Fake (幻冬舎文庫)

  • 805人登録
  • 3.38評価
    • (45)
    • (86)
    • (179)
    • (34)
    • (5)
  • 96レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 幻冬舎 (2007年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (577ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344409804

Fake (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単純な引っ掛けじゃない!
    だまし合い、味方も欺き、、
    導入部や説明がクドいと感じてましたが、期待したより楽しめました。

  • 最初のストーリーにかなり惹かれたのだけれど。
    どうして、そうなった?と、意味が分からない設定になっていく。

  •  登場人物のキャラは立っているのだが、カンニングと同様、ポーカーのイカサマ手法が最新テクノロジーだけって、もの凄く肩透かしを食らわされた感あり。

  • 結末はなんとなく予想できる内容だと思うけど、その方法には若干驚かされた。
    ただ、これだと主人公の探偵は道化になっちゃうし、彼のことを好きな東大生が探偵に内緒で動いて、探偵にそういう役回りをさせるのはちょっと違和感あるかも。最後のところで理由は書いてあったけど、なんか納得できず。西村親子だけだったらまあ理解できるかも。
    というか、探偵と東大生のお互いの恋愛感情は私個人としてはいらなかったな〜。
    親友の子供が男の子だったら恋愛感情には発展せず、よかったのかな。
    あと、探偵は海外逃亡してほとぼりを冷ますからイイけど、西村親子と東大生はどうなっちゃうのかしら?
    黒幕は探偵と思われてるとはいえ、西村親子がヤクザに放っておかれるとは思えないんだけど。。

  • 長かったけどストーリー展開はあっさりしてて、人物描写もイメージしやすく3時間ドラマでみたい感じ。オチもわりと好きなスタイル、何作品か読んでどんな作者か知りたいなぁ。本好きの中学生からのレンタル本につき、何をリターンしようかと。長編疲れる。

  • 株の部分以外、予測可能。あらすじは見ちゃダメだ❗

  • 「どんでん返しが凄い」という評判を聞いて読んでみました。確かにラストのポーカーはドキドキしながら楽しめました。(ただ物語は無駄に長いような)
    盗撮による作戦、イカサマポーカーを仕掛けた地点で、敵である沢田には仕掛けが分かっていたと思うし、それにまんまと嵌る主人公が間抜け…。その先に何か読者には明かされて無かった、どんでん返しが主人公「目論んでる?」と期待してたけど…特に何にも。(苦笑)

    だけど、足枷になってると思われてた単なる馬鹿な浪人生が最後に鍵を握るとは。確かにビックリしました!

  • 文章が軽くとても読みやすかった。

    読みやすかったのでサクサク読めたが内容は穴だらけで突っ込みどころ満載だった。あのオチはいくらなんでもメチャクチャだと思う。
    もう少し作り込んで欲しかった。

  • ストーリーに捻りが無くて、盛り上がりに欠けた。
    カンニングの装置は実在したら凄くいろいろな事に使えて楽しいかもだけど。

    ポーカーゲームの最終戦後のやり取りだけが、チョッピリ面白かったかな。

  • コンゲーム小説は好きである。
    この話も長編ではあるものの一気に読めてしまう面白さがあるが、ところどころ設定の甘さというか、強引さが目にいてしまうのが難点か。
    (例えば、テーブルに仕掛けたカメラがデジカメにもかかわらずモータードライブだったり)
    前半は大学入試のカンニング大作戦。後半は清廉潔白な区議会議員西村のポーカーによる挑戦と進む。
    西村が思いの外の働きぶりで驚くのも、少し無理があるような…。
    また主人公、宮本とその友人の娘である加奈との関係性も、なんとなく危険な匂いがすると思ったら、最後に…。
    解説によると続編もありそうだというので、そちらも楽しみであるが、まだ出てないのだろうか。

全96件中 1 - 10件を表示

Fake (幻冬舎文庫)のその他の作品

Fake Kindle版 Fake 五十嵐貴久

五十嵐貴久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
五十嵐 貴久
有効な右矢印 無効な右矢印

Fake (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

Fake (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする