天国への階段 中 (幻冬舎文庫 し 14-2)

著者 :
  • 幻冬舎
3.84
  • (38)
  • (57)
  • (55)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 413
感想 : 36
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔読んだ本

  • 感想は下巻にて

  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    柏木の復讐のシナリオは着実に進んでいた。そんな中、元強盗殺人犯・及川広美が刺殺される。彼の更生を固く信じていた定年間近の刑事・桑田規夫は、弔いを誓い志願して捜査を開始する。その直後に発生した第二の殺人事件の意味とは?一方、柏木の背後には音もなく忍び寄る不気味な影が現れる。多くの思惑が交錯し、事態は急展開を始める…。

  • お客さんに薦められて読んだ本

  • 中巻でこれまでわからなかった人間関係がわかった。続きはどうなる??

  • 人を観察する目の鋭さ。この娘自身の持つ感受性の鋭さによるものなのかもしれない。
    心の傷が深ければ深ければ深いほどより人間的・・・・・・、ですか
    未央の性格がそのままファインダーを通して表わされているようにおもえた。
    動物が怯えるのは心に傷を負っているからです。その傷をつけたのは、わたしたち人間です・・・・・・。

  • 圭一の犯罪、一馬の復讐、未央の恋心、亜紀子の心配、桑田の執念、などなど色んな事が絡み何処かに向かっている。このあとそれぞれどうなって行くのか非常に気になる。

  • 主人公に入り込んでしまう。

  • ストーリーそのものは、それほど新しいものではない気がしますが、この手の展開は好きですね~。面白いです。はい。

  • 早く下巻を読みたい!

全36件中 1 - 10件を表示

白川道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×