実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.60
  • (7)
  • (9)
  • (11)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 187
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344034631

作品紹介・あらすじ

即現金化アプリ「CASH」を70億で売却!
次から次へと狂ったビジネスを立ち上げる天才起業家の頭の中

すべてのビジネスは「実験」だ。
自分の考えたアイデアや仮説を「世の中」というビーカーにぶち込む。そこでどんな「火花」が散るのか?どんな「化学反応」が起きるのか?

実験なら失敗しても、それはひとつの「検証結果」なので、むしろ「価値」になる。

この考え方「実験思考」を身につければ、いまの「先が見えない時代」も失敗を恐れずわくわくして生きていける。


さあ、実験を始めよう。


「事業も含め、世の中のすべてのことはやってみないとわからないことだらけです。それならば、とりあえず打席に立ち続け、バットを振りまくったほうがその経験から得られるものも多いですし、あわよくばヒットかホームランも生まれるかもしれない。大切なのは「とにかくやってみよう」の精神です。本書によって、一人でも多くの人が「実験」をして、人生を遊び尽くすことができれば、ぼくにとっても最高です。」 (本文「はじめに」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイデアをメモ書きしランク付けしてビジネスを立ち上げる方法は思考整理にもなります。
    発想をビジネス書化する様はスティーブ・ジョブズさんみたいです。読んでいてドキドキしました。

  • 手にとった時、安っと、感じたのだが、この書籍の販売すらも著者の実験であった。
    世の中の不便さを感じたらメモしておき、常識とか固定観念抜きでゼロベースで仮説を立案、儲かる、かつ、狂っていると思われるビジネスを立ち上げていく。
    そのビジネスは著者にとっては実験であり、結果を楽しみにしているだけである。
    東京都港区に住む人とは異なる、地方に住む一般家庭、すなわち、99%をターゲットにできる、大きなビジネスを考える。その場合、シンプルさ(小難しくない)が求められる。また実験結果としては世の中性善説で成り立っていることに気づいたという。今後人は考えずに行動できるようになっていくことも見据えている。また世の中の動向には注視し、半歩先(1年後ぐらい)で流行るであろうサービスを展開していく。これは10年も前にカーシェアリングのサービスを展開した際の失敗に起因している。
    加えて、筆者は得意なことのみに注力し、苦手なことは他者に任せる。そのため、得意なこと、苦手なことを明確に把握している。
    なかなか自身では至ることがない大胆な考えを著者は持っており、少しでも自身の日常生活に実験思考を取り入れていければと考える。

  • 仮説ドリブンのために全てをかけたいって気持ちに共感しました!

    ・違和感をスルーしない
    ・インターネット村の住人にならない

    上二つはパワーワードすぎる。。

    ・サービスに「最高」の感覚があれば成功する
    ・悪 い人が何割いるか見積もっておく
    ・「悪い人を疑うコスト」をスキップする
    ・倉庫どうするかとか想定していなくてもなんとかいく

    上4つは共感+もっと日本で浸透してほしい!


    未来について共感
    ・思考停止系が流行る
    ・衣食住は無料になる
    ・エンタメが強くなる
    ・暇になる
    ・所有する人所有しない人に分かれる

    未来について斬新
    ・スポーツはなくなる

  • そのレベルでバイアスを壊すんだと驚いた。性善説をベースに作ったプロダクト
    実験思考も共感できるが、紹介されてるサービスがとても刺激的

    CASH 目の前のアイテムが瞬間的にキャッシュに変わる
    STORES ただでお店が作れるサービス
    TRAVEL now
    WORK 給与先払いサービス

    世の中、思考停止に向かっている
    エンタメが強くなる

  • 起業家の頭の中が覗ける。
    全ては実験。
    市場の選択とタイミング。

  • 世の中アイデアを出す人はたくさんいるけど、
    この人の凄いところはまじで全部やっちゃうところ。

    結局行動力がまじで大切なんだと思った。

  • 典型的ENTP@MBTI。シャワーとランニングばっかりしている、その方がアイディアが湧くからという部分に共感。創造的なアイディアを出すにはスマホやパソコンから離れて頭を空っぽにすること(孵化)が大事。

  • #実験思考 読了!具体の販売・流通でやる"実験"もぶっ飛んでて最高だけど、中身も面白かった。無駄が一切ない、ソリッドなのに柔らかい。竹村さんならではの筆致で『ぼくらの仮説が世界をつくる』を彷彿とさせる。パート3の怒涛のアイディアシャワーは圧巻の一言。

  • BANK光本さんが普段どんなことを考えながら生活しているかについて書かれた本。本の価格自体を無料にしている実験思考というところがすでに面白い

    特に「思考停止」「性善説」を哲学に考え続けるのは面白いなと思いました

  • ビジネスのアイディアが万歳だった。
    半歩先を歩く、は個人的にも意識していること。いちど会社員になってみることがその後に活きてるのね。
    光本さんの次のビジネスも楽しみ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

光本勇介(みつもと ゆうすけ)
株式会社バンク 代表取締役兼CEO。2004年青山学院大学卒業後、オグルヴィ・アンド・メイザージャパン入社。2008年ブラケット(現ストアーズ・ドット・ジェーピー)を設立し、代表取締役兼CEO就任。2013年ブラケットをスタートトゥデイ(現ZOZO)に売却。2016年MBOを実施し、ブラケット取締役会長に就任。2017年バンクを設立し、代表取締役兼CEO就任。2017年「CASH」をリリース、その後DMM.comへ全株式を売却。2018年MBOを実施。2019年5月9日、『実験思考』を刊行。同書は、紙版は原価390円、電子版は当初0円、購入後の読者が値段を決めて支払いする形態をとることが話題になっている。

実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)のその他の作品

光本勇介の作品

実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする