ZERO〈中〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.53
  • (9)
  • (20)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344404236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だんだん面白くなってきたぞ。
    ただ、北京の通りの名前や中国人がいっぱいでてくるので名前を読むのが大変(^_^;) 
    いいや日本語読みしちゃえ

  • あらすじは、中国の”友人”から、警察元高官宛に手紙が届いた。
    その手紙は色々な人の手を渡り届けられたものだった。

    その手紙のルートは何十年も前から用意され、代が変わっている
    家まであったぐらい古いもの・・・。

    そのルートで寄せられた手紙には中国での特異情報があった。
    現役警察官の主人公は、その元高官からある指示をだされ極秘に
    行動するが徐々に追い詰められていく・・・。

    よくドラマ・映画になる、刑事や警察官の話ではなく、
    秘匿された警察組織、公安部・外事部が描かれている小説です。

    公安部とは言えここまでやれる警察官がいるのかなぁと思ってしまいますが、
    小説の世界なので、ありでしょう。

    警察、自衛隊などに情報網を持っている麻生幾ならではの細かい描写には
    舌を巻きます。

    終わり方は、”宣戦布告”の時と同じく膨らんだ風船が破裂する終わり方ではなく、
    ふくらみきった風船の空気を抜いてしぼませるような”へなへな”な終わり方・・・。

    結末そのもののインパクトはあるんですが、結末まではジェットコースターに乗せられていて
    降りてから結末を知る感じがして・・・ちょっと消化不良ですね。

    面白いことには違いないのですが・・・。

    文章量が多いので、読了までには時間がかかると思います。

    速読に自信のあるかた試してみてはいかがですか?

  • 作品の紹介
    47年の封印が解かれ、日本を震撼させる陰謀の幕が開く。立ち向かう、一人の警察官・峰岸。彼は元警視庁長官・鹿取が運営してきた大物スパイを巡り、すべてのウラ情報を握ろうとする“ZERO”と激突する。執拗な妨害を受けながらも捜査を強行する峰岸を苛酷な運命が待ち受けていた...。極秘情報をちりばめ警察小説の新境地を拓く衝撃作。

  • 6月-25。
    中巻。上巻はなかなか進まず、途中で止めようかと思ったが、
    中巻になって、スピード上がる。
    中国での単独行。本当に死なないのが不思議。
    主人公を可愛がっていた、元警察長官が、良い味そして壮絶。

  • 下巻参照。

    2008/10/26

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

麻生幾(あそう・いく) 1960年、大阪府生まれ。作家、ジャーナリスト。1998年、北朝鮮の特殊部隊が敦賀半島に上陸、自衛隊との交戦状態に突入する危機を描いた小説デビュー作『宣戦布告』がベストセラーに。以後、『ZERO』『瀕死のライオン』『エスピオナージ』『外事警察』など話題作を執筆。

ZERO〈中〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

麻生幾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ZERO〈中〉 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする