月の裏側 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.26
  • (151)
  • (382)
  • (976)
  • (171)
  • (37)
本棚登録 : 3713
レビュー : 432
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホラーといえば救いがあるのがお決まりだけれど、この小説には救いはない。救いを求めてヒーローを待っていても、なすがままになるので、救いはない。だからか、フィクションなのに、リアリティを感じてしまい、窓を開けて眠るのが怖い。

  • じっとりとどこかで水を感じさせる文章がじわじわと怖くなる。違和感、恐怖が積み上がりそれが効果的に表されている、大変魅力的な作品だ。追い詰められていくキャラクターの一人称にどきりとさせられた。不気味で心地悪さを感じるが心地よい作品でした。

  • 面白かった!
    途中ゾクゾクした

  • なんだろう…妖怪?怪談?
    想像すると結構気持ちの悪い感じですが、
    不思議な話。

    梨木香歩さんのぬかみそを思い出した。
    「沼地のある森を抜けて」

    なんか、苔むした暗〜い空気を感じる
    そんなお話でした。ちょっとこわい。

  • 姉の友人が貸してくれた。
    夜のピクニックが期待外れだったのでそれ以来読んでなかったけど、これは面白かった。
    ラストがモヤっとするのは好き嫌いが分かれそうですが、私は好き。

  • タイトルだけで選んで、前情報なしで読んだ。途中からすごい勢いで世界に引き込まれた。
    読み終わってから、自己解決に時間がかかる。

  • 箭納倉という舞台が日本のどこかにひっそりと存在してるのではないか。
    また、日本のどこかで、こういうことが行われてるのではないのかと思ってしまうほど、妙にリアリティがあったなぁ。
    盗まれているのは自分なのか、周りなのか…

  • こっわ!文中に出てきたけれど、ハリウッド映画なら原因を突き止めて退治!ハッピーエンドでやったね!世界は平和になった!なんだろうけれど、そこは日本の作品読んでいて劇的なピンチやら何やらは無いけど、寝るのが怖くなる。そんな作品。雨の日に1人で読むのはお勧めしない笑

  • んんんー...難しい...

    総論は、
    わからないこと、説明できないことがあってもいいんだよ、ということ、でしょうか...。

    読んだだけの感想だと、感情移入できないです。入り込めない。世界観にも浸れず、キャラクターも平坦、もしくは変に突飛で、立ち上がってくる感じがつかめませんでした。あと、高安さんの独白のとき、カッコ書きが多すぎてシナリオ読んでるみたいに引いてしまいました。小説のたぷたぷ感がもっと欲しかったです。

    多聞はそういう人、という設定なのだと思うのですが、掴みどころのなさの表現がこう...え?となったり、藍子急に多聞に感情爆発させすぎだし、「母をなくし、人に頼るという選択肢のないまましっかりした子が大人になった」という背景ならもっといびつな感情がありそうだし(これは私の偏見ですかね)、実は多聞を愛してましたとか言われましても...ねぇ...知ってるよ、でも知らんわそんなん、と、つい思ってしまう。
    他の登場人物も判で押したようで、結局その人なんだったの、状況説明させる都合のいい人?と色々モヤついてしまい、愛情が持てませんでした...。
    それも全て含めて「盗まれる」ということならものすごい作家さんだと思いますが、ホラー?としても人間劇としても入ってこない感じが強かったので☆少なめです。

    多聞が再登場する、不連続の世界もあるので読んでみようと思います。

  • 以前読んだ「裏返す」だか「ひっくり返す」だかの話を思い出しました。

全432件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

月の裏側 (幻冬舎文庫)のその他の作品

月の裏側 Kindle版 月の裏側 恩田陸
月の裏側 単行本 月の裏側 恩田陸

恩田陸の作品

ツイートする