神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

著者 :
  • 幻冬舎
3.89
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032521

作品紹介・あらすじ

神社でお金を洗う時、心の中で唱える言葉とは。神棚や縁起物を用意してチャンスにそなえる。もっともお金を呼び込む財布の色は?ちょっとしたコツでお金に好かれる人生がつかめます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やはり 神様の中では
    「お金はあってもなくてもよい」
    と思ってらっしゃるのが 本当のことのようで
    人間が一心に願うからこそ
    かなえてあげなきゃな ぐらいかな
    それよりは 一生懸命頑張って生きてる人を
    応援してあげたい ということのようです

  • 【動機】お参りにいくことと金運の上下に関連が見出せるかに興味があったから

    著者の本をすでに何冊も楽しんで読んでいるので、今回もだいたい思ったような内容でおもしろく読み終えた。宝くじを買うことでお金のはいってくる道をつくることや、数珠にお経を蓄えて悪いものを払えるようにすること、音の振動の力で悪いものを払うといった方法は覚えておきたいと思った。

  • 図書館

    この方の本は、そういう世界に対して壁を持っていない人が読む本だと思います。





    とても具体的で、わかりやすく学べる本でした。
    まだ消化しきれてないところが多々ありますが、お稲荷様のことなど、自分の中で誤解していた部分が解けたのはよかったと思います。

  • 白蛇はお金の念をおとしてくれる=早地峰神社
    商売は稲荷神社。

    財布は紺色がいい。黄色よりは黄土色。黒や赤はNG。
    1万1千円を隠して入れておく。ときどき、新札に取り換える。

    五柱稲荷神社=錦糸町。仕事が舞い込む。
    松濤の大山稲荷神社
    田園調布の多摩川浅間神社
    三峰神社の御眷属拝借

    銀座8丁神社巡り。豊岩稲荷、宝童稲荷、、あづま稲荷

    波動を上げる方法=霊山に登山する。善い行いをする。善行を積む。

    他人を恨むのではなく、私を救ってください、とお願いする。

    恐山の宿坊「吉祥閣」

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=13650

  • 財布は「紺色」がいいのか!?、と。Y(・。・)Y
    そして読んでふと、そうか…いろいろ自分でもどの色がいいか?と意識しながら試してみれば案外気づいたのかもしれないな、とも思う。
    でも、早速に変えよう~~~っと。
    そして、これ、金運の決定打が書かれているとか期待するとダメですよ。そんなものがあるのなら、全員がお金持ちになってるはずで、そうでないという事実に気づきましょう。
    神様だからこそ?言えない、言わないとでも言いましょうか?
    そこらへんが興味深かったです。
    お金系はやはりお稲荷さんなのねー、です。

    最後は「恐山」と「遠野」の話です。
    やはり「見える人」に語ってもらうと面白いです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

桜井識子(さくらい しきこ)
1962年広島生まれ。祖母が霊媒・霊能者、祖父が審神者という特殊な霊能力を持つ家系に生まれ、幼少期の頃より多くの霊および神仏にふれて育つ。家系によるもって生まれた霊能力に加え、長年の修行の成果により、神仏関係の波動が高いものや眷属の姿を見ること、神様仏様の声を聞くことができるようになった。多くの神社やお寺・パワースポット巡りを行い、その詳細をブログや書籍で紹介。神仏にご縁をもらうありがたさ、そのご縁をもらうコツ、神仏にもっと近くなる方法、など、スピリチュアルに関するさまざまな話を発信している。2019年6月20日、『あなたにいま必要な神様が見つかる本 「ごりやく別」神社仏閣めぐり』を刊行。

桜井識子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
桜井 識子
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×