上と外〈5〉楔が抜ける時 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.55
  • (70)
  • (91)
  • (242)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 768
感想 : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401105

作品紹介・あらすじ

革命新政府は「楔が抜けるまでこの状態は続く」と発表。が、この「楔」は何を意味するのか?賢と千鶴子はヘリコプターでの捜索を開始したが困難をきわめた。一方、練は勇気と機転で「儀式」を終え、すぐさま軟禁中の千華子のもとに向かうが…。その時、国全体をさらに揺るがす、とんでもないことが起こりつつあった。面白さ最高潮の第五巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 続きが気になって一気に読んでしまった。楔が抜けるってそう言う事か!
    後は最終巻のみ。どうかみんなが無事で、練とニコが一緒に東京でもんじゃを食べれますように。

  • 成人式は終わっていなかった。思ったよりあっさり終わったが、なかなか緊迫感があってよかった。ニコがイケメン過ぎる。ニコの正体はいったい何なんだろうか。
    千華子も単独行動を始めてハラハラさせられたし、親組も行動を開始し盛り上がってきたので、次巻が楽しみ。

  • 緊張感が徐々に増して面白くなってきた。魂を抜かれていたような千鶴子かあさんも活力が漲り、練も千華子もそれぞれ命懸けのサバイバルを遂行する。
    ラストがなんとなく見えたような…いい意味での作者の裏切を期待したい。

  • 5巻目。

  • 感想は最終巻。

  • 再読。次から次へと危機がやってくる。そしてクーデターでたちあげられた政府はすごい。もうすぐこんな政府ができてもおかしくないような。

  • みんなそれぞれ戦っている。
    クーデター・成人式・楔・・・。多くの謎を抱えたまま終局へ。

  • 成人式の時間の練パート、読んでる自分まで恐怖を感じた。
    さすが王、存在感がある!
    無事に成人式を終えてホッとしてもチカが迷子になってしまって家族は無事再会を果たせるのか・・・?
    大人たちも捜索に必死。クーデター関係とマヤ文明が最終的にどう絡んでくるのかも見どころです。

  • とっても読みづらい6分冊。
    なんで書き下ろしなんてしたんでしょ?
    1巻目は話がつかめず。
    自分の親のことを賢とか千鶴子とか呼んでるし、場所がどこなのか、時間軸がどうなっているのか、状況を把握できなくて。
    でも1巻目の最後で衝撃的な出来事発生!
    それからはとんとん乗って読めた。
    あんまり出番ないけど、じいちゃん良い味出してる。
    あまりにも大人過ぎる中学生の練がじいちゃんに会ったときに子供らしくなったのも、そのギャップが良い。
    今まで読んだ恩田作品の中で突出して良いとは思えないけど、まぁぼちぼち。
    中学生ぐらいの子供が読むには良いかな。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞、『蜜蜂と遠雷』で直木賞と本屋大賞を受賞。その他『木漏れ日に泳ぐ魚』『消滅』『ドミノin上海』など著書多数。

「2021年 『SF読書会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

上と外〈5〉楔が抜ける時 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×