東洋ごろごろ膝栗毛 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.22
  • (1)
  • (6)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344404939

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013 10/14

  • またたび同様、面白い旅行記だった。

  • 群ようこさんのアジア旅行エッセイ。
    爆笑です!!
    ツルタさんのファンになりそう(笑)
    前にも2冊あるようなので、早く読みたいです。
    口調が、なんかわからないけど、笑えるんですよね。。激しいツッコミじゃないところがまた笑える。

  • 群さんのエッセイはいつも爆笑しながら読んでいます。
    旅行記シリーズはもう一冊読んでいて、それがめちゃくちゃ面白かったので読んでみました。

    腹抱えて笑ってました。
    メンバーの一挙一動が面白いのはもちろんなんですけど、群さんの語り口が何だか面白いんですよね…(笑)。比喩表現とか。

    もう一冊シリーズがあるようなので、そちらも読みたいと思います。

  • 群さんの旅エッセイはどれも面白いので好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

東洋ごろごろ膝栗毛 (幻冬舎文庫)のその他の作品

群ようこの作品

ツイートする