小林賢太郎戯曲集―椿鯨雀 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.97
  • (90)
  • (73)
  • (95)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 704
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344409910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コントを見た後に読むと、どんな意図で演技しているのか知ることが出来て面白いです。

  • 日本語学校アメリカンはやっぱり文字で読んでも面白い。あと斜めの日、ネイノーさん好き。

  • 日本語学校アメリカン
    音遊

  • みたいなな!

  • 「鯨」はとても演劇寄り。戯曲として楽しめる。

  • 言葉選びがうまいですね。
    それに発想が他にない感じで、
    最後まで飽きずにすらすら読めました。

    ただ私は全て見ていたのですが、
    一度やっているのを見ないと想像しずらい部分が多かったように思います。

  • 活字でも面白いってすごいことだ。器用で不器用な男と不器用で器用な男の話と、ネイノーさんがお気に入り。

  • 活字になっても、ラーメンズはやっぱり面白い!

    個人的に好きなのは、日本語学校とアカミー賞だ。それと、ネイノーさんがちょっとかわいい。
    エンカウントは、舞台で観てみたかったなあ...

  • 戯曲集4作の中で一番好き。コントを観た時も思ったけれど、「鯨」の世界はきれいですよね。

    「絵かき歌」の父さんはじめ、ラーメンズが演じるちょっと知的に欠けてる人物というのは、笑いを誘う一方で、なんだかかなしいですね。

  • 私はこの人が大好きですw

    戯曲を先に読むもよし。
    映像を先に見るもよし。
    あえて読まないもよし。

    ただ、映像と言葉がセットになったときの爆発的な威力はすごい。
    ラーメンズ好きにはたまりませんw

全64件中 1 - 10件を表示

プロフィール

小林 賢太郎(こばやし けんたろう)
1973年生まれ。多摩美術大学卒業。コントグループ「ラーメンズ」やK.K.P.(小林賢太郎プロデュース公演)、ソロパフォーマンス「Potsunen」の作・演出などを手がけ、芸人、俳優、劇作家、アーティストなど幅広い活動を続けている。
著書に『僕がコントや演劇のために考えていること』「小林賢太郎戯曲集」シリーズ、『鼻兎』『大喜利猿 墨』(升野英知との共著)など。

小林賢太郎戯曲集―椿鯨雀 (幻冬舎文庫)のその他の作品

小林賢太郎の作品

小林賢太郎戯曲集―椿鯨雀 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする