もっとなりたい自分になる100の方法―ココロとカラダを磨いて (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.30
  • (3)
  • (3)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何だか100の項目を「著者が今ハマっている事」だけで思い付き&ノリで埋めているような印象。ほとんど参考にならなかった。

  • なぜか最近こういう本ばっかり読むw
    基礎編、応用編は割と実行しやすいし、中には既に実行しているものもあると思います。
    書いてあることが分かりやすくていい。
    この中のことをひとつでも毎日の生活に取り入れてみると楽しいかと思います。自分もいくつか実践してます。

  • ひとつひとつ、のんびりと実行していこう!と、前向きな気持ちになれました

  • 2005/8/31

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

エッセイスト・イラストレーター。
1953年、群馬県生まれ。女子美術大学、セツモードセミナー卒。別居婚をしながら群馬県立女子高校の美術教師を勤めた後、37歳で退職、長年の夢だったイラストレーターとしての活動を始める。42歳で、2児の母でありながら自身の夢をかなえてきた経験を綴った『「夢ノート」のつくりかた』を大和出版より上梓し、ベストセラーに。以来エッセイストとしても活躍を続けている。夢実現のヒントをはじめ、心地よい暮らしのための提案や、独自の視点から名画の魅力を紹介するなど幅広いジャンルの本を著し、多くの女性から熱烈な支持を集めている。最近では、50歳代の女性に向けたイラストエッセイが好評。
著書 『書きこみ式いいこと日記 』(マガジンハウス)『今日からできる なりたい自分になる100の方法』(幻冬舎)ほか多数。

「2018年 『もういちど夢をかなえるヒント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もっとなりたい自分になる100の方法―ココロとカラダを磨いて (幻冬舎文庫)のその他の作品

中山庸子の作品

ツイートする