宣言する。
    いやはや。その意気込みが 必要なのだ。

    主張は 大きく言って 3つ。
    ①欧米とは存在しない。ヨーロッパとアメリカは違う。
    ②日本人は、公平にこだわり、平等にこだわらない。
    ③ワークアズライフ。百姓の「多動力」がいる。
    百姓とは、百の仕事をもっている。
    タイムマネジメントから、ストレスマネジメントへ。

    リーダーは、尖っている能力、足りないのは補ってもらえばいい。
    意思決定と実務権限はわけられるべきだ。
    後継者ではなく、後発を育てよ。
    リーダーとは、愛されることなのだ。

    ふーむ。おもしろい切れ味である。
    文章は、頭の回転の速さに、ついていかない状態で
    飛躍に飛躍を重ねるが、その八艘渡りに近い展開は
    スリリングでもある。いやはや。おもしろい時代になったもんだ。
    若者が 堂々としているのは、たのもしい。

  • 日本の歴史を振り返り本来の日本の文化を提示し、中央集権から地方分権にするなど、明治以降の欧米化をリセットして新しい日本の文化・社会を再構築せよと迫ります。
    そして、少子高齢化を好機として人工知能を始めとした5G、ブロックチェーン、AR/VR/MRなどのテクノロジーを用いて新しいビジネスでイノベーションを起こせと叱咤します。
    デジタルディスラプションを起こすのではなく、「今パイを持っている人たちを更に儲けさせてあげるような枠組みを考えてあげないといけません」とあるのが正に日本文化的です。
    また、個人への提言である「ポジションを取れ。とにかくやってみろ。」も著者の行動からとても説得力があります。

  • 落合氏をテレビで見かけるようになり、本書を手に取った。

    時代は巡っていることがよく分かる。
    今は百姓。つまり、百の生業を持つことを推奨している。多動力こそ百姓。
    自分探しより、自分ができることから始める。
    手を動かし、モノを作り、批評家にならない。
    著者によるポジションを取る。とは結婚すること、子どもを持つこと、転職すること、投資すること、勉強することなど。分かるためにやってみることが大切。

  • 落合氏が述べるようにこれからの社会変化に合わせて仕事・政治・教育・日本人の固定概念も変化が必要になるでしょう。落合氏のプランには突拍子もないと感じるものありましたが、信念持ち実際に行動に移している姿を見ると何やかんや難癖をつけて非難することがナンセンスに感じました。
    今の若者にこそお勧めしたい本なので、ぜひ手に取ってモチベーションを上げて多くのチャンスを掴んで欲しいと思います。願わくば自分が学生の頃に出会いたかった一冊。

  • 図書館で予約してから1年弱掛かって借りられた。
    人気だけあって面白かった。政治と教育は尻すぼみな感じだったが。
    テクノロジーの専門家でありながら日本という枠組みに拘るのは不思議な感じがしたが、メディアアーティストだからなのかな。
    以下の一節は全く以って同感。

    よくディズニーランドに行くのが幸せだという人がいますが、僕にはその理由がわかりません。理由を聞くと、「ディズニーが好きだから」という答えが多いのですが、これは信仰に近い考え方なのです。いつのまにか、自分の中に価値観がインストールされていることに気づいていません。日本はそうした話がたくさんあります。まだマスメディアや広告にコントロールされて、自分がそういう行動をしている自覚があればいいのですが、無自覚な人も多い。

  • 「魔術師」「天才」と形容され、現代の若手論客の中でも異彩を放つ落合陽一氏が、日本の未来に向けたグランドデザインと様々な提案をまとめた一冊。政治、経済、教育といった各分野において、テクノロジーをどのように適合し、主体である我々日本人もどのような価値観へシフトしていくべきか語られている。序盤は難解な言葉や言い回しがやや鼻に付く感は否めないが、中盤以降は比較的読み易くアツイ展開になっていくため、投げ出さずに最後まで読了すべき。好き嫌いは分かれると思うが、落合氏が日本の貴重な頭脳であることに間違いないと確信した。

  • さらっと2時間程度で流し読み。
    昭和から続いたいわゆる欧米に迎合した現在のスタイルを批判しつつ、むかしからの日本的感覚である八百万や士農工商といった制度を参考にこれからの日本の在り方を伝えたもの。
    僕も八百万の精神が好きでとても良く共感できた。これは弥生的なものから縄文への回帰と見た。
    特に第6章の教育はよいアイディアだったと思うが、それらをどうやって実現するかが問題だなと。

  • ちょっと流行からは遅れてしまったが、話題の才能の本を読んでみた。
    書かれている内容には賛成できる面もそうでない面も、どこまでの理解で書かれているのか納得な面も、そうでない面も。
    それにしても、既得権益というかこれまでの考えの人の抵抗は無視できないのだろうなぁ。
    何事も移行時期は大変だし、テクノロジーも思ったように実現するものばかりでは無いだろう。

  • 全体として刺激的な論も多いけど、概ね好感が持てる。批評に終始する本が多い中、自分としての解決策まで提示しているのは評価されるべき。評論家になるな、という言葉を実践しているということでしょう。
    少子高齢化をチャンスと捉えよ。悲観的な論ばかりの中、その可能性に目をつけられるのはすごい。
    今後はじっくり考えて行動するより、フットワーク軽くTry&Errorを繰り返した方が時代に合っている。大企業病にすっかり染まってしまった会社はどうしていくべきか。

    ただ、著者が思うよりも日本は随分保守的だ。この提言が広く受け入れられるのは難しいんじゃないかというのが正直な感想。だからこそ、革新的だと言われる提言なのだと思う。

  • 落合陽一。
    天才すぎる。。
    普通に考えてることがほとんど納得できる。。


    日本再興戦略。
    非常に面白い。
    今後ベンチャー企業が増え、
    シリコンバレー、シンガポールに対抗できる力をつけないと日本はいつまでたっても米国に出資して日本自体を本当の意味で豊かにできないんやろーな。



    内容がかなり難しかったから
    また絶対に読み返す本。
    5Gについてもう少し触れて欲しかったのと、
    E commerce,M commerce V commerce
    についても触れて欲しかった。

著者プロフィール

落合陽一(おちあい よういち)
メディアアーティスト、研究者。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教、デジタルネイチャー研究室主宰。2015年Pixie Dust Technologies.incのCEO。2017年から筑波大学学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。2017年12月からは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社による筑波大学デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長 及び 准教授を兼務。代表作に、最初の著書『魔法の世紀』、『日本再興戦略』『デジタルネイチャー』など。ほかにも様々な作品と著作に関わる。2019年9月7日、『2030年の世界地図帳』を刊行。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)のその他の作品

日本再興戦略 (NewsPicks Book) Kindle版 日本再興戦略 (NewsPicks Book) 落合陽一
日本再興戦略 Audible版 日本再興戦略 落合陽一

落合陽一の作品

ツイートする