詩人ケン (幻冬舎文庫)

著者 : 業田良家
  • 幻冬舎 (2001年8月発売)
3.07
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344401389

詩人ケン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自虐の詩の作者、残念、つまらない。

  • 自虐の詩つながりでよんでみた。自虐の詩ほどインパクトはないなぁ。でも、たまに読み返したくなる本。情に深く、情に厚く。

  • 自虐の詩の業田 良家の漫画です。
    個人的にはこっちのが好きです。そんなんばっかですが。

  • ケンさん、めっっっちゃかっこいんすけど!!!やっぱ業田さんてすげー。やべー。no imageだったからこっちにしたけど、マガジンハウスのほうを買いました。しょっぱなの「素敵なマリア」もすごく好き。最後のコマが。

  • 再読

  • 業田良家と言えば「自虐の詩」って人も多いと思うんだけどあたしゃコッチのほーがアティチュードがあってピリッっとキタかな。

    基本的にキチンとアレはアレでギャグが多く入ってたってコトを考えればコッチはギャグは極めて少ないし、最後のオチの付け方もどーなんだ?って部分も無くはナイケド音楽と同じでそーゆー問題ばかりでは語れない部分もあるし、最後話しが息子の話しに移る辺りも色々な徒然を感じるし。

    何より最後の息子・ランボーの何とも言えない笑顔、アレだけでイイじゃない?

    作中に入る詩も何とも言えずイイんだよね。

全6件中 1 - 6件を表示

詩人ケン (幻冬舎文庫)のその他の作品

詩人ケン (Mag comics) 単行本 詩人ケン (Mag comics) 業田良家

業田良家の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

詩人ケン (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

詩人ケン (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする