女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (幻冬舎文庫)

著者 : 森博嗣
  • 幻冬舎 (2003年6月発売)
3.43
  • (23)
  • (35)
  • (109)
  • (6)
  • (0)
  • 400人登録
  • 32レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (606ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344403765

作品紹介

美しい女王が統治する幸福で豊かな楽園のような国だった。そんな不満も恨みもあるはずない世界で空前の殺人事件が起こった。「女王の塔」の中で殺されていたのは王子。完全なる密室での、完全なる犯罪。誰が、どうやって、何のために…?僕とパートナのロイディは推理を開始する。しかし、楽園の住民たちはみな「殺人」の存在さえ認めない。

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 百年シリーズの第一作。百年後の世界が舞台となっているSF推理小説。最後に全ての謎が明らかになるが、それまでに作者のミスリードに引っかからずに読めるかどうか。私は見事に引っかかってしまった。犯行の動機以外の謎も解決されるので、読了した後の解放感は気持ちいい物だと感じられる。

  • ゆっくり読み進めるつもりが結局1晩で。S&M、V、Gを軸に読み進めていただけに、今回はファンタジィ色の強い、SFもののように感じた。確かに殺人事件は起こり、密室の謎もあるのだが、物語の本質はそこにないし、そもそも本質の捉え方が現代と異なるという設定だ。こんな作品も生み出せるのかと、ますます感服した次第である。森博嗣作品の素晴らしさはその奥行きの広さ。いわゆる理系ミステリはほんの一端で、実はもっと大局的に見た物語を書いているし、今回もSFのフィルタを通して独自の思想を打ち出している。「あってはならないことは、あるはずがないことではないんだ」というVシリーズの台詞にある、そんな世界観を堂々と書き綴ってくれた。

  • 感想を書きがたいが、一気読みしてしまった。
    ミチルとマノ、ミチルとロイディ、女王、マイカそれぞれが、同じようで違うような、重なるようで重ならないような、不思議な感じ。
    ミステリ部分はおまけで、ファンタジーとして読んだ方が面白いかも

  • 近未来ミステリーファンタジー。ミステリー部分のトリックは大したこと無い。筋立てで読者を騙す構成がちょっと面白い。ファンタジーとしては世界観が少し弱い。SFとまでは言えないし中途半端。文章は読みやすいし行数稼ぎでスカスカのページが多いので厚さの割にすぐ読んでしまう。

  • 世界観は特殊ですが、案外入りこみやすい。

    ミチルの危うさや不安定さが好きになれるかで評価が分かれそうですね。

  • どこから転がり出してきたのか、手元にあったので読んでしまった。シリーズでない森作品もあるんだな……と思ったが、あとがきを読むと続編もあるとか。
    森作品の感想を書くのはいやだ。全部読んだのはSMシリーズだけで、ほかのシリーズはまだコンプリートしていないが(ブック・オフに置いていないから……)、森作品について語ろうと思ったら、森語を話せるようにならないといけない。ユーモアのない僕には無理な相談だ。
    森作品を読んだことのない人に向けてこの本を紹介しようと思ったら、結構いける。この作品はそういう意味では他のに比べてウケがいいと思う。次のような説明で伝わるだろうか。つまり、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドの半かけに、攻殻機動隊のDOSを足したようなもの。うーん、めちゃくちゃ面白そう。

    それにしても……いや、もうこれ以上言うのやめよう。森ワールド的な手法が散りばめられてるなぁ。とりあえず、それだけ。

  • 何故、何故それを言うのが人間。

    ぞっとした。いい意味での鳥肌がざっと立つ。


    真賀田四季博士の破片を感じた。彼女が関わっていた実験と考えても違和感はない。

    莫大な資産の存在。まるで楽園かのような街。
    神、への信心。
    神とは、何か?
    エネルギー問題の解決は、果たして望めるのだろうか?という点に惹かれた。

  • そこは女王が統治する豊かな楽園だった。
    サエバ・ミチルとロイディとの旅。
    そこは「殺人」が存在しない国だった。
    サエバ・ミチルとロイディとの推理。

    かつて恋人を殺されたサエバ・ミチル。
    復讐は正当なるものか。

    死はただ永い間眠るだけ。
    いつか眠りから覚める。
    なのに、
    人は、
    それを認めない。
    死んだら消える。
    いいや消えない。

    人は死んでも生きている。

  • 「僕」がたどり着いたのは、うそみたいに美しい女王が統治する、幸福で豊かでなんの争いも起きえない国。そんな理想郷――。


    表題にあるとおり、完全なる「密室」での完全犯罪。
    推理小説というよりは、SFを読んでいるような。

    推理小説的トリックを暴くことに夢中になるというよりは、この理想郷の秘密に惹きつけられるのです(・ω・)これは一気に読んじゃいますね!

    「イエスかノーか、
    そういう問題じゃないんだ」

  • 美しい女王が統治する幸福で豊かな楽園のような国だった。そんな不満も恨みもあるはずない世界で空前の殺人事件が起こった。「女王の塔」の中で殺されていたのは王子。完全なる密室での、完全なる犯罪。誰が、どうやって、何のために……?僕とパートナのロイディは推理を開始する。しかし、楽園の住民たちはみな「殺人」の存在さえ認めない。

全32件中 1 - 10件を表示

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (幻冬舎文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする