ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.49
  • (17)
  • (33)
  • (43)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 389
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344033177

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 組織にいても、型にはまらず、逆にそれをうまく利用してフリーのようにすることもできると。

    自由に生きてる有名人著書にも出てくるゾゾ社長とかホリエモンと違ってちゃんと家庭を持ってて子供もいて家族を大切にしていることに好感を持てました。結婚は単純じゃない。人の感情はコンピューターで制御できるほどシンプルでない。
    ビジネスは頑張れば成果が出るが、家庭は成果がでないどころか裏目に出る。だから面白い。他者と向き合うというブランド人としてのビジネスの基本を疎かにしてる。理不尽を楽しめと。

    言ってることは極端にカンジルコトモあるが
    組織にいても、他者と同じでなくおもしろく、インパクトのあることをしてブランド人になるのもひとつ面白いなと

  • 田端さんの働き方、生き方についての本。
    印象的な場所
    ・量をこなせ。量が質を生む
    ・給料はオマエが決めろ(いくら欲しいのか、なぜ欲しいのか、どうしてその価値があるのか)
    ・パンツを脱げ(保険をかけるな)

  • 個人の能力アップにシフトしろ。
    自由になろう系な本が多いなか、サラリーマンというフィールドをどう利用するかにフォーカスした本。リアリズム系イノベーティブシンキング。


  • プロサラリーマンのススメ

    サラリーマンでいることがチャンスに思えてくる一冊


    以下、読書メモ。

    とにかく量を2年間でこなす

    新人がすぐにできる最大の貢献は、組織に流れる暗黙のルールをゼロベースで問い直すこと

    サラリーマンこそノーリスクで挑戦可能

    上司を共犯者に

    仕事にはクレジットを入れろ

    会社のアンプ機能を利用して思い切り音楽を鳴らせばいい

    都心の一等地で再開発を進めるような歯車

    常にミーハーに。現場に行く

    体を張った実体験を通して真のリテラシーは磨かれる

    突っ込まれる上司でいられるか

  • 汗水に価値はない、他人が喜んでくれるものを提供できることが必要、など言われてみれば当然のことが出てきます。著者はTwitterで自称識者から批判されていますが、この本を読んでから批判しろと言いたいですね。切り取って批判するなと。

  • 個性の掛け合わせで唯一無二の存在になれる
    ホリエモンの本にもあったが、ほんとうにそうだと思う。
    今からやるか?やらないか?

  • 大枠現代の成功者の思考をよりサラリーマン向けに書いている内容であった。新しい発見などは特になく確認作業として読む分には読みやすく良い本である。

  • 面白いが特に身につく内容は無かった印象。、
    ツイッターの印象よりちゃんとした人だった

  • 個の時代だなぁ。
    個として、優秀な人よりおもしろい人間になろう、という本。

  • チャレンジできない大企業で一生安定して暮らすのか、「人生一度きり」と、なんでもチャレンジできる会社で生きるのか、人生の岐路に立っている時に読んだ本でした。自身のブランド力をつけることで自由な働き方や働き口が見えてくるのだとこの本に教えられ、行動をひとつ一つ変えていく覚悟のできた本でした。

全62件中 1 - 10件を表示

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)のその他の作品

田端信太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィル・ナイト
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする