さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方

  • 幻冬舎
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344036161

作品紹介・あらすじ

やめてみることは、自分を肯定することでした。
シリーズ累計25万部突破の最新作! 

サンダルやアイロン、化粧ポーチにクレジットカード。
サークル活動を続けるかどうか、そして夫との共同貯金まで。

「こうあるべき」をやめてみたら、
自分を抑えず、本当にやりたいことが見えてきたーー
大人気シリーズ、待望の完結編です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あとがきを読んで、ぽんさんの字のうまさに感動。
    クレカの持ち過ぎは勿体ないよね(´ω`;)

  • 本当の友達、の話が一番心に残りました!

  • シリーズ完結らしい。
    モノ関係よりも人間関係の方が今回は心に残った。
    自分もグループに所属したらずっとウジウジしがちなので。。

    旦那さまとの色々も。察してをやめてみる、難しい。
    待ち合わせ時間を決めない、とかも参考になる。
    〇〇できない人は苦手!ではなく、〇〇が苦手な人もいる、という考え方。
    多様性と寛容。最近こればっかだけど、今の自分やが必要と思うから、どんな本からでも出てくるキーワードになっているんだな、と気付く。
    お互いの友達との付き合い方もあるあるで大きくうなずく。
    なんだかスッと心に入ってくるライフハック?
    楽しく読みました。

  • ノンストップで紹介!
    「こうあるべき」をやめてみたら自分を抑えず本当にやりたいことが見えてきた。人気シリーズ待望の完結編!

  • わたなべぽんさんの「やめてみた」シリーズの最新作。
    今回は「家族で、やめてみた」の章が良かったなぁ。お互いの友人や家族との人付き合いの話は、我が家も1回揉めたことがあったので分かるー!ってなりました!
    察して欲しいの話も心当たりアリ笑
    多分前よりだいぶマシになったけれど、やっぱり言葉で普通にちゃんと伝えるのがいちばんですよね。

    ささいなことにもちゃんと向き合い、小さな改善を積み上げて行くことでどんどん自信をつけて自分らしく輝いていくぽんさんを見ていると、何か前向きな気持ちになれますね!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞を受賞しデビュー。著書に、AVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験をコミカルに描いた『桃色書店へようこそ』、作画を手掛けた『隠すだけ! 貯金術』『家計簿いらずの年間100万円! 貯金術』、自身のダイエット経験を綿密に描き大ヒットとなった『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』『初公開! スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術』、汚部屋脱出の体験を描いた『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』『面倒くさがりの自分を認めたら 部屋がもっとキレイになりました』、身近なモノコトを減らす生活を描いた『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』、「自分のことが嫌い」という感情を克服していく過程を描いた『自分を好きになりたい。』などがある。

「2020年 『さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

ツイートする