爆笑問題の日本史原論 偉人編 (幻冬舎文庫)

著者 : 爆笑問題
  • 幻冬舎 (2005年4月1日発売)
3.38
  • (13)
  • (30)
  • (81)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :222
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344406476

爆笑問題の日本史原論 偉人編 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 爆笑問題のこういう文章ってほんと面白いよなあ。ときおり声を出して笑える。
    解説がちょっとイマイチのところがあるのが玉に瑕。

  • 爆笑問題は嫌いじゃないんだけど…ちょっとふざけ過ぎ。

    こんなんしなくたって、歴史は面白いのに…。

  • 豊臣秀吉や天草四朗、さらには吉田茂、ヤマトタケルなどの誰もが知っている歴史上の人物を紹介した「日本史原論」シリーズ第2弾!

    爆笑問題の二人が漫才形式で解説してくれるので、日本史が苦手な人でも、するすると読めちゃいます。

  • 太田が好き勝手言って、田中がつっこむ

    テレビで見る爆笑問題がそのまま本になったみたいな感じで読みやすかった。

  • 爆笑問題のファンはもちろん、『源頼朝と紫式部ってどっちが古い?』とか聞いてしまうような歴史音痴さんにおすすめ。

    爆笑問題特有のギャグを織り込みながら、歴史上の人物がわかりやすく解説されています。

  • 自分は歴史のことはあまり好きではないが、この本に取り上げられている人物は歴史に詳しくない自分でも知っているような有名な人物が多かったので、とても楽しくよむことができた。自分が知っているような人物の話では、へぇ~と思うようなエピソードなどが書かれていて勉強になったり、あまり知らない人物でも笑えるように書いてあるので、その人物について少しは知ることができたと思う。歴史上の人物の意外な一面を知ることができた本だったので勉強になる本でした

  • 今度は偉人篇。

  • これを読み終える忍耐力がなかった…

  • 偉人編です

  • 本自体は面白いし、爆笑問題はだいすき。
    下ネタがガチだからいいね。
    でも、こいつらのやり取りは笑えない。
    そういえばボキャブラのおかげでここまでになったかもしれないけど、こいつらの漫才で笑ったことないや。

全23件中 1 - 10件を表示

爆笑問題の日本史原論 偉人編 (幻冬舎文庫)のその他の作品

爆笑問題の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
あさの あつこ
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

爆笑問題の日本史原論 偉人編 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする