もっと、わたしを (幻冬舎文庫)

著者 : 平安寿子
  • 幻冬舎 (2006年8月1日発売)
3.22
  • (4)
  • (25)
  • (52)
  • (5)
  • (4)
  • 本棚登録 :176
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344408296

もっと、わたしを (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一方的に話す女性の会話を聞いているような感じ。
    ゆえにスピード感があって面白いが、下手に相槌を返すと怒られそうだ。

  • 脇役が次の主役になり、ラストで全部繋がる形式の連作短編集。自分のことしか考えていない奴らなのに、誰も憎めないし、少しずつ皆共感できるところがすごい。

  • 2013 9/10

  • 期待せずに読んだら予想以上にすいすいだった
    1人語りばかりだけど嫌みもなく等身大

  • 合わなかった。
    もうわかったのに何回も同じ説明を聞いている感じで、長すぎて疲れた。

  • くち下手ぽっちゃり優柔不断な真佐彦がトイレに監禁されたのは、彼女に二股がバレたから。
    個性的なんだけど、どこか共感しちゃうキャラクターばかり出てくる。

    愛はちょっとだけ、が一番好き。

  • 何度読んでも面白い。読むたび味が出る。主人公たちが愛おしいダメ人間ばかりで、それでもまえを向いて生きていく姿にいつも勇気づけられる。

  • 登場人物がみな、ちょっとずつイケてない。自分勝手だったりぼんやりだったり。でも現実にはそんなもんなんだよなあとも思う。
    「愛はちょっとだけ」の絵真と麻衣子のやり取りは面白かった。こんなふうに言いたいことを言い合ってしまっても、また繋がっていくことが本当にあるんだろうか、と思ってしまう。

    登場人物が少しずつ繋がっていく連作短編は、人生や人間をいろんな側面から見られるから面白い。
    「それでいいんだよ!」という力強い肯定ではなく、「まあしょうがないよね、そういうふうにしか生きられないんだから」という明るい諦観みたいなものがある。「それでいいんじゃない?」と、肩を叩いてくれてるみたいだ。

  • ある話の主人公が次の話の主人公になっていく連作小説だが、それぞれが悩みを抱えて右往左往しているだけのように感じられて、あまり面白いと思えなかった。

  • あったかかったー。



    最初の一作ではそこまで?と思った男性の魅力がわかったり、
    女性との結末がわかったり。
    ある作品ではほとんどかするだけだった登場人物が、
    がっつり主役を張っていてしかも、ちょっときゅんとさせられたり。

    この人の作品はたまらなく優しい。
    本当の意味で等身大。
    しかも恥ずかしいくらいあけっぴろげ。
    いい話ばっかりだなぁ。


    あたしが一番好きだったのは、最初の作品で出て来たシロウの友達と、
    2作目でちらっと出て来た人たちがからむ、なりゆきまかせの男性を主人公にした作品。
    最後、ちょっと泣きそうになった。
    日々何気なくすれ違う人たちにも、こーんな素敵な話があるんだったら素敵!

全32件中 1 - 10件を表示

もっと、わたしを (幻冬舎文庫)のその他の作品

もっと、わたしを 単行本 もっと、わたしを 平安寿子

平安寿子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

もっと、わたしを (幻冬舎文庫)はこんな本です

もっと、わたしを (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする