スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.39
  • (165)
  • (420)
  • (751)
  • (120)
  • (29)
本棚登録 : 4079
レビュー : 449
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • W不倫。潔癖の私からしたら、なんだか汚い、の一言。終始あんまりいい気分ではなかったけれど、文章は分かりやすかったので読み切りました。
    スキー場に旦那と言って違う男とヤルとかないわ・・(笑)こういうシチュエーションに萌える方もいるのかな??・・・ヽ(;▽;)ノ

  • 江國香織のスイートリトルライズを読みました。

    人付き合いが苦手な会社員の聡とテディベア作者の瑠璃子の夫婦は結婚して数年たちます。
    会社から帰ると自室に閉じこもってテレビゲームをしている聡、それに不満を感じていない瑠璃子。
    聡の妹の文からは「お兄ちゃんたちへん」といわれてしまいます。

    そして、聡にも瑠璃子にも互いに相手に言えない秘密ができてしまいます。
    夫だけを愛せればいいのに、と思う瑠璃子の日常が描かれます。

  • 序盤がつまんなすぎて、どうしようかと思った。

    まるで噛み合っていないような2人が、夫婦としてあるべき形におさまってる、話。
    噛み合ってないようにみえて、じつはお互い依存してるんだなって。


    春夫のように、ストレートに会いたい会いたい言われたら、くらくらしちゃうな。
    ----きょうはまだ帰らないでほしい。
    瑠璃子さんいま、帰る時間気にしたでしょ。俺、あなたに関しては読心術ができるのかもしれない。

  • 結婚したからだろうか、今回は不愉快だった。
    夫婦や結婚、恋愛の在り方は十人十色だから、否定はしない。
    けれど、それぞれの浮気相手は独身なわけで、離婚を望んだらこの夫婦はどうするのだろうと、そこまではもちろん、描かない江國香織がちょっと憎い。

  • 不倫の話。感情移入はできなかった。

  • 満ち足りた三軒茶屋の夫婦がお互いに不倫する。何だか虚しい気分になります。

  • 雰囲気は好き。他のも読んでみたい。

  • 映画化された作品を先に観てしまってからの原作。
    読んでいる間、中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴などの
    キャスト陣が浮かんできてしまった。
    映画を先に観て、その映画をかなり好きでいるから
    それも仕方のないことなのだろう。

    映画ではラストでの主人公夫婦の「腕に入れた」後でのやりとり、
    「ただいま」
    「どこか行ってたの?」
    の後に、「僕ももうすぐ帰るよ」的な台詞があった。
    でも、この台詞、原作にはないものだったのだとビックリ!
    映画ではこの台詞があるからこそ、
    一時的にしろ離れてしまった二人がまた寄り添うのだという
    安心感をも得られた状態で、物語を終えることができたのだが、
    原作にはそれがないために落ち着かない、
    中途半端な状態で放り出されてしまう。
    この後、二人はどうなるのだろう? と。

    それが江國さんの意図なのだろうけれども…
    作品としては好きではないな。

  • やっぱり私は江國さんの描く女性は全く好きになれない…とか言いながらいつも読んでしまうんだけど(笑)

    「スイートリトルライズ」と聞いて、もっと甘い話かと思っていたのですが、甘いどころか、苦いも通り越して怖さすら感じる話でした。そして小さい嘘でもこれだけ重ねたらとっくに大きい嘘なのでは。
    要はW不倫の話なんですが、不倫相手と比べることでしか、夫と妻がお互いの大切さを感じられないような結婚に意味はあるのだろうか?と思ってしまう。
    嘘をつかずに守りたいと思うのはきれいごとなのかしら。

    私はまだ結婚してないから深く理解も共感もできないのかもしれないけど、結婚していたとしても、理解なんてしたくないな。相手にも聡の気持ちは理解されたくない。「瑠璃子の気持ちが理解できないままでいよう」と思えた意味では良かったかも。

    結婚はしたいけど、私は2匹のゴリラになりたくない。
    ましてソラニンなんてまっぴら。

  • なにか答えがでるわけではないけれど、こういう、自分でもどうにもできない自分を語るものがたりは好きだ。何も考えずにさらっと読み切ることができた。

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)のその他の作品

スイートリトルライズ 単行本 スイートリトルライズ 江國香織

江國香織の作品

ツイートする