ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)

著者 : 吉本ばなな
制作 : 奈良 美智 
  • 幻冬舎 (2006年4月1日発売)
3.45
  • (65)
  • (139)
  • (321)
  • (20)
  • (2)
  • 本棚登録 :1241
  • レビュー :121
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344407824

ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奈良美智とのコラボレーション。ひな菊の一人称で語られる、淋しい夢を見たかのような物語。主人公のひな菊と、他の登場人物との関係性がなんだか希薄だ。かといって、ひな菊が孤独だというわけでもない。お互いの間に葛藤や目立った軋轢もない。それでも、ひな菊は一人暮らしを選ぶ。日常はありふれていつつも、輝きがないわけではない。しかし、「たった一瞬前のことだというのに、もう時間は戻らない」。環境こそ違え、同じような人生を送って来たはずのダリアは亡くなり、ひな菊は彼女の生を生きている。はかなさの中に暖かさのある物語だった。

  • 奈良美智の挿し絵が、意外に説明的であった。
    どれも、各場面を忠実に説明した挿し絵で、これは、奈良さんでなくとも良かったのではないかとも思った。

    主人公が、母親と同乗した車で交通事故にあい、母の死を隣で目撃するシーンがあるが、私は私の母が死ぬのではなく、私の息子から見て、私が死ぬシーンを想像してしまい、息子の絶望たるや、とそういう感情移入の仕方をして、可哀想な息子、と、私は死んでもないのに、息子が悲しみにくれる様子を勝手に思い浮かべて、涙が出てしまった。無駄な涙だ。私はこれからも生きるので。

  • どんどんかがやきをなくしてるね。ねたぎれか、旬が終わってるでしょう

  • 一章ごと、一冊丸々でも読みやすい長さ。
    よしもとばななの描く人間関係の波長というか、細々であったり見えないけど根深い縁というものがいいなあと感じた一冊。

  • よしもとばなな氏が好きかと問われたら、はいと言えない気がする。それなのに、作品中そこここに言葉のきらめきを感じる。それが私がよしもと作品を読む理由になっている。この作品は驚くほど何も起こらない。ただ、個人的に今現在生と死についての考え方が変化してきているので、この作品のラスト数行は気になるものだった。

  • どこかの学長がスマホをやめて読書をしろという演説をしたらしいから今日は小説を読んでいた。よしもとばななの、死と焼きそばとお好み焼きとダリアと首と夢というとっ散らかったキーワードの小説だった。でもこれを読んでいる間あらゆる思い出が蘇っては消えていった。

  • 別れのときが来ると、いいことばっかりだったような気が、いつもする。思い出はいつも独特の暖かい光に包まれている。私があの世まで持っていけるのは、この肉体でもまして貯金でもなく、そういう固まりだけだと思う。

  • ばななさんコンプを目指して再開!再会!わりと薄い本(あの意でなく)が多くてそれも短編集が多いので飽きっぽい私には ほんとうに持ってこい。高校の美術の先生が奈良美智さん好きだったので、見るたびに懐かしい

  • 吉本ばななさんの空気感が好きすぎる。命とは、生きることとは、というのを、寂しくなるくらい丁寧に書いている。恵まれてなくても、楽しくなくても、それでも生きることは続いていくんだよなって思った。読み終わったとき、この、とても楽しいわけでもなければ死ぬほど苦しいわけでもない私の人生に、少しだけ愛着がわいた。

  • 死とは平等に訪れるもの。特別な事ではない。
    ひな菊は今日も誰かが大好きな焼きそばを焼いているだろう。

全121件中 1 - 10件を表示

ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)のその他の作品

ひな菊の人生 Kindle版 ひな菊の人生 吉本ばなな

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
よしもと ばなな
奥田 英朗
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ひな菊の人生 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする