喜びは悲しみのあとに (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.67
  • (7)
  • (21)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344405004

作品紹介・あらすじ

脳に障害のある子を持つハードボイルド作家、倒産した地方新聞社の元社員たちの困難な再就職、「子殺し」の裁判ばかり傍聴し続ける女、十年間第一線で活躍しながらある日突然「戦力外」通告されるプロ野球投手。人は自らの存在を道端の小石のように感じる時、どのように自分を支えるのか?安らぎと感動のコラム・ノンフィクション第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ノンフィクション短編集 友がみな我よりえらく見える日は の第2弾。
    実話なので重いです。
    でもいろんな世界があるんだなって思わされるし、いろんな悩みがあるんだなって思わされます。
    そして悲しみの底から這い上がってくる人間のパワーを感じたりもします。
    落ち込んだあとに、悩みが晴れた時の感覚とかそういうのも味わえます。

  • 筆者の上原さんにインタビューしたこともある、BBのきよたくんに貰った本。
    インタビューはここ。WEB MAGAZINE この惑星http://konohoshi.jp/interview/UeharaTakashi/index.html

    一冊を読みおわってあとがきを読むまで、取材をする上原さんの自我を全く感じなかった。最後までずっと透明だった。

    人は、みんな自分の視点からしか、世界をみることができない。
    文庫版のためのあとがきに、恋人や友達に「おまえは人の気持ちが全然わかってない」と批判されたことについて書かれている。
    どんなに細部まで観察して、一緒にいて、どれほど心を寄せているつもりでも、相手が「私のことなんてちっとも分かってない」と感じるのは、それがやっぱり自分中心の視座からしか人を観れていないからだと思う。

    上原さんが書くときに思い出すのは、取材をした人々の、小さな仕草や表情なのだという。話すのが苦しいような話をするときに、手元のグラスの刺さったストローを回す手のこと。解説を書いてくれた鶴見俊輔さんを師とあおぐ人が、鶴見さんの前であおげば尊しを歌ったときの顔の皺。

    私の鶴見さん贔屓を含めても、鶴見さんの解説がすてきなのは、上原さんをこう評価しているところ。

    「売り物になる文章を書くところまで達した人は、そこでなんとなく、あとは、侫人になる。へつらう人という意味だ。だが、この人は、そういう人にならずに書き続けた。」

    そう、人は、みんな自分の視点からしか、世界をみることができない。
    鶴見さんは、「そのことは、しかし、共同の世界があることを否定しない」という。上原さんの提示するエピソードが、ひとを語る。それは確かに彼の目が観た、彼の書いた世界なのだけど、たくさんの小さな仕草や、表情や、周りの匂いや、色やそういうものがたくさんの人々の言葉と一緒に優しく包まれて、提示される。

    上原さんの作品はこれが一冊目だったけど、アマゾンで探して出て来た本のタイトルがどれもそそるので、ほかにも読んでみようと思う。

  • おすすめです。

  • 人にはそれぞれの人生がある。他人の人生を眺めて見ることで、自分を客観視できる視座を持つことが可能になるのかもしれない。

  • 地元のとある高校の図書室が小論文対策図書に推薦していたので、読んでみた。

    とくに印象に残ったのが、「子殺し」の裁判ばかりを傍聴し続けているという女性の話。
    その女性は虐待された過去があり、また自らも長女に対して同じ過ちを犯してしまったという経験がある。ある時「子殺し」事件の新聞記事に心動かされた彼女は、以来これを自分のテーマと決め、母子関係やそれを取り巻く社会の仕組み等について考え続けている…。
    本書にも〝人は自らの存在を道端の小石のように感じる時、どのように自分を支えるのか?〟という、著者自身の明確で一貫したテーマが根底にある。
    自分のテーマを持って生きることは、自分自身をよく知ってコントロールすることや、時に自分を支え導くものとして大事なことなのではないかと感じた。

    それぞれが悩み傷つき葛藤しながらも、ただひたすら懸命に今日を生きる姿が心に刺さった。
    問題との向き合い方や気持ちの整え方ということを考える上でも、とても参考になった。

    本書はコラム・ノンフィクションのシリーズ第2弾であり、既に第1弾『友がみな我よりえらく見える日には』(1999年)と第3弾『雨にぬれても』(2005年)が刊行されているということを読み終わってから知った。
    なので、機会があれば是非そちらも読んでみたいなと思う。

  • ・・・そうか、あの小説に出てきた障害児は、打海さんの息子さんだったのか、と驚く。
    世に名の知れてる人、まったく知られてない人、いろんな人の辛さ、悲しみ、寂しさ、との向き合い方。

  • ノンフィクションなのでいいとか悪いとかは言えないが個人的にはあまり読まない。 
    でも最初の「小さな喜びを糧に」の最後のところで泣いた。

  • 前作も読んだんですけれども、今作はタイトル通り、なんとなく希望が持てる終わり方をしている…エピソードが多いように思いますね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    それにしても著者は文章がうまい…グイグイ読んで行けますね。それは解説者も指摘していることですけれども…

    個人的にこういう、人の生活のエピソードを集めた本というのは大好物ですので、今後も著者の本を読んで行きたい!

    と切に思った本書なのでした…おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 2014/04/27
    2016/02/02

    小さな喜びを糧に/ブロンクス生まれのウエイター/タイムマシーンに乗って/ロボットの部屋/復讐のマウンド/リコン日記/天安門から遠く離れて/わたしはリカちゃん/愛想笑い/六十八回目の恋愛/インポテンスの耐えられない重さ/実演販売の男/黄昏時/子殺し/我にはたらく仕事あれ/会社がなくなった/キャッチ・セールス/大晦日


    ※「復讐のマウンド」は読み飛ばした。

  • 916
    「友がみな我よりえらく見える日は」に続くノンフィクション・コラム。
    第一線で活躍しながらある日突然球団から戦力外通告されたプロ野球投手、
    脳に障害のある子を持つハードボイルド作家(打海文三)、デパートの実演販売の男…

全18件中 1 - 10件を表示

喜びは悲しみのあとに (幻冬舎アウトロー文庫)のその他の作品

上原隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

喜びは悲しみのあとに (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする