亡くなった人と話しませんか

著者 :
  • 幻冬舎
3.37
  • (7)
  • (18)
  • (13)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 210
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344035591

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 占いは信じないタイプなので、この本に書いてあることが事実であるのかは私にはよくわかりません。

    ただ読めば精神衛生上良いのではと感じます。
    故人とどう付き合っていくか、感謝を忘れないであったり、悪口を言わない等が記載されています。
    私自身も亡くなった祖父母のことを思い出し涙してしまいました。

    温かい気持ちになれ、心がスッとする本でした。

  • 『感覚』的なものはスピリチュアルであるためあまり信じられない時代であるが、そういうものに気をつけることの大切さを知った。人生はハンドルのようなもので力を緩めると元に戻るという言葉が非常に印象に残った。どうせ戻れるなら安心して色々なことに挑戦して行こうと思えた。

  • 母からの押し貸しで手元にやってきました。
    スピリチュアルテラーとして活躍されている著者の、多くの人が知りたいと思う死後の世界について記された本。
    賛否両論、別れそうな内容かもしれませんが、
    (・_・D フムフム、なかなかどうして、私は読みやすいと思いました。

  • 亡くなった人と話しませんか。サトミ先生の著書。亡くなった人と話したいというのは誰もが持つ願望。亡くなった人がどうしているのか、亡くなった人が何を思っていたのか、亡くなってから聞きたいと思う人だって多いはず。自分が亡くなったらどうなるのか、天国に行くのか地獄に落ちるのか。亡くなった人と話してみたい。

  • 題名を見て面白そうだと思い購入しました。
    生きる上で大切なことが何なのかというところでスッと胸に染み込んできました。
    どうやって生きていけばいいのだろうと悩んでいた時だったので、これからのヒントになる事が書いてありとても参考になりました。

  • 死んだ人と話すは前半で後半は、ちょっと違うようなお話でした。

  • うーん、ズバリ「中身か薄ーい」本でした。残念。オカルト、スピリチュアル好きの琴線にほとんど触れない内容で、途中から飛ばし読みであっさり読了。

  • どこかで観たり読んだことがあるような内容だけど、スピリチュアルとはこういう物かも。心が弱っている時は救いになりそう。
    丹波哲郎の大霊界のようなところもあつた。

  • スピリチュアル。

    著者に会って私も死んだ人と話したいなー。
    死んだ後のイメージなんとなく掴めた。
    でも日本人は仏教的な考えだから三途の川とか
    あるけど世界の他の宗教の人はどうなんだろ。

    信じる宗教によって違う?

    やっぱり無になるのかなぁ

  • 霊能者と言っても良いのでしょう、そんな能力を持った著者が、人生の生き方を指南した一冊。

    死者と話せることを通して、ご先祖様や周りの人、物、朝を迎えられることへの感謝を提案している。出来れば、言葉で。また、精一杯生きる、自分に嘘をつかない、当たり前のことなんだけどできてない自分に気付きました。

    手元に置いて、何度も読み返したい一冊です。

全21件中 1 - 10件を表示

サトミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

亡くなった人と話しませんかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×