京都な暮らし (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344409347

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都人の吝嗇は有名である。名古屋人、大阪人と並んで日本三大ケチの一角を占めている。ただし、この三者の吝嗇ぶりは三様に異なる。名古屋人は「得するのが好き」。大阪人は「お金が好き」。そして京都人は「使わないのが好き」って感じだろうか。

  • 京都生き字引、入江氏の京都本。
    時々顔を出す“よそさん”への当てこすりビームにのけぞりながらも、本屋・古本屋に氏の著書を見つけると買わずにはいられない。
    ここのところ、とんと京都には行っていない。
    京都へ行きたしと思えど、京都は遠し。せめて入江氏の本など読んでみる、な感じである。
    が、実のところ、京都へ行くのがかなり怖くなってきている。
    今度、暇が出来たら行きたいと思っているのは、金沢か沖縄である。

    でも、この本はオススメ。
    年中行事は自分風にアレンジしてもいいんだよ歳時記・・・みたいな感じで。
    年々、季節感がなくなっていくのを嘆いている私にとって、自分でそれを感じるよう、ちょっとした努力をするのもいいことなんだな、と、教えてもらえた。

  • 久々におもしろいエッセイを読んだ。この著者毎月ハレとケがあって楽しそうだな。自分のめりはりの無い生活を見習って治したいものだ。でも私は郷土愛うすい・・・。

  • 結構面白かった。
    京都は偶に遊びに行くのが楽しいですよね。

  • 2007/4 新刊で買った本。言いたいことは他の著作と変わらず。知らない年中行事がたくさんあった。

全6件中 1 - 6件を表示

入江敦彦の作品

ツイートする
×