爆笑問題の日本原論〈2〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.30
  • (3)
  • (3)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403048

作品紹介・あらすじ

20世紀末ニッポンとはどんな時代だったのか?酒鬼薔薇聖斗がいて、東電OL事件があり、ペルー大使館の人質が解放され、和歌山毒物カレー事件があって、新ガイドライン法案が国会を通過した、あの頃を極上のギャグがぶった切る!今読んでこそその正しさが実感できる活字の漫才27本。いろいろあるけど太田光執筆なのは日本原論のみ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。
    面白くてアッという間に読み終えてしまった。

  • 日本原論2冊目。長野五輪、ダイアナ妃交通事故死、酒鬼薔薇、だんご3兄弟、ユーゴ空爆、コロンバイン高校銃乱射、ワールドカップ敗退、テポドンなど、1990年後半の話題です。悲惨な事件も笑える事件もまとめて、漫才形式でテンポが良く語られていきます。

    「漫才と事実の境界線がなくなってきている」というのがこのシリーズの成立背景にあったように思いますが、そんな意見が納得できるほど、不可思議な事件が多いですね。

  • 今となっては時代を感じる時事問題。太田の斬り口、鮮やか!

全3件中 1 - 3件を表示

爆笑問題の日本原論〈2〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

爆笑問題の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする