キウィおこぼれ留学記 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.50
  • (36)
  • (32)
  • (104)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 456
感想 : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私は30数年前にクライストチャーチに旅行では行ったことがある。
    自分の人生において留学やホームステイをしてみたかったが、したことがない。
    私が読む小林聡美さんのエッセイ4冊目。
    そんな私が今回本書を読んだ。

    本書は2002年出版なので、たぶんこのニュージーランド超短期留学経験もその年のことだろう。
    当時の彼女の私生活の状況及び当時のクライストチャーチ大聖堂の状況と、現在のそれらとは異なっている。

    後年、地震で語学学校の入ったビルが崩壊して多くの日本人語学留学生が亡くなってしまったことや(小林聡美さんが数日通った建物とは異なるが)、大聖堂が崩壊して閉鎖となってしまったことには、きっと小林聡美さんも心を痛めたことだろうと思う。

    一緒に行った幻冬舎の菊地さんへのツッコミ記述が面白い。
    菊地さんのステイ先に対しては、たぶん遠慮と差し障りがあって詳細の記述を避けているが、きっとなかなか辛かったのだろうし、本当は聡美さんも詳細を聞いて知っているのではないかな?

  • 20代になったばかりの頃、2ヶ月だけではあったけど、
    ホームステイしたことがある。
    ちなみにわたしはオーストラリア。
    シドニーの語学学校へ通い、キングスグローブ(シドニーには「キングスクロス」という歓楽街があるが、それとはまた別。あしからず)から通っていた。

    本書は37歳のとき、企画の一環で1週間のホームステイならびに語学研修その他ちょっぴり観光した著者のエッセイ。
    今から10年前になるらしい。

    当時の彼女と今自分がまさに同世代で、
    しかもわたしも、期間や場所、世代はちがうものの同じような経験をしたことがある分、頷いたり(笑)、頷いたり(苦笑)、とっても楽しく読むことができたし、また、今のわたしなら果たしてまた同じようにそんな勇気ある行動ができるだろうか、などと若かりし頃の自分に少しだけ振り返り、懐かしんだり。

    この年でまたホームステイとかしたら、全然違った価値観で経験できるんだろうなあ。
    だって、あのときの2ヶ月が、今の私の価値観をつくりあげてるものだから。本当にいい経験になった時間でした。

    ちょっとホームステイしたくなるかも、です。

  • 昔、ニュージーランドでホームステイしたことがあるので、懐かしく思いながら楽しく読んだ。

  • 念願の海外留学(仕事で10日間)体験。ニュージーランドのオークランドでの留学体験中のホストファミリーとの生活、学校での出来事、幻冬舎の菊池さんへのライバル心などが楽しく書かれている。個人的には菊池さんより小林さんのホスト先にお世話になりたいと思った。とても読みやすいのでちょっとした移動中に良さそう。

  • 小林聡美さん、好き。

  • 超短期留学&ホームステイ体験記。
    久しぶりで再読。
    【蔵書・再読・5月19日読了】

  • 初小林聡美。忙しい芸能人が10日間という短い時間の中でニュージーランドに留学体験。そのドタバタ日記ですね。まあ、読みやすい本です。

  • 読書録「キウィおこぼれ留学記」3

    著者 小林聡美
    出版 幻冬舎

    p88より引用
    “ひとんちにお世話になっているわけだから、
    別に文句はありませんが、二晩カレー続きと
    いうのも、サビシーもんですね。”

    目次から抜粋引用
    “夢かなう
     初授業でマックス
     カレーとステーキ
     アナタは米を信じますか?
     最後の一日”

     女優である著者による、ニュージーランド
    への短期留学の様子を描いたエッセイ集。
     留学先への手土産についてから羊の毛刈り
    についてまで、楽しそうな雰囲気で書かれて
    います。

     上記の引用は、ホームステイ先での食事に
    ついての一文。
    他所の家の2日目のカレーを食べる機会なん
    て、それも他国のものを食べる機会は滅多に
    ないでしょうから、良い体験だと思うのです
    が。かと思ったら、二日目のものではなく、
    また新しく作ったもの。どういう献立の組み
    立て方なのかと思います。
     留学として紹介されていますが、全工程で
    10日ちょっとくらいの様子です。少し長めの
    旅行といった感じですが、キチンと学校で授
    業を受けておられます。
    モノクロですが写真もそこそこあって、向こ
    うの様子を見て取ることが出来ます。

    ーーーーー

  • 留学の様子があっさり読めた。可もなく不可もなくという感じ

  • 薄い本なんです。ちょっとした遠出の際のお供に購入したんです(軽い、気楽)。
    ところが面白くてお風呂でいっき読みしちゃいましたよ。
    最近の女優の小林さんというより、猫の頃の“きみちゃん”のワンパクで楽しい話しを聞いているみたいな感じ。
    きみちゃんのニュージランド留学記。ツッコミが激しすぎる!ハハハハ。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小林聡美

一九六五年東京都生まれ。女優。八二年、映画「転校生」で初主演。その後、ドラマ「やっぱり猫が好き」などで活躍。主な出演作にドラマ「すいか」「パンとスープとネコ日和」「山のトムさん」「ペンションメッツァ」、映画「かもめ食堂」「めがね」「プール」「マザー・ウォーター」「東京オアシス」「紙の月」などがある。主な著書に『ワタシは最高にツイている』『アロハ魂』『散歩』『聡乃学習』など。

「2021年 『ていだん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林聡美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×