リボルバー

著者 :
  • 幻冬舎
3.86
  • (411)
  • (795)
  • (500)
  • (56)
  • (13)
本棚登録 : 8537
感想 : 656
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344037694

作品紹介・あらすじ

ゴッホの胸を撃ち抜いたのは誰だ?
オークション会社に持ち込まれた一丁の錆びたリボルバー。
「ゴッホの自殺」。アート史上最大のミステリーに迫る傑作長編誕生。

あらすじ

パリ大学で美術史の修士号を取得した高遠冴(たかとおさえ)は、小さなオークション会社CDC(キャビネ・ド・キュリオジテ)に勤務している。週一回のオークションで扱うのは、どこかのクローゼットに眠っていた誰かにとっての「お宝」ばかり。
高額の絵画取引に携わりたいと願っていた冴の元にある日、錆びついた一丁のリボルバーが持ち込まれる。
それはフィンセント・ファン・ゴッホの自殺に使われたものだというーー。

「ファン・ゴッホは、ほんとうにピストル自殺をしたのか?」
「――殺されたんじゃないのか? ……あのリボルバーで、撃ち抜かれて。」


※実際の書籍のカバーは異なります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初の、そして念願の!原田マハさん!
    そしてそして久しぶりに感想を書くので上手くまとめれるだろうか。。

    芸術鑑賞は好きなんですが、
    特に好きな画家もおらずただ色んな美術館に行くぐらいで、
    ゴッホにもゴーギャンにももちろん詳しいわけがなく。。専門用語も知らないのです。

    芸術系の小説を読むのが初めてということもあり
    数ページ読んだ時点で、
    あれ、これ読了できるのかしら。
    と不安になったんだけど、
    やはり皆さんが絶賛している作家さんなだけあっていっき読みでしたm(__)m

    プロローグからエピローグまでが完璧すぎる。
    この一言につきます。

    オークションに出品したいとゴッホに関するある物が持ち込まれたことで、
    ゴッホとゴーギャンの関係性が徐々に明らかになっていく。

    とても苦しくて切なくて重い物語なんだけど、
    愛、友情、嫉妬、生命、
    なんといっても絵画へのただならぬ情熱を感じます。

    誰も到達できない彼方のレベルに達したいという強い願望のあまり、
    ゴッホもゴーギャンも心身ともにボロボロなんですね。
    でわ、不幸であったかというと、そうでもなかったのかもしれません。

    フィクションにしろ、
    そんなことを頭に入れて改めて絵をみると
    また違うものを感じられるかもしれないです。

    この作品の感想、
    私がサボらずに読書をして感想を書き続けていたら
    伝えたいことをもっと上手くまとめれるのに。。泣

    さぁ、まんまと原田マハさんにハマったところでさっそく違う作品をポチってしまいました。
    また読書生活の日々に戻ります( ^ω^ )

    • アールグレイさん
      Manideさん★こんばんは
      しおりさんのレビュー下で、夜遅くに失礼します。

      風が強く吹いている!それは私の大好きな本です!私は箱根駅伝が...
      Manideさん★こんばんは
      しおりさんのレビュー下で、夜遅くに失礼します。

      風が強く吹いている!それは私の大好きな本です!私は箱根駅伝が好きなのです。他の駅伝も・・・
      なので、羨ましいです。実は、図書館本で読みました。返すことが惜しくなりました!自分の本なら良かったのに・・・と。
      最初から面白そうな本は購入本にすればこんなことにはならないのにね。
      good night(-_-)Zzz

      2023/09/02
    • Manideさん
      アールグレイさん、おはようございます。

      風が強く吹いているは、いいですよね。
      自分が停滞しているときに、背中を押してくれる作品となってます...
      アールグレイさん、おはようございます。

      風が強く吹いているは、いいですよね。
      自分が停滞しているときに、背中を押してくれる作品となってます。また、最近読んでいないので、今度読んでみたくなりました。


      SHIORIさんのレビュー下で、、というのが笑っちゃいました。しかも、リボルバー(^^)。
      昨日、コンビニ兄弟3が発売日で、本屋さんに行ったんですが、コンビニ兄弟の本の横に、リボルバーの文庫が並んでいて、「おっ」と思ってました。今回購入しませんでしたが、今度読んでみたいと思います。
      2023/09/02
    • SHIORIさん
      アールグレイさん,Manideさん,こんにちわ^_^

      『風が強く吹いている』初知りです!
      コンビニ兄弟も気にはなっていたんですが読んだこと...
      アールグレイさん,Manideさん,こんにちわ^_^

      『風が強く吹いている』初知りです!
      コンビニ兄弟も気にはなっていたんですが読んだことがないんです
      皆さんのレビュー読んできます♪

      これはネットでポチポチが始まる予感。。
      2023/09/02
  • パリ八区にある、小さなオークション会社「キャビネ・ド・キュリオジラ」(CDC)に勤務する高遠冴(さえ)。
    冴は大学で美術史を学びゴッホとゴーギャンのアルルにおける相互影響についての博士論文を書いています。

    冴の元に50代のサラ・ジラールと名乗る女性が一丁の拳銃(リボルバー)を持ってきます。
    サラは「このリボルバーはフィンセント・ファン・ゴッホを撃ち抜いたものです」と言います。
    オークション会社社長のギローは「ゴーギャンがゴッホに対する嫉妬から撃ち殺したのなら辻褄が合う」などと言い出します。
    冴は、「ゴッホとゴーギャンは表面的に反目し合うことはあっても、心の底では深い友情で結ばれていたのでそれはありえない」と言います。

    2011年にはアメリカで『ファン・ゴッホの生涯』というゴッホの他殺説の本が出ているそうです。

    この本はフィクションですが、あり得たかもしれないゴッホとゴーギャンのもうひとつのサラという女性の物語です。

    この本の主人公である冴とサラ、そしてこの作品の作者である原田マハさんの願い。
    フィンセントも、ポールも、決して不幸のうちに人生を終えたのではなかったと信じたいという気持ちが伝わってくる奇跡の一瞬をとらえた物語でした。

    • まことさん
      ゆうママさん。
      再度ありがとうございます!
      やはり、ブクログのレビューを見るをタップすると、レビューを書いた方全員の全文が出てくるのですが。...
      ゆうママさん。
      再度ありがとうございます!
      やはり、ブクログのレビューを見るをタップすると、レビューを書いた方全員の全文が出てくるのですが。
      やり方が違うのかな?
      諦めますので、大丈夫です。
      何度もお手数おかけして、ありがとうございました。
      2021/06/19
    • アールグレイさん
      まことさん、お節介で申し訳ありません。
      今日から、週間ランキングが変わっています。皆さんのレビューが見られるようですが、いいね順、先着順と変...
      まことさん、お節介で申し訳ありません。
      今日から、週間ランキングが変わっています。皆さんのレビューが見られるようですが、いいね順、先着順と変えて見ることができるようで。
      ・・・・大変お騒がせ致しました。
      これに懲りず、これからもよろしくお願いします!
      _(._.)_ ペコリ
      2021/06/19
    • まことさん
      ゆうママさん。
      いえいえ、とんでもありません。
      御親切どうもありがとうございました(*^^*)
      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお...
      ゆうママさん。
      いえいえ、とんでもありません。
      御親切どうもありがとうございました(*^^*)
      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします!
      2021/06/19
  • たゆたえども沈まずがとても好きだったため、同じように入り込んで読めた。
    ゴッホとゴーギャンがより身近に感じられ、美術への興味も増した。
    何日かに分けて読んでも日が変わるたびにこんがらがらないシンプルな構成も今読む分にはとてもありがたかった。

    ただ、たゆたえども沈まずもそうだが、序盤のストーリーに入り込めるまでは少し読むスピードが落ちてしまう。
    また、少し専門的な話も入ってくるため、しばらくしたら内容を少しずつ忘れてしまいがち…

    しかし、心があたたかくなる話で、たゆたえども沈まずとあわせてまた読みたいと感じられた。

  • 本人も知らないうちに始まっていた「第一回原田マハさん強化月間」も本作『リボルバー』でひとまず終了としたいと思います

    なぜって?
    原田マハさん大好きなんですが、さすがにちょっと飽きてきましたw
    (この一ヶ月ちょっとで原田マハさん8冊も読んでました)

    もうお腹たぷんたぷんです
    ファミレスのドリンクバーでメロンソーダ飲みすぎた放課後の高校生みたいなことになってます

    たぷんたぷんです『ハラダバー』で、なんちて

    さて『リボルバー』です

    ゴッホを撃ち抜いたリボルバーがオークション会社に持ち込まれ、その真贋や価値の調査を進めていくうちにゴッホとゴーギャンの間の知られざる真実が明かされる
    というストーリーなんですよね

    で、いつも自分は原田マハさんのアート系の小説を読み終わると予備知識なしで読んだ時にどう感じるかという視点で偉そうなレビューを書くんですが
    今回ゴッホもゴーギャンも予備知識ばっちりだったんですよね
    もう、ここまで原田マハさん読みまくったらそりゃあ多少は詳しくなりますよね〜

    ……ん?

    違う違う!積み上がってるのは原田マハさんというフィルターを通した知識だけだ!
    危なっ!w

    普通にノンフィクション感覚で読んでた
    これぞ原田マハマジック!

    • ひまわりめろんさん
      なおなおさん
      こんばんは!

      ちなみにクリスティのキャンペーンはまだ継続中ですよ!次は『ねじれた家』を読む予定です

      いろいろ名前付けるのが...
      なおなおさん
      こんばんは!

      ちなみにクリスティのキャンペーンはまだ継続中ですよ!次は『ねじれた家』を読む予定です

      いろいろ名前付けるのが好きなんでしょうねきっと(他人事)
      そういえば昔自転車とかに名前付けてました(これは微妙に違うか?)

      マハさん是非手にとって下さい〜
      2022/06/08
    • さてさてさん
      ひまわりめろんさん、こんにちは!
      そうですか。”原田マハさん強化月間”を展開されていたのですね。私は7月30日から一週間で三冊の”プチ強化週...
      ひまわりめろんさん、こんにちは!
      そうですか。”原田マハさん強化月間”を展開されていたのですね。私は7月30日から一週間で三冊の”プチ強化週間”です。
      おっしゃる通り、流石の原田さんの作品でも一気読みすると、お腹いっぱいになるのは分かります。私の場合、8月3日公開予定のレビューで原田さん30冊目になりますが、2年ちょっとかかりました。多作の原田さんなので、それでもコンプリートはまだ遠いです。
      ひまわりめろんさんの”第二回”の開始も楽しみにさせていただきます!
      今後ともよろしくお願いいたします!
      2022/08/01
    • ひまわりめろんさん
      さてさてさん
      こんにちは!

      そうなのです
      そして今は懲りずに「森沢明夫さん強化月間」を絶賛開催中です

      マハさんは大好きな作家さんなので間...
      さてさてさん
      こんにちは!

      そうなのです
      そして今は懲りずに「森沢明夫さん強化月間」を絶賛開催中です

      マハさんは大好きな作家さんなので間違いなく第二回はあると思います

      こちらこそよろしくお願いします
      2022/08/01
  • 思い出せない!

    あれよ!

    あれ!

    え〜っと…!

    あの銃よ!

    ゴッホが自殺の際に使用した拳銃よ!


    コルト ガバメントM1911?

    それは1911年以来、100年以上もアメリカ軍で使われ続け、未だに現役というとんでもない銃
    けど、ゴッホが自殺したのは1890年だから、この銃はまだ製造されてなーい!


    IMI デザート・イーグル?

    それは世界最強のハンドガンの呼び声が高い拳銃
    ゴッホは自殺を図った二日後に死亡したからこれもちがーう!
    だって、世界最強で撃ったら即死だろ!


    ベレッタ M92?

    それはスマートな外見で、女性に持たせると妙に絵になるの銃!
    ゴッホには似合わないからちがーう!


    ワルサー P38?

    それはルパンの銃!


    思い出した!
    あれだ!あれ!

    ルフォーショーのミリタリー・リボルバー!

    そのリボルバーがオークション会社に持ち込まれた
    それは本当にゴッホが自殺に使用した銃なのか!?

    マハさんが書く物語はどれも史実ではないのかと思ってしまう…w

    このリボルバーとともに歴史に残されない真実を知りたいなら一発ブッ放してみよー!

    • ゆーき本さん
      ヽ(´Д`;)ノヽ(´Д`;)ノ アセアセ 笑
      ヽ(´Д`;)ノヽ(´Д`;)ノ アセアセ 笑
      2023/12/01
    • ゆーき本さん
      あ! イチさん『も』じゃなかった。
      わたし銃マニアじゃない笑
      あ! イチさん『も』じゃなかった。
      わたし銃マニアじゃない笑
      2023/12/01
    • 1Q84O1さん
      ゆーき本さん、おはようございます!
      マハさんは昔よく読みましたよ〜
      今回は久しぶりのマハさんでしたw
      これを読むならもれなくS&W M19 ...
      ゆーき本さん、おはようございます!
      マハさんは昔よく読みましたよ〜
      今回は久しぶりのマハさんでしたw
      これを読むならもれなくS&W M19 コンバット・マグナムを贈呈します!
      それは次元大介の銃!w
      2023/12/01
  • 「たゆたえども沈まず」を読み、ゴッホについて知った後だったので、すっと世界にはいることができました。何かアナザーストーリーのような続編に出会えてよかったです。
    何より芸術の世界、とりわけゴッホやゴーギャン、テオの気持ちに迫れたのがよかった。「彼らは乗り越えたのだ。剣のごとくとがる苦難の峰を」「待ってられないんです。時代が彼に追い付くのを」「この生命に満ち溢れる世界を描き続けるために」孤独のなかで、こうしたものと戦い続けていたのかと、彼らの烈風のような人生を覗きえた気がします。これは、自分が想像だにしないことで新鮮でした。
    ミステリー要素を中心のストーリーにも引き込まれていき楽しめました。
    私は時代を切り開く芸術家の生き様、そこから得られる歴史の教訓にとても心を打たれました。
    新しい世界の扉をまた一つ開いてくれた一冊です。

  • 個人的に美術史に疎いからか、歴史視点でみると面白かった。ただ、ミステリーが弱く、バランス悪く感じた。もっと先を早く読みたいと感じさせるものが必要だったのでは。辛めに星3つ。

  • ゴッホの死の謎に迫るアート・ミステリー。
    誰が引き金を引いたのか?

    史実とフィクションを織り交ぜて、ドラマチックなストーリーを仕立ててしまうところはさすが。原田マハさんのアートに対しての愛情がひしひしと伝わってきてほっこりする。

    ただ、なぜか僕自身は盛り上がることなく淡々と読了してしまった。なぜだ…
    ちと寂しいが、絵心ないからな。
    仕方ないのかな…

    でも、タイトルと装丁はすごく好き。
    飾っておきたくなる。

    表紙の絵のゴッホの「ひまわり」、いつかしっかりと鑑賞したいなー、と思った。

  • 読んだ~~終わった~という感じ・・・・
    「リボルバー」は、私にとって原田マハ
    さん2冊目には早過ぎたか?と思って
    いる。でも、ゴッホとゴーギャン、勉強になったことだけは確かだ。

    私は美術館が好きだ。
    ベンチに座ってぼーっと眺めているのが
    一番好きだ。何よりの癒しだと思う。
    ゴッホの絵で好きなのは、「夜のカフェテラス」「ひまわり」も嫌いではない。
    だが、絵を描くことは苦手、忘れもしない中2の時に1度、2をとった苦い経験
    がある。


    本の中で、ゴーギャンはゴッホの部屋の
    壁に掛かっていた、ひまわりの絵を見て
    驚いたと書いてあった。フィクション
    かも知れないが、ゴーギャンはタヒチで
    庭に種を蒔き、花が咲くと、ゴッホと同じ15本のひまわりを描く。ゴーギャンはゴッホをどう思って、同じような絵を描いたのか?
    この事が美術史上、実際に起きていたら
    と思うと、何と言い表せば良いのか。

    日本に憧れ、美の理想郷を求めていた
    ゴッホ。
    世間をあっと言わせよう、と足搔いた
    ゴーギャン。
    ふたりは幸せだったか?子孫、サラがいることを考えるとゴーギャンの方が?

    ゴッホは自殺をしたと言われている。
    ゴーギャンが銃で打ち抜いてしまって
    いたら、歯車がひとつずれてしまっていたら、歴史が変わっていたかも知れない
    のでは?と思ってしまう。


    2022、7、18 読了

  • ゴッホもゴーギャンも名前を聞いたことがある程度。
    絵を描くことがホント苦手なので、美術にそこまで興味がわかない。でも原田さんの作品を通していろいろ教えてもらっています。
    本作も史実と謎解きの境目がどこなのかわからずとも、『あー、これがゴーギャンの絵なのね』ってつぶやく機会が欲しくなりました。

    ちょっとトンチンカンですけど、真贋出来る人って凄くないですか。その能力もさることながら、ある意味 「歴史を塗り替える」わけで。

    さて、当のリボルバー、落札価格約2千万円とのこと。
    思ったより、、、

全656件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。森美術館設立準備室勤務、MoMAへの派遣を経て独立。フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年『カフーを待ちわびて』で、「日本ラブストーリー大賞」を受賞し、小説家デビュー。12年『楽園のカンヴァス』で、「山本周五郎賞」を受賞。17年『リーチ先生』で、「新田次郎文学賞」を受賞する。その他著書に、『本日は、お日柄もよく』『キネマの神様』『常設展示室』『リボルバー』『黒い絵』等がある。

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×