日本野球よ、それは間違っている!

著者 :
  • 幻冬舎
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032736

作品紹介・あらすじ

清宮は即戦力にならない。大谷の二刀流はメジャーで通用しない。イチローは引退して指導者になれ!セ・パ日本一の名将が大胆予言、球界大改革のすすめ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 愛の在り方についての考察を必要とする。長嶋茂雄は野球への愛・・・原辰徳はジャイアンツ愛を言い・・・よくわからない愛に対し・・・野球を改善する・・・すべての改善論がリハビリテーションの理屈でもあり、そうあるための理を持った稀有な野球人である。それが実践を伴ったかなり面白い存在である広岡達朗とはダビデであり愛の人でもある。結果だけ出してドラフトを穢していく監督もあれば、善のドラフトの在り方を真剣に考え怒っている人物もある。この人は後者である。結果だけ出して愛を語るのは偽物であると気づかせてくれる人物でもある。結果が優勝の二文字であるが・・・愛を感じない優勝がある。ただ愛だと主張するだけで空っぽの愛というか・・・決して愛ではないインチキに失望することの多い現代の日本プロ野球に最も善の発言をする稀有な存在である。ただ優勝に関して結果に関して愛と呼べない結果にももっと厳しい意見をもっと沢山言ってもらいたい。でもそれを言うとプロフェショナルの野球の存在の意義が崩れ・・・正岡子規の野ボールとなってしまうのだろうか・・・とも思う。

  • 往年の名監督・広岡達朗による日本野球への提言集。

    理にかなってると思う部分がありつつも、大谷や清宮への提言はいささか厳しすぎる(どっちも実績を出してる現在からみると余計に)ように感じた。

  • 考えは古く感じるが、太った選手が増えたのはたしか。
    そしてその太ったヤツが怪我をする

  • 広岡監督が、ジャイアンツの監督にならなかった理由がわかった

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932 年、広島県呉市生まれ。早稲田大学教育学部卒業。学生野球全盛時代に早大の名ショートとして活躍。54 年、巨人に入団。1 年目から正遊撃手を務め、打率. 314で新人王とベストナインに輝いた。引退後は評論家活動を経て、広島とヤクルトでコーチを務めた。監督としてヤクルトと西武で日本シリーズに優勝し、セ・パ両リーグで日本一を達成。指導者としての手腕が高く評価された。92 年、野球殿堂入り。『動じない。』(王貞治氏・藤平信一氏との共著)、『巨人への遺言』『中村天風 悲運に心悩ますな』『日本野球よ、それは間違っている!』『言わなきゃいけないプロ野球の大問題』(以上、幻冬舎)など著書多数。

「2020年 『プロ野球激闘史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

広岡達朗の作品

ツイートする
×