AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
2.84
  • (0)
  • (3)
  • (22)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 59
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403093

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • AVでは女優が圧倒的に優位である。買う人は女優しか観ないのが普通だ。男優はあくまで脇役である。しかし、男優なりの難しさがあり辛さがある。

  • 様々な考え方、生き方があり凄いとしかいいようがない。共通しているのは、生き方が素直だなってのが一番印象に残った。それだけに個性が強い。
    著者が家田荘子とは半分読みすすめたあたりで気づいたwww

  • グロい世界だなあ、というのが印象。面白いかなあと思って買ってみたが、なんか後味の悪い感じ。アンダーグラウンドな部分って自分にはあわない。けどAVは見ちゃう・・・。

  • 半分しか出さないとか、入れたあとちょっとだけ萎ませるとか、もう次元が違う。

  • 男なら誰でも見てみたいけど脚を踏み入れられない世界を彼女が教えてくれます。詳しく。かなり面白い。でも途中でやや飽きる。バクシーシ山下凄い。

  • どんな人たちがあれを演じているのか? ほとんど日の当たることのなかった職業にスポットを当てた著者のエネルギーに感服。

  • 2006/07

  • 2006/1/10 日記で。

  • ネタとして読むには長すぎる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

愛知県に生まれる。作家。僧侶。高野山本山布教師。行者。日本大学芸術学部を卒業し、女優など10以上の職業に就いたあと、作家に転身。1991年『私を抱いてそしてキスして――エイズ患者と過した一年の壮絶記録』(文藝春秋)で、第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2007年、高野山大学で伝法灌頂を受け僧侶となり、同大学大学院修士課程を修了する。高野山高校特任講師。
著書には映画化された『極道の妻たち』(青志社)、『少女犯罪』(ポプラ新書)、『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』(ベストセラーズ)、『女性のための般若心経』(サンマーク出版)、『熟年婚活』(角川新書)、『孤独という名の生き方』(さくら舎)などがある。現在も執筆と取材の他、山行、水行、歩き遍路を欠かさない。高野山奥之院または総本山金剛峯寺に駐在し(不定期)、法話をおこなっている。

「2018年 『大人の女といわれる生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫)のその他の作品

AV男優 単行本 AV男優 家田荘子

家田荘子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
田口 ランディ
石田 衣良
フランツ・カフカ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする