面倒くさがり屋の僕が3ヶ月で英語を話せるようになった唯一無二の方法

著者 :
  • 幻冬舎
3.58
  • (5)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 102
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344032965

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学んだ事

    ・実際に使うシュチュエーションがイメージできる英文に集中する
    →大事なのは「英語で何をはなすか?」
    ・リアルな英語を「効率的」に習得する方法
    →「やらない事」を明確にし、やるべき事をなん度も繰り返す
    ・発音が、大事な理由
    →自分で発音出来ないものはリスニングもしにくい

    格闘家時代から須藤元気さんのファンでしたが、その後の活動も含め、今でも憧れの存在です。
    本の内容としては、これから勉強を始めたいと考えている
    私にとって、とてもモチベーションが上がるものでした。
    自身の経験談を踏まえて書かれているのが伝わり、時に出る「格闘技」のエッセンスは、格闘技ファンとしては楽しみながら読めました。
    おススメの勉強方法などの紹介もあり、今後の自身の勉強方法の参考にします。


  • ・自己紹介イングリッシュ
    自己紹介の文章を英語で作成して300回ほど練習する。
    そうすれば頭で考えなくても言えるようになる。

    ※こういう文章を何種類か用意しておくこと


    ・二毛作的な時間の使い方を意識すると「1日24時間」を30時間ぐらいの密度にできます。

    ※車で移動しながら英語のフレーズを復習するなど
    歩きながらブツブツ英語を言う(マスク必要!)

  • Effort to be able to speak English is the same as training to build muscle. So I'll do my best.

  • うん。死ぬほど頑張ればいける!

  • 本当に多才過ぎてびっくりする。

    たしかに1年通ってもなにも変わらないんだよなぁ。
    So...I'm glad that I read this book.
    Just do it!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

すどう・げんき 1978年東京都生まれ。 K-1やUFCなどで格闘家として活躍し、2006年現役引退。現在は多方面で幅広く活躍。2008年、母校拓殖大学レスリング部監督に就任。2009年にはダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を立ち上げ、You Tubeで公開しているPVは世界中から注目を集め、発表するPVのほとんどが160万回以上という驚愕の再生回数を誇っている。格闘家現役時代から掲げている「WE ARE ALL ONE」(すべてはひとつ)というメッセージは、多くの人々の支持と共感を集めている。著書に『今日が残りの人生最初の日』『WE ARE ALL ONE 須藤元気のボランティア記録』(講談社)ほか多数。

「2012年 『自分が変われば世界が変わる~呪術師ルハン・マトゥスの教え』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須藤元気の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
恩田 陸
稲盛和夫
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×