ヒレハレ草 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.30
  • (11)
  • (15)
  • (75)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 182
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344405561

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太田光の感性の純粋さ、物事の捉えかたに共感できる部分が多々あり、読んでいて堪らなく嬉しくなる瞬間がある。

    しかし、芸人さん独特のフィクション?ギャグ??を交えた話となると、自己満足なおスベリ芸を見ているようなやや居た堪れない気持ちになった。

    勿論、クスッと笑える部分もちょこちょこあり、さらっと楽しく読めた。

  • この作品に限らず、太田の学生時代の話が好きだった。

  • 独特の毒のある発想が面白いです。
    人と同じ風景を見ながら、この人はこんな切り取り方をするんだ的な驚きが多くありました。。

  • 田中岩がおもしろかった。
    太田さんと田中さんの性格の凸凹がいいね。

  • 自殺をしてしまう人が多いのは、生きる価値より死ぬ価値の方が優ってしまうから。生きることが楽しくて、価値のあるものだと、証明することを表現者としての使命と自負してるその姿には惚れるなぁ。
    おれも生きてるのが楽しそうな人になりたいな。感動。ただそれだけでも、難しいのに。ただそれが一番難しいからしぶとくやり続ける価値あり。

  • 半分実話、半分空想みたいなフワフワした話が多かったです。
    最後の一行で、ガクン!とおとされたり、うん!?と突き放されたり、話に引き込まれた。
    太田光が普段どういうことを考えているかとか、生の感覚に触れることが出来るので、エッセイって面白いなと思いました。

  • 太田光が綴ったエッセイ集です。
    テレビなどでは破天荒な感じも見受けられますが、とでも落ち着いたエッセイ集です。なかには、奥さんとの微笑ましい作品も多々あり、太田光の以外な一面も面白いところであります。
    新たな太田光をみたいのならば一読する価値あり。

  • 爆笑問題太田光のエッセイ集。以前読んだ『三三七拍子』(幻冬舎文庫)よりちょっと前に出た本かな。なかなか笑える。

  • さっくり読める。

    太田光はなんとなく好きでエッセイに手を出したのだけれど、

    8割がた適当なもんだからよくわからない。

    けど、だから、2割が面白い。


    もっとがっつり太田光を知りたかった。

  • これも、高校生の時に一度読んで、今回再び、のパターン。

    ページを開くとそこは太田さんの持つ独特で愉快な世界。
    でも、当時ほど感化されることはなかったな。

    あれから月日は流れました。

全29件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1965年5月13日、埼玉県生まれ。日本大学芸術学部演劇学科を中退後、1988年、大学の同級生の田中裕二と爆笑問題を結成。1993年度NHK新人演芸大賞、2006年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。主な著書に『パラレルな世紀への跳躍』(集英社文庫)、『天下御免の向こう見ず』『ヒレハレ草』『三三七拍子』(すべて幻冬舎文庫)、『トリックスターから、空へ』(新潮文庫)、『マボロシの鳥』(新潮社)、『文明の子』(ダイヤモンド社)、『憲法九条を世界遺産に』(中沢新一との共著、集英社新書)、『向田邦子の陽射し』(文春文庫)など。

ヒレハレ草 (幻冬舎文庫)のその他の作品

太田光の作品

ツイートする