• Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344034419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジェーン・スーさん、初めて読みました。なんか最近流行ってる方みたいで。
    ラジオはもっぱらNHK派なので、お聞きした事がなく申し訳ない。
    とにかくタイトルに惹かれて、あとは興味のある方ばっかりとの対談集だったし。
    最後の能町さん、今とっても興味あり。
    お二人とも昔mixiをされてた事に嬉しさを感じた。実は私もだったので。

    どの方々もやっぱり賢い。話が賢過ぎて消化されず流して読む箇所多し。
    でも刺激になりました。

  • スーさんの本の中で一番面白かった。
    中野信子さんと酒井順子さんとの対談が好き。

    「人に興味がない人の方が人を嫌わない。」
    「好き力が強い人は嫌い力が強い」
    とても納得。

    つい自分の汚いところ、認めたくないところは目を背けてしまいがちで、そんな背けている自分のことにも目を背けていて…
    それを否定しなくていい、そのまま受け止めたらいいと言ってくれているような対談集だと感じた。

  • 大好きなスーさんの新刊。タイトル見た瞬間クスリと笑みがこぼれてしまった。
    今回は光浦靖子さん、山内マリコさん、中野信子先生、田中俊之先生、海野つなみ先生、宇多丸さん、酒井順子さん、能町みね子さん達との対談集。
    最後のお二人以外は以前から知っている方々ばかりなので、とても興味深く読み進めた。

    中でも中野先生はホンマでっかTVでも好きだし、相談は踊るラジオに出演された時もスーさんとのやり取りが本当に面白かったから…まず最初にこの章を読んだ。面白い話をしてるのはわかるんだけど難しいから何度か繰り返し読んでやっとわかったような気になった(笑)
    山内サンの章で「女の人ほど実は男の人の価値観を植え付けられて育つ」のお話を読んで「うわ、ホントだ!」ってギクっとなった。

    スーさんは私より一回り年上。対談相手もスーさんに近い年代の方々だったので、先輩方のお話を聞けてどの章も楽しかった。

    対談集第二弾も期待したいな。

  • 45歳になっても迷うことはある。楽しく生きようと頑張ってみたり、大切だけど結婚したいかと聞かれると???だったり、ヒリヒリするような焦燥感がなくなることでこれまでの爆発的な思想もなくなるのではという焦りがあったり、29歳の自分と、今後もあまり変わらないんだろうなあ。安心しきって、ブレないなんて、たぶんこの先もないんだな。人間はいつまでも未完成だよ。

  • ‪小説幻冬での対談連載をまとめた一冊。山内マリコとのトークがむちゃくちゃドライブしていて正直ここが本書のピークかと思ったのだが、その後に中野信子→田中俊之と続くジェンダー論・多様性についての議論が濃すぎる。仲間意識と排外意識はセット、寛容さは無関心と表裏一体。難しくて面白い。‬

  • 対談集〜。文芸(タレント、エッセイ)て言うジャンルなんだろうけど社会科学(自己啓発)要素もあった気がする。
    対談相手に脳科学の中野信子さんや社会学の田中俊之さん、能町さんや海野つなみさん、宇多丸さんなど幅が広いのでどの章を読んでいても、はーー。この人はこう考えるのかと楽しかった。
    中野さん…生きている以外はボーナスポイント、意識は体が動くときにでる削りカスがほえほえポイント。
    田中さん…最近の学生の合コンでのモテテクが「あいうえお」にわろた。わいらの時はは行とさ行だったなぁ
    海野さん…男性は話を詰めるのが難しいっていうのが、もう…どうしたらええん??優しく言うても嫌がるし、言わにゃ言わんで逃げるし。謎
    宇多丸さん…言うことない(˙ω˙)読みやすかったしラジオのノリだった。
    酒井さん…この人ドライだなぁ。悪人にも石は投げないっていうフラットさ?人に期待しないとか干渉し過ぎないが一番だと改めて思いました、、、

    中々地方では難しいこともあるけど、女とは男とはこうあるべき、望ましいっていうのを取っ払って生きていっていいんじゃ!と感じられる本かな。

  • このタイトル、ポジティブな雰囲気があって好き 笑
    対談相手は変われど、いかに己にかかっている呪いを解くのか? をそれぞれがスーさんと真剣に話している。

  • 色々と参考になります。

  • ジェーン・スーさんと、個性や才能が豊かな方々との対談本。テーマは“多様性”だそう。

    気になった事だけ。

    中野信子さんが言われた“「仲良くしましょう」は、みんなの和を乱す者、その和から外れた者を許しませんという閉鎖性の表れ。「寛容性を高めましょう」というスローガンを掲げれば、かえってそれが不寛容の源泉になってしまう”は強く共感。

    また常々、男社会だと思っているが、男性は男子学「男性が男性であるがゆえに抱える悩みや葛藤といった問題を、社会構造や歴史的背景と関連づけて考察する学問」により、生きづらさを感じているのだと。


    性差別は日本の歴史と伝統からするとなくすのは難しそう。結婚する、しない、子供を産む、産まないで考えても、結婚したらしたで介護など老後の面倒を看る事が当然だと言われるのは夫の親で、妻の親は眼中になくほったらかしでいいと。子供は男子を産んだ嫁が偉いと訳のわからない理屈の押し付け。どちらを選択しても選ばなかった側の事はわからないし、子供を産んでも産まなくても、後悔してもしなくてもどちらでもいいけれど、他者のために役に立ちたい欲求で週末里親制度やエアー子育てには違和感。子供は結構鋭いですよ。個人個人の気持ちにもよるし、何もしないよりはいいのかもしれないけれど。

    我儘や個性と多様性をはき違えない事、受け入れる側は関心の持ち方の程度と器の大きさかと。
    スーさんの名言として「悩みのほとんどは我が儘か暇」本当にそうかも。


    何だかんだ言ってもスーさんはちゃんと女子なんだと、どの本を読んでも思う。
    タイトルに反して内容は堅かったけれど『私がオバサさんになったよ』このセンスは大好き。

  • ネガ過ぎず、ポジ過ぎず。人生、折り返してからの方が楽しいってよ!ジェーン・スーとわが道を歩く8人が語り尽くす「いま」。
    サクッと読んだけど、なんか、最近より貴様〜あたりの方が読んでいてめちゃくちゃ面白かったんだよな。スーさんも出し切ったって書いてる通り、あの当時のマグマみたいなものがなくなってきたのかな。私はそれが好きだったみたい。だから物足りない。あと今まで会ったことのある人と対談形式だから当たり前なんだけど身内ネタが多くて話についていけない感があった。中年女性、男性について論じるところはやはりスーさんの鋭さを感じました。

全44件中 1 - 10件を表示

私がオバさんになったよのその他の作品

ジェーン・スーの作品

私がオバさんになったよを本棚に登録しているひと

ツイートする