ろくでなし 下 幻冬舎文庫 し 13-4

著者 : 新堂冬樹
  • 幻冬舎 (2002年10月1日発売)
3.21
  • (5)
  • (20)
  • (50)
  • (6)
  • (3)
  • 161人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402867

ろくでなし 下 幻冬舎文庫 し 13-4の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真実を知って黒木と一緒に絶句した。ジェットコースター並みにドキドキさせられた。
    マゾヒストやシャブ中にオススメな鬱な話。
    ふ、ふ、ふわぁ〜っ!!www

  • 騙されまくりましたね!思ったより面白かったです。

  • さほどろくでなしでもなかった。。。

  • ブルース

  • 上巻よりも展開がアップテンポで読み応えあり。
    ラストは強引なまとめな気がするが、上巻よりも下巻の方が好き。

  • 最初から最後まで新堂節全開。アウトローとろくでなし満載で、ラストは予想外で衝撃的。面白かった。

    とはいえ伏線の張り方が突然で、特に速水と千秋はキャラ付がままならないまま強制的に役割を演じさせられていた気がする。不幸話はもうちょっと端折って構わないので、その分丁寧に登場人物を描いて欲しかったかな。

  • 下巻は、上巻以上にアップテンポで展開する。一気に読んでしまった。
    主人公・黒木の世界がどんどん崩されていく。
    仲間の裏切り。ろくでなしの裏切り。
    仲間が裏切る度に、真実が明らかになり、その度に黒木の世界が崩れていく。
    二転、三転するストーリーと最後のどんでん返し。
    面白かった。

  • 2011年11月

  • まともな思考回路はどこかに行ってしまったのだろうか?
    皆、自己中心的で己の欲望・快楽の事しか考えていない。

    人を裏切り・傷つけ。

  • <DIV style="background-color : white ;color :black ;padding : 8px 8px; border : 1px inset #ddd; margin : 0px 5px;">★</DIV>
    <h5>出版社 / 著者からの内容紹介</h5>
    黒木が突き止めたレイプ犯は何者かに惨殺されていた。なぜ黒木は死臭を嗅ぎつけた黒鷲のごとく次々と関係者の不幸に遭遇するのか? 冷酷な金貸し、サディストのヤクザ、狂ったシャブ中、強面の密売人、嘘つき娼婦―オールキャストろくでなしの慟哭が読者の脳髄を破壊し、恐怖のどん底に叩き落とす。驚天動地の新堂ワールド。

全18件中 1 - 10件を表示

ろくでなし 下 幻冬舎文庫 し 13-4のその他の作品

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ろくでなし 下 幻冬舎文庫 し 13-4はこんな本です

ツイートする