スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.39
  • (165)
  • (420)
  • (751)
  • (120)
  • (29)
本棚登録 : 4079
レビュー : 449
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江國香織さんの言葉は本当にきれいだなと思います。
    ふわふわ軽くて、しっとりしてる感じがします。

    「地下鉄の窓に映った自分たちの姿は、でもすくいがたくよそよそしく、おそろしく淋しかった」

    好きで一緒になったはずなのに、いつからかお互いの心が遠いところに行ってしまって、
    妻の瑠璃子は夫の聡と心中しようかと考えるまでになる。
    お互いがお互いに隠れて恋をして、でもそんな時彼らが1番に考えているのはじぶんの妻、夫のことで。
    しかしそれにお互い気づくことはありません。

    本文中の、嘘は守りたい人のためにつく、というところから2人はきちんと愛し合っているのに、気づかないことがとても淋しいなと感じました。
    江國さんらしい恋愛長編でした。

  • さらりと書いてしまっている、ダブル不倫の話。
    瑠璃子と聡。
    あまりにさらりと書いてあるし、そしてさらりと読めてしまい、
    ダブル不倫が普通にあることかのような感覚に襲われた。
    瑠璃子の最後はちょっと意外だったけど、でも女ってどこかで急に割りきれるのかも?


    夫婦お互い秘密があるのは当たり前で・・・。
    お互いが大事だから嘘をつく。

    言えないことが一つあるほうが、他のことを話しやすい、という一節がある。
    その通りだと思う。
    それでうまくいくならそれでいい。

  • るり子と聡の結婚生活は、ものすごく静かで穏やかなのに、お互いの抱えている秘密は、ものすごく情熱を秘めている。
    なんかすごい空気が流れている。江國さんの技が冴えてる。

  • めっちゃ好きな物語。
    すごく好きなセリフがあって、そのセリフを見たくて何回も何回も読んでる。

    どうしてあなたに嘘がつけないかわかる?このくだりがとても好き♡

  • 登場人物それぞれに、度々気持ちがシンクロして胸がざわつく。嘘を重ね合う夫婦が、不自然だとは思わない。これも一つの夫婦の形。

  • こんなに愛しているのに…他の誰かに恋をする


    その気持ちを私も確かによく知っていると思う。







    私を芯から満たすヒトがいたから、落ち着いて読めたんだと感謝している。
    いつか私がそのヒトに、甘い嘘をつくとしても。

  • かなり好き。どちらの気持ちも分かってしまう。恋人には刺激を、家庭には安定を求める2人。「安定」してるはずの相手もまさか浮気をしているとは、2人とも気づいていないのか。。

  • すごく雰囲気の好みな本だった。
    ふんわりした言葉に包みながらも、やってることはかなり互いにゲスい。
    なのに、どちらの気持ちも分かるのは何故だろう。それが恋なのかもしれませんね。

  • 瑠璃子は気づいているのか?
    恋の原動力ってすごいと思った。
    守りたいから嘘をつく、なるほど。

  • 文字の並びが綺麗。何度も読み返したくなる本。

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)のその他の作品

スイートリトルライズ 単行本 スイートリトルライズ 江國香織

江國香織の作品

ツイートする