いま君に伝えたいお金の話

著者 :
  • 幻冬舎
3.67
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344033597

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とっても文書が読みやすく、久しぶりに一冊ちゃんと読めた。

    投資、株。。。

    本を読む前から知人から色々な説明を受けて、言ってる事ももちろん理解している。

    私は、銀行が1番安全だから!貯め込む!動かしたくない!って理由で銀行に預けて、投資や株には手を出しません‼︎‼︎って訳では全くない…

    投資も株も…
    自分の中で充分お金を貯めた!
    手元に何かあった時の為に困らないくらいの充分なお金を残し、
    さぁ〜それからそれ以外のお金を投資や株に回そう!!!

    ↑そもそもこれが、まだまだ自分には途中段階。

    本書にも書いてあった…
    リスクとリターンは必ずセット。
    どのくらいのリスクが取れるのか、万が一うまくいかなかった場合にどのくらいのお金が、なくなっても平気なのか。
    まだまだ平気じゃない!w
    まずはそこからなんだと思う。

    「お金を増やすことに近道はないし、魔法もない」
    何事も自分の頭で考える
    物事を数字でとらえるクセつけ
    「期待値」という考え方

    すごく頭に残った。
    増やすための秘訣!の章はもう一回読んでみようと思う!

    お金の勉強は絶対学校でやったらいいと思った|ω・`)






  • お金について知らない人が初めて触れる本としては良いかもしれないが、あまりにも簡単に書かれているので物足りない。もう一度読もうという気は起きません。どこかで聞いたことあるような内容ばかりなので物珍しさは感じられませんでした。回すという考え方には共感致します。

  • 村上ファンドの村上さん。大人はどうしても偏見もって読んでしまうかもしれないけど、お金に関するおさえておくべきことが、シンプルに書かれている。これだけシンプルなことも学校で教えられてないのはやっぱり問題かも。一直線な人なんですね。

  • 『物言う株主』や、インサイダー取引で逮捕された印象の強い村上世彰さん。
    出光、昭和シェル統合の時にWBSで、白髪ダンディおっちゃん。になっていたのを最近見ました。
    そんな少しダーティなイメージが強い村上さんが、子供に向けたお金の本を出したということで、読んでみましたがものすごくわかりやすかった。

    自分ごとだが、近しい人が貯金ばかりで、どうして投資をやらないのか問うた際に、投資について色々説明したがわかってもらえなかった。なんとなく不安。銀行が1番安全。元本が減る可能性のあることはやりたくない。
    減る可能性もあるが長期で見たときに増える可能性の方が高い。事は説明したが減る可能性もゼロではないということで、真意は伝わらなかった。
    これが本書で説明している、期待値なのだね。
    投資の全ては期待値をより正確に出せれば、長期的には増やせることを改めて学んだ気がしました。

    子供向けながら、大人が読んでもタメになる本。
    最終章は予想外にも寄付について。お金を増やすためのドライな投資から、世界が良くなるための寄付で締めているところは流石だなと思った。

    この勢いで『生涯投資家』も読んでみようかな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

村上 世彰(むらかみ よしあき)
1959年生まれの投資家。大阪府大阪市出身。村上ファンド創設者。株主総会などで会社経営陣を批判・叱咤する振る舞いから、「もの言う株主」として知られる。
代表作に『生涯投資家』。2018年9月に『いま君に伝えたいお金の話』を刊行。

いま君に伝えたいお金の話のその他の作品

村上世彰の作品

ツイートする