共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

著者 :
  • 幻冬舎
3.70
  • (9)
  • (19)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 268
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344034723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 継続は力なり

  • いや〜〜〜ゆうこすすごいしかわいい応援してる
    「地道に続ける」ことがいかに難しいか

    DCPA発信サイクルで発信スピードを速くする話
    いろんなことに活かせそう
    初動の速さって大事だよなあ

    巻末に本に関わった人のクレジットが
    たくさん乗っていて、
    こういうところだよな〜(拍手)と思った

  • 悔しいけど1人のビジネスマンとして大きなお金を動かしている。
    この本はこれからの個の時代にどう"丸く尖れる"か、自分のブランディング方法がわかる。
    ただそのためにはWhy?を繰り返す自己分析が必要で
    そこからストーリーが生まれ、共感が生まれていく。
    好きなことを極める。それがニッチな世界で尖る事となり仕事に繋がっていく。


  • 【共感SNS】

    お友達おすすめ

  • SNSで個人として活躍したい、ファンを獲得したい、お金を稼ぎたいと思っている人には最適な本。

    ゆうこすさんがかなり失敗もふくめた経験をもとに、戦略的に成り上がっていったということがよくわかる。

    かなり簡潔にまとめられているし、具体例もまじえながらのリアルな言葉での記述なのですっと理解できる。

  • ・熱度の低いフォロワーではなく、数人でいいのでコアなファンを作ること。

    ・どんな人が自分をフォローすべきなのかわかりやすくする

    ・自分のアカウントではよう言わんけど、実は言いたいこととかがRTされやすい(代弁)

    ★コアなファンができてきたら、ファン同士を交流させることも大切。さらに熱量があがる

    ★商品作りの一部でもいいからファンを巻き込んで一緒に作ると、壁がなくなる。次にやる配信のテーマをアンケートで決めたり、バナーやサムネイルを作ってもらったりとか。

    ・どうやって応援してほしいのか具体的に伝えること

    ★PDCAじゃなくてDCPAで回す。とにかくまず動いてその結果をもとに作戦をたてる

    ★ファンを作って、影響力があるうちに自分の商品を作って、その商品作りをファンと一緒にやるのが理想
    →これマーケッターみんな言う

  • 面白くて一気に読んだ!
    ここまでフォロワーのこと、伝えたい相手のことを徹底的にリサーチしまくって発信してたんだ…と感服した。
    それくらい伝えたい!と思うこと、自分がのめり込めることを、ニッチでいいから見つけたいな。

    あとスピード感、PDCAを高速で回して失敗してもやり続けること、ファンを作って巻き込むこと。こうやって書いてみると、SNSというよりも経営の指南書、人生の指南書かもしれないな。

    そして、カバー外してみたら本自体も可愛かった♪

  • ゆうこすこと菅本裕子ちゃんがSNSを活用して、どのように色々な仕事を創り出していったのか、その裏側や活用のコツが詰まった1冊。読み終わってから、前田裕二さんの「人生の勝算」を読み終わった時と同じ熱量を感じた。とにかく一生懸命で、ものすごい勢いでPDCAを回して、仕事を作り出していく力。
    ゆうこすが人気になったのは、そもそもかわいいという要素も絶対的にあると思うけど、それを除いてもSNSでのユーザーとのコミュニケーションの取り方という意味では、参考になる点が多かった。
    ゆうこすは2017年の終わりくらいから(きっかけは忘れてしまったけど)注目して見ていて、ライブ配信もよく見ていたので、ここまで愛されて、企業コラボもたくさんして、自身のブランドも立ち上げてすごいなーという気持ち。ゆうこすのライブ配信を見ると元気をもらえるので、これからも応援したい。

著者プロフィール

(菅本裕子)1994年5月20日生まれ。モテるために生きてる。「モテクリエイター」「SNSアドバイザー」。タレント、モデルとしても活躍し、20代女性を中心にInstagramで紹介した商品が完売するなど、カリスマ的人気を誇る。Instagram、Twitter、LINE@、YoutubeなどのSNSのフォロワー76万人。SNSを駆使した自分プロモーションで、ファンを広げ続けている。

「2017年 『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創るのその他の作品

ゆうこすの作品

ツイートする